スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


シングルになれる人の生活習慣

フォローは目標に真っ直ぐが自然

・・・・・・・・・・

私たちはきちんとスウィングをできるはずです。

それは教科書どおりのスウィングではないかもしれませんが、
私たちにとって技術は全体の1割。

シングルになるためには、教科書どおりのスウィングは必要ないのです。
私は単純に「目標に真っ直ぐ」クラブを振るほうが、実は正解だと考えます。

目標にボールを飛ばしたいのですから、
素直に目標に向かって真っ直ぐフォローを出していけばいいのです。

人間には、もともと本能的な動きが備わっています。

その優れた能力を理屈で殺さずに、本能のままに振っていけばいい、
と私は考え、実際、そうしてきました。

常に「目標に向かってヘッドを振る」気持ちでスウィングすれば、
自然に狙った所にボールが飛ぶような打ち方が身につくようになるのです。

これは不思議なことでも何でもありません。
多少の個人差はあれ、人にはそうした本能的な力、調整能力が備わっているからです。

・・・・・・・・・・

腕の長さは限られており、腕は肩についています。

だから、真っ直ぐフォローを出すようにしても、
肩の回転に伴って、自然にインサイドにヘッドは動きます。

ですから真っ直ぐにフォローを出しても、結果としてヘッドはインサイドに動きます。
心配せずに、素直に真っすぐ振る感覚でスウィングして下さい。

特に体が動きにくくなった中高年ゴルファーには効果的だと思います。

・・・・・・・・・・

ゴルフは技術1割、心と体力が9割だと、私は再三、述べています。

ただ、それには条件があって、
とにかく簡単に飛ばせ、曲がりにくいスウィングを身につけることが必須です。

それは本能に基づいたスウィングだと私は考えていて、
それ故に、練習量やラウンドが乏しくても崩れないのです。

本能に基づいたスウィングを一度、マスターしてしまえば、
あとは心と体のメンテナンス次第で、誰でも月1回のラウンド程度でも70台が出せます。

ゴルフとは、それほどやさしいものだ、と考えましょう。
63歳のこの私が、それを証明しているのですから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか「本能に基づいたスウィング」って言葉が、
出てきてしまいましたね。これは困りました。

「じゃあ、それってどうなの」って、突っ込んでも仕方がなさそうです。

とりあえずは、
「簡単に飛ばせ、曲がりにくいスウィングを身につける」ことのようです。

私の、今、やっているスウィングも「真っすぐに飛ばす」のを目指しています。

ただ、この章の内容と違うのは、
フォローはもちろんちゃんと取り、フィニッシュまで持っていきますが、
注意しているのはインパクト時の「スウィングの方向と、フェースの向き」です。

何とか物にして、身体もしっかりメンテナンスしたいと思っています。




シングルになれる人の生活習慣

第5章 「悠々ゴルフ」のスウィング

というテーマで、著者の考えているスウィングを解説しています。
が、「自分の技術を押し付けるつもりは毛頭ありません」ということなので、
解説は省かせてもらいます。


キャリーの飛距離を覚えよう

アイアンの場合は距離感がすべてですから、
余裕のスウィングでの、各番手のキャリー飛距離を覚えて下さい。

ランも含めた飛距離は役に立ちません。
多くのゴルファーは、「止まったところ=その番手の飛距離」と覚えています。

例えば「5番アイアンでトータル170ヤード」といった覚え方です。

しかしこういう覚え方をしている人は、
よくグリーン手前のバンカーや池につかまって、大叩きするはずです。

たとえ170ヤードであっても、
それは「キャリーで155ヤード、ラン15ヤードの170ヤード」かもしれません。

つまりグリーン手前にバンカーがあり、ピンまでは170ヤードだが、
キャリーで160ヤード打たないとバンカーにつかまってしまうホールでは、
ナイスショットしてもバンカーに入ってしまうわけです。

もし、キャリーで飛距離をつかんでいれば、
160ヤード以上キャリーが出るクラブを選択するでしょう。

少しでも人に勝ちたい気持ちは分かりますが、
ランも含めた飛距離ではピンまでの距離しか判断できません。

トータルの飛距離ではクラブ選択の役に立たないのです。

また「狙った所に、正確にボールを運ぶ」のが、アイアンの役目です。

従って、
例えば9番でキャリー110ヤード、5番でキャリー150ヤードが自分の基準となる
飛距離とするならば、いかにその距離を再現するかが第一であって、
それ以上飛ばす必要はまったくありません。

さらに、キャリーの飛距離をつかんでおけば、
無理にボールを高く上げる必要もなくなります。

障害物を超える距離の出るクラブで打てばよく、
そうしたクラブがなければ手前に刻めばいいのですから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も、各クラブのキャリーの飛距離をメモにかいて持っています。
正確な距離を打ちたいと思うときは、必ず、メモを見ることにしています。

なんとなく、頭だけで計算してしまうと、どうも距離がボヤケテしまいます。
メモの数字を、頭に焼き付けるようにしています。

私のキャリーの飛距離は、
芝草の上から、3クウォーターショットで、フィニッシュも決まった時の数値です。

思い切り打つと、もうちょっと飛んでしまう。
ラフからだと、そこまで飛ばない。
ティーアップして、きれいに振りぬくと、もうちょっと飛んでしまう。

って感じです。




シングルになれる人の生活習慣

第4章 苦手の克服、私の場合

トラブルを楽しむ心の余裕を持とう!

いずれにしてもトラブルに嵌ったら、
「トラブルが次のトラブルを呼ぶ」という最悪のケースだけは避けたいものです。

冷静になって、トラブルからの脱出を優先させる。
その気持ちが大切です。

私たちは幸いにも、トラブルに嵌ることで、賞金等、収入の影響はまったくありません。
従って、プロツアーでいうトラブルは、実は私たちには何のトラブルでもないのです。

深刻になる必要はありません。
むしろ、そういう状況を積極的に楽しんだらいい。
「どうやってパーで切り抜けよう」そう考えながらボールに向かう。

月に一度の大切なゴルフです。

いいスコアで回ることは楽しみですが、まだまだ、ゴルフ人生の先は長いのです。
トラブルにめげたり、深刻になって、嫌な一日を過ごすのは愚かなことです。

困難な状況に遭遇したときのリカバリーショットも、
ひとつの経験、ひとつの楽しみ方と私は考えています。

だから、私の場合、トラブルが楽しい。
ちっとも苦になりません。

「このリカバリーショットを、どうやってきっちり成功させるか」
「どうしたら成功の確率が上がるのか」そんなふうにゴルフをしています。

すると、気楽なせいか、
かえってそれほど困難な状況に陥らないから不思議です。

トラブルを恐れる心こそ、トラブルを生んでしまうのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうは言っても、
「せっかくの、月に一度のゴルフだから、良いスコアで回りたい」と思ってしまいます。

ただ、最近は、
ピッチングウエッジでのバンカーショットが、かなり出せるようになってきたので、
グリーンを積極的に狙ってみたり、失敗してバンカーでも、
少しは落ち着いていれるようになりました。

やはり、少しでも、技術的な裏付けがないと、
落ち着いては対処するのは、なかなか難しいですね。



シングルになれる人の生活習慣

第4章 苦手の克服、私の場合

バンカーショット 〜(2)


バンカーには、グリーンを守るガードバンカーだけでなく、
フェアウェイ横にある、フェアウェイバンカーがあります。

フェアウェイバンカーでは、ボールの後ろの砂を打つ、
エクスプロージョン(爆発)ショットでは対処できないケースが多くなります。

エクスプロージョンショットではボールが飛ばないので、
脱出する上にもう少し飛距離を稼げる打ちかたをしたいわけです。

もちろん、この場合にはサンドウエッジだけでなく、
もっと飛距離の出るクラブを使う必要がありますが、
これはグリーンまでの距離だけでなく、脱出方向のアゴの高さもチェックして決めましょう。

アゴがひざ以上高かったり、ボールとアゴの距離が近い場合は、
ウエッジで脱出するだけにとどめたほうが無難です。

何度も繰り返しますが、
私たちアマチュアはプロと違ってバーディーを要求されていないのですから、
バンカーから出すだけのボギーオンで十分なのです。

出すだけであれば、ガードバンカーとまったく同じ。
エクスプロージョンショットをやればいいわけです。

アゴが高くなく、アゴとボールの距離があって、グリーンを狙える状況であれば、
今度は距離を出すショットが必要となります。
ボールをだいたいでいいから「クリーンに打つ」ことが必要となるのです。

この時に必要なことは、これまた「すくい上げ厳禁」です。
すくい上げないコツは、フォローで低くヘッドを出すイメージで打つことです。
私の場合、ボールの先の砂をさらに薄く削るようなイメージでスウィングします。

アゴの高さにもよりますが、
ワンクラブ大きなクラブで大振りせず、ヘッドを目標方向に、低く出すようにしています。

バンカーショットは多くの経験が必要です。
ただ、練習場では、なかなか練習できません。

スコアをまとめるということからすれば、バンカーを避ける避ける作戦が第一ですが、
練習のラウンドやこれからの実力のアップを考えるのであれば、
意識的にバンカーに入れて経験を積み、
バンカーショットを得意とするという考えも、ひとつの手でしょう。

そう、バンカーが苦手な人ほど、ラウンドでは積極的にバンカーを狙って打ち、
バンカーショットの経験を積んだほうがいいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フェアウェイバンカーでは、ユーティリティを使うようにしています。

もともと、3クウォーターで、トップ気味に打つほうなので、すごくやりやすい感じです。
打ち方も”普通”に最後までフィニッシュを取った方が、良さそうですね。




シングルになれる人の生活習慣

第4章 苦手の克服、私の場合

バンカーショット 〜(1)

バンカーショットは苦手な人が多く、
100が切れない障害になっている場合が多いものです。

アゴも高くなく、砂質もさほど難しいと思えないバンカーから、
脱出するのに3,4度もかかる人の姿をよく見ます。

私の場合も、初心者の頃はバンカーが苦手でした。
そこであれこれ考えたり、やっているうちに、ひとつのコツにたどり着きました。

以降、
私にとってバンカーは苦手などころか、得意なショットのひとつになったのです。

そのコツは「すくい上げ禁止」決してヘッドでボールを救い上げるように打たない、
ということです。

私たちアマチュアは、アンダーパーで回ることが目標ではないのですから、
バンカーにつかまったら、
欲をかかずに「とにかく1発で脱出する」ということに気持ちを集中することが大切です。

特に、100や90が目標のゴルファーは1発で脱出してグリーンに乗せれば、
それで十分です。
オッケーの距離に寄せるとかは、もう少し先になってから考えればいいことです。

バンカーを苦手とする人は、とにかく難しく考えず、
すくい上げるように打たないことだけ考えてバンカーショットをすることをお勧めします。

私のバンカーショットを具体的に説明しましょう。

まずバンカーに入って、目標方向を頭に入れ、オープンスタンスにして足場を固める。
そしてボールをよく見て、ヘッドアップしないように意識しながら、
ボールの気持ち後ろの砂に狙いを定めて、ドーンとクラブヘッドを打ち込む。

私はたった、これだけのことしか考えません。

もちろん、バンカーにはアゴがあるので、高さに応じて多少の微調整は必要です。
打ち出しの高さはフェースの向きとオープンスタンスの度合いで加減します。
決して、スウィングで高さを出そうとしてはいけません。

とにかくボールの後ろの砂(ボール1個分程度)に、
思い切ってクラブヘッドをドーンと打ち込んでいけばいいのです。

こうすれば、後ろの砂と一緒に、ボールはバンカーから軽々と飛び出していきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

失礼ですが、これじゃあ、普通のレッスン本と同じことですね。

これで上手くいかないから、どうしたらいいのかと、
読者は(私もそうです)期待して読んでいるのですが・・・・・。

それに、私たちは、ピンに寄せようなんて、全然考えず、
とにかく脱出したいと思っているのに上手くいかないのです。

それと「すくい上げ禁止」と言われても、そうはいきません。

「すくう」というほどではなくても、
アプローチでのショットのように”ちょっと上げたい”というくらいは、やりたいです。

「思い切ってクラブヘッドをドーンと打ち込めばいい」というのも、
そんな、メチャクチャなことは、出来ません。

結局、このやり方では、上手くいきそうもありません。
そもそも、バンカーショットでのミスは、どういう内容だったら振り返ってみましょう。

「3度も4度もバンカーから出ない」というのは、どういうこと?

思うに、
ロフトの大きいサンド・ウエッジを、さらに開いて、オープンスタンスで打つとどうなるでしょう。

ボールは、上に上がるだけで、前に進まない。
やっても、やっても、上にピョンピョンと上がるだけです。
当然、バンカーから出ない。

相当、バーンと打って、やっとバンカーの縁に行くのがせいぜいだったりします。
ヘタをして、トップしたりしたら、ホームランということになってしまいます。

やっぱり、サンドウエッジを使って、ドーンと打ち込むのは、
練習量の多い、プロやトップアマに任せておくのがいいかと思います。

じゃあ、我々レベルのゴルファーはどうすればいいのか?

まだ、はっきりと確認できてはいませんが、
「バンカーショットは、ピッチング・ウエッジを使えばいい」ということです。

打ち方は、上記の方法と全く一緒です。
クラブフェースを開いて、オープンスタンスで、ボールの手前にクラブを入れます。

何が違いのか、というと、
今度は、ロフトが立っているので、前進する力が発生します。
フェースを開くので、バンスも使えるし、上に上げる力も十分です。

そして、一番、肝心なのは、
「すくう」のではないですが、そんなイメージで、軽く、トンとクラブを打ち込みます。
それは、自分が打ちたい距離とほぼ同じ加減で、良いようです。
(思い切り、ドーンの力加減ではありません)

ショート・アプローチのように、普通にスウィングして、
小さく、フィニッシュまで持っていきます。

ちょっと長くなりましたが、
サンド・ウエッジというクラブは、上級者には非常に便利なクラブのようですが、
「我々には使いこなせないほど難しい」と思っていたほうがいいです。

私の場合は、セットから外しました。
(それどころか、アプローチ・ウエッジまで外しています)
しっかりと練習する、時間が出来て、練習したら、復帰するかもしれません。

とにかく一度”だまされた”と思って、
「バンカーではピッチング・ウエッジ」をやってみて下さい。




シングルになれる人の生活習慣

斜面からのショット 〜(2)

対処法をまとめて紹介しましょう。

,弔淦莨紊りの場合は、左に曲がりやすい。
 従って、目標のやや右を狙って打つようにします。
△弔淦莢爾りの場合は、右に曲がりやすく、
 従って、目標のやや左を狙って打つようにします。
とい両豺腓蓮
 ボールを上げようと思ってクラブを振り上げず、しかも大振りしないようにします。
 ヘッドを斜面に沿うように動かしながら、左足上がりの場合は気持ち大きめに、
 ず限下がりの場合は小さめにフォローを出します。
また、,鉢の組み合わせであれば、
 目標の右を狙って、左足上がりの斜面に沿って、気持ち大きめにフォローを出します。

次に斜面にボールが行ってしまった時、私の場合です。
まず、ライを見て前記4つのケースによる打ち方を確認します。

次に、距離をチェックし、
状況にもよりますが、ワンクラブ大きめのクラブを選択し、短めに握ります。

足を「ハ」の字に開き、土台をしっかりさせ、
ゆっくりと上体をねじってねじり戻すスウィングを心掛け、頭を動かさぬように気をつけます。
きっちりインパクトを見届けるスウィングをし、フィニッシュは無理に取ろうとはしません。

斜面からのショットで特に気をつけなければならないことは、
無理に飛距離を出そうとして大振りしたり、力を入れないということです。

斜面からのOBやダフり、空振りは、大抵は大振りスウィングの結果です。
足場が悪く、下半身が不安定な状況で大振りすれば、バランスを崩すのは当たり前。
飛距離が足りなければ、ロフトの立ったクラブを使えばいいことです。

ただし、いくら飛距離が残っているからといって、
ロングアイアンやフェアウェイウッドなど、難しいクラブを使うことは避けたほうがいいでしょう。

それこそ、こうした斜面からはボギーオンでいいのですから


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついつい、グリーンだけを見て打ってしまいますが、
こういう場面(斜面)では、特に、ハザードに注意したいと思います。

特に、バンカーは避けたいですね。

打ち上げホールで、高く上がったボールが、「目玉」になったり、
打ち下ろしホールで、コロコロ転がって、縁のすぐそばまで行くのは、よくあることです。




シングルになれる人の生活習慣

第4章 苦手の克服、私の場合

斜面からのショット


普段、練習できないようなショットを本番でやらざるを得ない場合が、
ゴルフでは生じます。

ゴルフコースは、練習場のように平坦な場所ばかりではありません。
フェアウェイであってもアップダウンがあります。

しかも私たちゴルファーは、フェアウェイから打つよりも
左右の法面やとんでもない斜面から打たざるを得ない場合も、よくあるのです。

そういう練習は、練習場ではできません。
従って、即トラブルとなる場合が多いものです。

しかし打ち方のセオリーさえ心得ておけば、
斜面からのショットもさほどのトラブルではなくなってきます。

私はプロではないので、
斜面からバーディーチャンスにつけるようなショットを打とうとは思いませんし、
そんな打ち方もできません。

あくまでも「技術1割」の私が身につけた、
大叩きせず、慌てない範囲の斜面からのショットについて説明したいと思います。

斜面にもいろいろありますが、これは、以下の4つに大別できます。
,弔淦莨紊り
△弔淦莢爾り
左足上がり(打ち上げ)
ず限下がり(打ち下ろし)

これらの傾斜の度合いも違うでしょうし、
また、2つの傾斜が組み合わさっている複合傾斜もあります。

私の方法では、基本的には、,鉢△両豺腓鷲當未紡任繊
「どっちの方向に曲がりやすいか」だけを考えます。

とい離薀い任和任訴自体を変えます。
それだけ覚えておけば、あとはその組み合わせで、
私たちのレベルであれば、大叩きはしないのです。

大叩きしないということは、つまり斜面がトラブルになることはない、という意味です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よくあるトラブルは、
思ったよりも曲がってしまって、思ったよりも距離がでなくて、
ハザード(バンカーや池など)に入れてしまうことが主なところですね。

先日も、左足下がり(打ち下ろし)の斜面で、
前にバンカーがあったのに「届くだろう」と思って打ったところ、距離が足らず、バンカーへ・・・。

縁まで転がりこんでしまって、出すのに2打、グリーンオーバーしてしまって、
そこから3打かかってしまいました。

こんなときのバンカー越えは、避けて通るべきだった、と思っています。



シングルになれる人の生活習慣」

第4章 苦手の克服、私の場合

朝イチのティショット 〜(2)


また私の経験からいうと、月1回程度しかラウンドしない人は、ドライバーにこだわらず、
自信のあるクラブでティショットしたほうが、ずっと結果はいいでしょう。

1ヶ月ぶりのゴルフで、いきなり難しいドライバーを持つのは、上級者でも緊張します。
ましてその状態でナイスショットするとなると、その確率は相当低くなるでしょう。

ならば、たとえそれが7番アイアンであっても、得意クラブで気楽にティショットしたほうが、
トラブルの確立が低くなりますし、何より好スタートが切れる確立が高くなります。

会社のコンペなどでは、
スタートホールは賑やかな飛ばしの競演、となることが多いものです。

しばらくぶりのゴルフであったり、親睦の意味もあったりして、
賑やかなのはやむを得ないでしょう。

しかし、こういう時に、得意なクラブで平然とフェアウェイに運んでいく、
というのも実にスマートです。

つまらない見栄やプライドでドライバーを握り、挙げ句、
大失敗して1日を台なしにするようなことは、賢いゴルファーのやることではない、
というような冷静な判断が持てるようにしたいものです。

もちろん、なかには「朝イチでドライバーを握らないのは、男らしくない」
というゴルファーも多いことでしょう。

それもひとつの考え方であり、
それが自分のゴルフの信条であれば、これもゴルフのひとつの楽しみ方。

他人にその考えを押し付けたり、強要しない限り結構なことでしょう。

そういう何が何でもドライバーという人のために、
朝一番のドライバーショットがうまくいくためのとっておきの練習方法をご紹介しましょう。

それは「普段から、練習場での1発目のショットはドライバーにしてみる。
それも1発だけ打つ」というものです。

つまり、予行演習を普段からやっておいて、朝イチのドライバーに慣れ親しんでおくのです。

これはドライバーから練習し始める、という意味ではありません。
とにかく、ラウンド時のように、1発目だけはドライバーで打つように練習するのです。

本番で最初のティショットをやる前の準備運動やしぐさをした上で、
スタートホールのつもりで、ギャラリーや朝イチの緊張感を思い出しながら、
その時の精神状態に自分を置いてドライバーを1発だけ打ってみましょう。

こうした予行演習を日常、繰り返しておけば、本番での緊張を和らげる効果があるでしょう。

経験が少ないから上手くいかないわけで、
普段から朝一番ショットを習慣的にリハーサルしておけば、少しは自信がついて、
本番でもうまくいくというものです。

また練習場ですらうまく打てないようであれば、
コースでの朝イチドライバーが、いかに無謀で愚かなことかを理解できます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普通に、ドライバーが上手く打てないのに、
コースで、ましてや、朝一番で上手くいくはずがありませんね。

私の場合は、2Wを使っていますが、
ここに紹介されているような感じで、「2Wから練習開始」しています。

それでも、なかなか上手くいかないのですね。
「いきなりドライバー」は無謀というしか、言いようがありません。




シングルになれる人の生活習慣

第4章 苦手の克服、私の場合

朝イチのティショット


厳密にいうとこれは、まだトラブルではありません。

しかし、ビギナーや100が切れない人には
非常に高い確率でトラブルになってしまいやすいのが朝イチのホールです。

この第一打をきっちり打てるかどうかで、
精神的にも、以降のラウンドがずいぶんと違ってくるものです。

朝イチの重要性を知っているから、多くのゴルファーが、
朝、練習場で最も時間を割いてドライバーの練習をするのでしょう。

しかし私の場合、こんなふうに考えました。

「ラウンド回数も月イチで、久しぶりのゴルフだ。
だから必要以上に、緊張して、体が硬くなるのは当然。
だから、ナイスショットを期待するのはよそう。大ケガさえしなければいいんだ」と。

そして「エンジンが温まるまではゆっくり。ベストではなく、ベターでいいぞ」
と自分に言い聞かせながら打ったものです。

大げさないい方をすれば、
多くの人は、朝イチショットで頭のほうが先にトラブッています。

だから案の定、ショットも失敗し、トラブルになってしまう。
スタートホールで2ケタも叩けば、その日のゴルフはもう半分、諦めの心境になってきます。

まずお勧めしたいことは、
緊張して硬くなる朝一番のティショットでは、ナイスショットを期待してもダメだということです。

とにかく「安全第一」、無難に過ごすことです。
こう思えば、気持ちが楽になります。

ナイスショットが出れば良し。
もしミスショットでも「想定内のしょっと」として、やり過ごすことが出来ます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに、その通りで、反論はないのですが、
それでもミスショットしてしまうと「想定内だから・・・」とは、なかなか思い切れません。



シングルになれる人の生活習慣

第4章 苦手の克服、私の場合

● 朝イチショットは「安全第一」
● 斜面では大振りしない
● バンカーはすくい打たない
● トラブルを楽しむ余裕が克服の鍵

100を切るためのトラブル対処法

ゴルフには、思わぬところにボールが飛んでいき、
いわゆるトラブルになってしまうことが多々あります。

これはゴルフをやる限り避けられないものです。
トラブルをうまく切り抜けられるかどうかで、スコアが大きく違ってくるのは当然のことです。

ビギナーや100がなかなか切れない人は、トラブルの対処法がよく分からないために、
うまく切り抜けられず大叩きするケースが多いようです。

実際、私の場合も対処法をつかんだことでトラブルにも動じず、
楽々100を切ることができました。

代表的な3つのトラブルについて、私の乗り切り方をご紹介しましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ってことで、次回より、
「朝イチショット」「斜面ショット」「バンカーショット」の解説が始まります。

乞う、ご期待です。
実は私も、期待しています。



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM