スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


グリーンから100ヤード (宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球 低い球

 

雨 グリップを濡らさない

 

雨とか風の時は一般的な傾向としてショットを急ぎやすい。

とくに雨だと濡れるのが気になっていつも集中がにぶる。

こんな時こそ慎重にプレーしなければよいスコアは出ない。

 

また雨だと芝が濡れて、クラブヘッドが芝に巻き付く心配がある。

ラフではなおさら。

 

一般に晴天の時より、インパクトにおけるヒッティングポイントが正確でないと、

ダフった時の差がかなり出てくる。

 

アプローチだと油断していると、思いがけないミスが待ち構えている。

晴天なら芝にある程度のすべりがあるけれど、雨だとからみつく。

 

なお、雨だと自分の計算したより球は転がらないことが多い。

 

それだけにピッチ・エンド・ランでもランニングでも、

いつもより一回り大きいスウィングの感じを出すか、

ランの少ないことを計算に入れて、一つ大きなクラブで打つとか、

状況に応じた判断をしなければならない。

 

さらに正確なショットをするのに大切なことは”グリップを濡らさない”ことだ。

上手な人ほどこれに注意をしている。

 

その方法としていくつか説明しよう。

 

グリップの軸になるのは左手だから、カサを右手で持ち、

左手はポケットに入れて歩くとか、いよいよ打つ時まで、なるべくクラブを持たない。

 

あるいはクラブをバッグから抜いても左手グリップをまず作っておいてから

キャディにカサを持たせ、濡れないようにして右手もしっかりグリップする。

さらにクラブを持って歩く時もグリップの方を上にして極力濡らすことを避ける。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

基本、雨の日にはラウンドしないようにしています。

 

ただ、雨上がりの次の日・・・なんかは、よくありますので、

それぞれの注意は、しっかり頭に入れておきます。

 

 


グリーンから100ヤード (宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球 低い球

 

低い球 (2)

 

基本のショットからサジ加減

 

私は低い球はランニングアプローチを応用して・・・と述べたが、

低い球はランの時と、ピッチ・エンド・ランの時の球とちょうど中間の高さだと

思ったらよいだろう。

 

だから考えようによってはピッチ・エンド・ランをもう少し極端にやる

(インパクトでロフトを殺す)か

ランニングを多少緩める(ランニングよりもロフトを生かす)かになるわけだ。

 

これはいずれも一つのショットを基本としてからの”サジ加減”だ。

 

たとえばランニングでは、アドレスでウェートをほとんど左足一本にかけるようにする。

しかも両手は左モモの方に出しておく。

そうすれば当然クラブのロフトは、そのクラブの本来のロフトよりずっと少なくなる。

 

これをもう少し加減したスウィングでやれば、

ランニングよりは高い球になり、しかもピッチ・エンド・ランよりは低い球になる。

 

ただここで大切なのは、

せっかくこれを理解してもダウンスウィングでアウトサイドインになったり、

インパクトから左手が負けて体の方に引っ張り込んだりしては、

目的通りのショットが出来ない。

 

全てのショットに共通した大切な原理は忘れないように。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あまり、応用編の理屈は考えないで、

雰囲気でやってしまった方がよいように思えるのですが・・・・・。

 

 


グリーンから100ヤード。(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球 低い球

 

低い球(1)

 

極端にロフトを殺す

 

高い球がクラブのロフトを十分に生かして打つのに対して、低い球はその反対になる。

これは当然のことで、一つのクラブで高低を打ち分けるには、

インパクトでクラブのロフトを多くするか少なくするかのどちらかだ。

 

そこで低い球を打つときは、ランニングアプローチを思い出していただきたい。

ランニングアプローチでは球が低く飛び出す。

この要領が低い球を打つときのコツにつながると思ったらよいだろう。

 

先に私は”高い球はピッチショットを応用する・・・”と述べたが、

それと同様”低い球はランニングアプローチを・・・”ということになる。

 

”三種類のアプローチ”の項で、ピッチ、ピッチ・エンド・ラン、

ランニングアプローチを詳述したが、

これらの基本的ショットをマスターすることがいかに大切か分かると思う。

 

ショットの基本的な理論が分かっていると、それを応用するとき、ごく簡単に理解できる。

 

ランニングアプローチでは、極端にクラブのロフトを殺すように最初からアドレスし、

フォロースルーもほとんど出さない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

理屈は、そこそこ、分かっているつもりなんですけど・・・。

 

 


グリーンから100ヤード(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球 低い球

 

高い球(2)

 

両手をインパクトで止める

 

ここで注意しなければならないのは、

高い球を出そうとしてしゃくり上げるとかえってトップしたりダフリやすい。

普通にピッチと同じ打ち方でもかなり高い球は出る。

 

さらに詳述すると、

高い球を打つときはアドレスの体勢をそのままにして体をスウェーさせないことだ。

これは球に対する正確なヒッティングポイントを掴むためだ。

スウェーしないで、インパクトでは右足親指にウェートを置く感じにする。

そしてインパクトから後はクラブヘッドが両手より先に上がっていく。

しかもクラブヘッドは上がって行っても両手の位置はインパクトで止めるような感じを出す。

そうすれば当然ロフトが生きた打ち方になるわけだ。

 

ランニングアプローチはインパクトで両手の方が先に出ているが、

それとちょうど正反対の手首の動きになる。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

私の場合は、”普通のピッチ”の範囲でやることにします。

難しいのは、やめます。

 

 


禅ゴルフ(ジョセフ・ペアレント)

PART2 ”PAR"式戦略とは

 

張り過ぎず、緩め過ぎず

 

音楽を生業とする者が、

瞑想について教えを乞うため釈迦の許にやって来て、こう尋ねた。

 

「瞑想の練習をするとき、心はどのような状態に置くべきでしょうか。

一生懸命瞑想に集中して、心を厳しく抑制すべきなのでしょうか。

それとも、気楽に構えて、自由にしてやるべきでしょうか」

 

釈迦は、一つの質問をすることによって答えた。

「楽器を調律するとき、弦を張り過ぎたり緩め過ぎたりするだろうか」

 

男は答えた。

「弦は、強からず弱からず、ちょうどよい程度に張るようにします」

 

それを聞いて、釈迦はこう言った。

「瞑想するときは、心は楽器の弦を調節するのと同じ状態でやればいい。

つまり、張り過ぎず緩め過ぎず、適度の張りを持たせるのだ」

 

これは仏教でもっとも古くから伝えられている話の一つで、

釈迦が弟子の質問に答えて折に触れて語った、

瞑想の教えの集大成の中から引用したものである。

 

釈迦のこの教えは、ゴルフばかりでなく、人生の多くの側面を鋭く突く心理である。

 

たとえば、(拳が血を失って白くなるほど)強くグリップを握ると、

タッチが失われ、手首と手を十分にリリースできなくなる。

 

逆に、グリップが緩すぎると、

クラブが手の中でぐらつき、だらしないストロークになってしまう場合がある。

 

要するに、ナイスショットしようとムキになり過ぎて体の筋肉が硬直すると、

伸び伸びしたスウィングは出来なくなるし、

気楽に打とうとし過ぎると、ショットに集中できなくなるから、

スウィングが雑になってしまうということだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここまでは、分かりますね。

 

 


グリーンから100ヤード。(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球・低い球

 

高い球(1)

 

ロフトを生かしピッチの要領で

 

私は”アプローチの一般的注意”のところで、

必要以外には高い球を打つものではない、と説明した。

 

なぜかというと高い球は風の影響を受けやすいからで、

私は低くて止まる球を打つようにしている。

 

しかし時には高い球を要求される場面もある。

急激な上り坂だとか、目標に対し樹木が邪魔をしている時など。

 

この高い球は人によって多少打ち方が違うけれど、

私は皆さんの理解を容易にさせるため、ピッチショットを応用しながら説明しよう。

 

それにはピッチショットの項をもう一度復習していただかなければならないわけだが、

ランニングやピッチ・エンド・ランがクラブのロフト(角度)を殺して打つのに対し、

ピッチショットの場合は、そのロフトを生かして打っている。

 

高い球はピッチの要領で、しかもそのロフトをさらに生かすわけだ。

従ってアドレスでは、ウェートを左右五分五分か中央に置き、

バックスウィングでは、ピッチとピッチ・エンド・ランで説明した通りピッチのように大きくとる。

 

(ロフトを生かして打つからスウィングが大きくないと目的の距離が出ない)

そしてインパクトでは右手首がアドレスと同じ状態に戻ってくる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まあ、普通のピッチショットって感じですかね。

高い球は、割とやりやすいと思うのですが・・・・・。

 

 


グリーンから100ヤード。(宮本留吉)

(シングルへの近道)

 

ラフ

 

ラフからの難しいショット(2)

 

林の中・ラフでのショットを全部応用

 

林の中に球をほうり込んだときはどうしたらよいか。

 

その判断で一番迷うのは、グリーンから20ヤードぐらいのところで、

しかも真っ直ぐ木の下を抜いていくには狭すぎて危険だし、

といって空いている方に安全に出して、次のショットで乗せるには1ストローク損をする。

 

一般のゴルファーは運を天にまかせて前者を選ぶ傾向が多い。

これは積極的で結構なことだ。

 

ただ狭くてスウィングさえ満足にできないところでやるのだから、

よほど方向のコントロールをうまくやらないと失敗する。

 

それにはフェアウェイのショットをする時から、

常に正しいスタンスとアドレスをとる習慣をつけておかなければならない。

 

さらに林の中では高い球は打てないのだから、

ランニングアプローチ式にクラブは短く持ち、アドレスで両手は左モモに置き、

ロフトは殺し、ダウンブローに打ち込んで、フィニッシュは小さく、

というラフでのショットを全部応用すればいい。

 

しかもクラブフェースと目標との関係は、多少クローズ気味の方が球が真っ直ぐ出やすい。

(クローズというのはフェースはスクエアにアドレスするが、

 ロフトが少なくなることをさす。オープンフェースだと真っ直ぐに飛びにくい)

 

なお林の中では、しばしばバックスウィングやフィニッシュの大きさを制限され、

ごく小さなスウィングでフォロースルーも満足につけずに打たなければならないこともある。

 

しかもそんな時に意外にも良い球が出た経験のある人がいるだろう。

 

そういう人にはフェアウェイでもこれと同じように打つことを勧めたい。

クラブをだらだらと振り回さない習慣がつくからだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

うん、なるほどですね。

 

最近は、バックスウィングを超スロー(自分の感触では)に上げていって、

インパクトで集中して、フォローはあまり考えないスウィングをしています。

 

このレッスンの”感じ”ですかね。

わりと真っ直ぐな球が出やすいような感じがしています。

 

 


グリーンから100ヤード。(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

ラフ

 

ラフからの難しいショット(1)

 

乗せることが先決

 

ウェートは左、クラブは短く

 

ラフからのショット、しかも前上がりで左下がり、

おまけにバンカー越えでピンがバンカー寄りのところにある。

 

難しい条件は全部そろっている。

 

こんなときどんな打ち方をすればよいか。

皆さんは私が今まで説明した各種のショットを総合して判断していただきたい。

私の解答と適合していればそれだけ私のゴルフを理解していることになります。

 

まずクラブを短く持つこと。

(前上がりとラフのため)ウェートは左足でツマ先に置く。

(前上がりで左下がりのため)バックスウィングで手首のコックは早くする。

インパクトでは両手が球よりずっと先に出る(ラフのため)。

 

急激なダウンブローをし(ロフトが殺されるため)しかもフィニッシュは小さい。

ショットの種類としてはピッチ・エンド・ラン。

 

(ラフのためスピンがかかりにくい。乗せることが先決)

この場合スピンをかけようとピッチをすると球の手前の草の抵抗を受けやすくなる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

難しいですね。

まず「乗せることが先決」を、肝に命じておきましょう。

 

 


グリーンから100ヤード(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

ラフ

 

ラフからの一般的注意(3)

 

リカバリーのダイゴ味を楽しむ

 

深い草の中に沈んでいる球を打ち出すには、急激なダウンブローで、

出来る限り球に直接クラブヘッドがぶつかっていかなければならない。

 

それをするにはクラブを短く持つことで、しかも両手が左モモの方に出ていれば、

バックスウィングで手首のコックがやさしくできる。

 

深いラフでバックスウィングの時、コックが遅く、しかもクラブを長く持っていると、

それだけでダウンブローの度合いが弱まり、球の手前の草を打たなければならない。

 

(サイドブローになる)またダウンスウィングで体がスウェー(移動)すると、

トップしやすいから軸をしっかりさせる。

 

さらにフィニッシュを小さくという理由は、なんとか球を打ち出そうとして

クラブを大きく振り回すと急激なダウンブローがしにくくなり、

どうしてもクラブフェースをしゃくり上げる。

 

これをやれば、トップかダフリのどちらかになる。

ダウンブローにさえきちんと叩き込めば球は自然に飛び上がってくるものだ。

 

ましてグリーンから100ヤード以内なら、

この打ち方で十分グリーンを狙えるのだという自信を持っていただきたい。

 

ラフへ入ると気分的に焦りやすく判断を誤りがちだから、冷静に処理さえすれば

リカバリーショット(難しい場所からの回生のショット)のダイゴ味を十分楽しめる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

後ろ向きでなんですが、

ラフからは「出すだけ」を考えようと思っています。

 

「出来ないことはやらない」のが基本だと思っているので、

練習などしたことのないラフからのショットで多くは望まないことにします。

 

これはもちろん、バンカーやほかのハザードでも同じですね。

まずは、「ラフ」や「バンカー」等に入れないショットを打つことからです。

 

 


グリーンから100ヤード。(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

ラフ  ラフからの一般的注意(3)

 

リカバリーの醍醐味を楽しむ

 

深い草の中に沈んでいる球を打ち出すには、急激なダウンブローで、

出来る限り球に直接クラブヘッドがぶつかっていかなければならない。

 

それをするにはクラブを短く持つことで、しかも両手が左モモのほうに出ていれば、

バックスウィングで手首のコックがやさしくできる。

 

深いラフでバックスウィングの時、コックが遅く、しかもクラブを長く持っていると、

それだけダウンブローの度合いが弱まり、球の手前の草を打たなければならない。

 

(サイドブローになる)またダウンスウィングで体がスウェー(移動)すると、

トップしやすいから軸をしっかりさせる。

 

さらにフィニッシュを小さくという理由は、

なんとか球を打ち出そうとしてクラブを大きく振り回すと急激なダウンブローがしにくくなり、

どうしてもクラブフェースをしゃくり上げる。

 

これをやれば、トップかダフリのどちらかになる。

ダウンブローにさえきちんと叩き込めば球は自然に飛び上がってくるものだ。

 

ましてグリーンから100ヤード以内なら、

この打ち方で十分グリーンを狙えるのだという自信を持っていただきたい。

 

ラフへ入ると気分的にあせりやすく判断を誤りがちだから、冷静に処理さえすれば

リカバリーショット(難しい場所からの回生のショット)の醍醐味を十分楽しめる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まずは、ラフに入れないこと。

入ってしまったら、あきらめて、出すことだけを考えるようにしています。

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM