スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

高い弾道で打つ


クラブを振るスペースは十分にあるが、
前方の障害物を越えなければ、グリーンを狙えない。
または落下地点で素早くボールを止めたい。

こんな状況にあなたはしょっちゅう直面しているはずです。
どうすればよいか?

クラブを鋭角に打ちおろせば、ボールを高く上がるはずだ、
という人がいますが、全くの誤解です。
鋭角に打ち下ろせば、ロフトが立ちすぎてボールは上がらないのです。

さて、ボールを高く上げるためには、
必要な二つの要素・・・それはクラブのロフトとスピンなのです。

スピンはヘッドスピードを上げることで、
ロフトはボールの位置を前寄りに移すことで大きくできるのです。

重心は、やや右足寄り。
ボール位置はスタンスの前寄り。

ただし、ライがよくなければこのショットは難しくなります。
トップ、ダフリの可能性が非常に高いリスクの伴うトライだからです。

低い弾道で打つ

アゲンストの風に向かってアプローチショットをする時は、
コンパクトなスウィングが必要です。

スリークウォーターの振り幅と、スリークウォーターのスピード・・・
この二つが低い弾道をあなたに約束します。

使うクラブの大きさは、風の強さに応じて替えればよいのです。

左手の甲が地面に向いた状態でインパクトします。
左手が地面に対し、弓なりになるイメージです。
そのまま甲をボールにぶつけるイメージです。

両手はリラックスさせ、インパクトでは左腕を抜き、フォローは取らずに、
手をボディの近くの低い位置で止めます。
要するにコンパクトで低いフィニッシュを作るのです。

さて、あなたが樹木の下を通すか、スコットランドのような強い風の中で、
なおかつフェアウェイのそこそこまでボールを出したい時には、
次のような方法もあります。

ボールの位置は右足寄り。
重心をかなり左足に掛けます。

このアドレスを決めた後はボールを上からつぶすような感じで打つのです。
この時のボールはナックルボールのような飛びを見せます。

スピンがかかりにくいボールですが、距離のコントロールが必要なく、
少しでも前へ出すことだけを考慮した状況では、それなりに役に立つはずです。

しかし、グリーンを捉え、
しかもボールをすぐに止めたい時などには向かない打ち方です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の場合は、なるべく、いつもと同じスウィングを心がけます。

上げたい場合は、ロフトのあるクラブで、目線を上げて打つ。
低い球を打ちたい場合は、ロフトのないクラブで、目線を下げて打つ。

いずれも、結果に期待(グリーンに乗せて、止めるなど)しないこと。
80台で回るには、それで十分です。

どうしても障害物がきになるようなら、避けて行きましょう。





オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

爪先上がりのライ

ボールがアドレスより高い位置にあるこの状況では、
自動的にフラットなスウィングプレーンが求められます。

まず上体の前傾を少なくします。

ショットをする前に、ボールの位置やセットアップを確認する意味で、
数回素振りをしましょう。

この状況からは、基本的に低いフックボールが出ます。

もしボールの位置がさらに高くなったら、
チョークダウン(クラブを短く持つ)して、ボールに近く立つことです。

スウィングアークは、
小さくなりインサイド・トゥ・インサイドという軌跡を描きます。

腕だけでなく身体も十分回すことです。

フックボールが飛び出しますので、
ふだんより、かなり右に狙いを定めることが必要です。

爪先下がりのライ

爪先下がりで、最初になすべきことは腰を折って前傾を深くすることです。

膝を曲げてしまう人をよくみますが、これはいけません。
インパクトで膝が伸びるのでボールが遠くなり、トップしてしまうことが多いのです。

上体の前傾を深くすると、
この斜面に必要なアップライトなスウィングが可能になります。

その結果フェースがオープンに保たれ、スライスが飛び出します。
目標はいつもより左にとってください。


・・・・・・・・・・・・・・・・

爪先上がり、爪先下がり、ともに難しいショットですね。

私の場合は、もう「上手くいきっこない」ことを前提にしているので、
結果に期待はせずに、”脱出”を最優先にしているつもりです。

無理して、また同じライからのショットに望むのはイヤですね。
っていうか、最悪です。

バンカーショットじゃないけれど、まずは”脱出”です。
バンカーならすぐにあきらめるのですが、つい、欲が出るので困ります。






オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

前下がりのライ


考え方の基本は全く同じ。

まず両肩の線を斜面に合わせます。

前下がりですから、体重は当然のことながら、左足にかかり、
その状態はインパクトまで保たれます。

ボールは低く飛び出します。

万一ここで体重が右に残ると、ボールをすくい上げることになり、
ダフリに結びつくので注意が必要です。

ここでも球筋を決めるのは斜面です。

だから傾斜に逆らってはいけません。
ボールはフェードします。

またここでは左肩が下がっていることで、ボディのターンが簡単にでき、
同時にフェースが開いている時間は長くなります。

ただし決してやさしいライではないので、
結果に大きな期待を持ちすぎないことです。

グリーンに近づくことより、
ボールを上がるための十分なロフトを持ったクラブを手にする勇気が必要です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も、このライを苦手としています。

「結果に大きな期待を持ちすぎないこと」
これはもう、その通りだし、実際、期待はしないことにしています。

「うまく前に進めば、OK」ってくらいですね。






オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

前上がりのライ


見た目よりはるかに簡単だということをまず理解してください。
ポイントは両肩を結ぶ線を、斜面に対して平行に立つことです。

これが斜面でのショットを確実にする秘訣です。

これができれば平坦な練習場で打つ時と、
何ら変わりなくクラブを振ることができます。

スウィングは斜面に沿って振り上げられます。
このライではロフトが大きくなり、ボールは普通より高く飛びます。

打ち上げの斜面では、インパクト時の体重は右足に残ります。
従って普通のショットと同じように、フォロースルーを取ることは困難です。

そのため打った後でバランスを崩すこともありますが、
あまり気にする必要はありません。

身体が十分に回り切らなくても、腕は十分に振り切れるのです。
それも十分に計算して方向取りをしてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですね、前上がり(左足上がり)はラクです。

ロフトが大きくなって、距離が出なくなる分を考えて、
1〜2クラブ、長いクラブを選択すれば、問題ないですね。

確かに、バランスは崩れますが、まあ、気にしないでいきましょう。





オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

大きく、正しいスウィング


他人より遠くへ飛ばしたい心理が働くことで、
ゴルファーには、常に大きなスウィングへの誘惑がつきまといます。

正しいスウィングであれば、
確かに大きなスウィングアークは、より速いヘッドスピードに結びつきます。

正しいスウィングとは、つまりスウィングの間、
グリップした両手は常にボディの正面に保たれているということです。

これを忘れては、大きなスウィングも意味がありません。

大きく正しいスウィングによって、遠くへ飛ばすエネルギーが蓄積され、
インパクトでボールを鋭く叩けることになるのです。

スムーズなスウィング

スウィングにおけるタイミングの重要性は、
なぜか過小評価されているように思います。

自分が楽にスウィングできるペースを考えることはとても重要です。
そうでなければ、手と腕と身体を同時に動かすことができないからです。

強くスウィングしているのに、ゆっくりクラブを振っている人が多すぎます。
ゆっくりしたスウィングがよいと考えるのは間違いです。

自分でバランスを保てる範囲なら、
スウィングはいくらはやくてもかまわないのです。

頭を切り替えてください。
スウィングは「ゆっくり」でなく、「スムーズ」に振ることが重要なのです。

バランスを保てる範囲であなたは、クラブを思い切り振ってよいのです。
あなたが悪いスウィングの持ち主だったとしてもこのことは重要です。

もし今のスウィングをそのままゆっくりに直すとどうなるでしょう。
「ゆっくりで、悪いスウィング」なら
「速くて、悪いスウィング」のほうがましではないでしょうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近は、
ドライバーでも「飛ばしたい!」という欲求は少なくなっています。

なので、
「大きく振ろう」と意識することも少なくなっています。

そして、スウィングのスピードは、
「ゆっくり」ではなくて「リキまないで」ということに力点をおいています。

結果として、
「スムーズ」なスウィングになればいいなと、思っています。






オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

伸ばした左手の弊害


「ヘッドアップするな!」に次いで多いアドバイスが「左腕を伸ばせ!」です。

左腕は伸ばしたまま固定すると、あなたのスウィングは不自由になってしまい、
スウィングの流れやリズムを失うでしょう。

左腕が固いと、バックスウィングで前腕の回転が難しくなり、
スウィングが窮屈になるのです。

左腕は柔らかく使うものなのです。

バックスイングで左腕が多少曲がっても、気にすることはありません。
ダウンスウィングで左腕は黙っていても真っすぐに伸びるのです。

左腕が柔らかく使えると、
スウィングがスムーズになり、ヘッドスピードも速くなるのです。

体重移動を意識するな

スウィングは、常に原因と結果の組み合わせです。

例えばバックスウィングにおける体重の移動。
これも結果の一つなのです。

「目的」にしてはいけません。

あなたが上体をピボット(軸を中心に旋回する)できれば、
体重の移動は自然に起こるのです。

では正しいピボットとは何か。

両肩に注目すればわかります。
トップスウィングで両肩がボールの右側に移れば、
正しいピボットが行なわれたことになるのです。

クラブを胸の前に構えてバックスウィングします。
ここで胸の前のクラブのシャフトが、右足の位置を越せば、
十分なピボットは行なわれているわけです。

こうして正しいピボットの感覚を掴んでください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の2点については、
まあまあ、出来ていると思っています。

っていうより、
体重移動は「しないように」意識しています。

「右にスウェイ」したくないから、です。





オメーラ・レッスン。 今日は、お葬式です。

第10章 トラブル解決法

人の助言は役に立たない

さて、久しぶりに皆さんに質問したいと思います。
「あなたはスウィング中、何を考えていますか?」

スタート前に耳にした一緒に回るゴルファーの助言。
またはテレビ解説者の一言。
前の組のゴルファーのスウィングイメージ・・・・・これらの情報が頭にこびりつくと、
あまりにも多くのことをスウィング中にトライしようとして失敗するのです。

「頭を下げるな」「スウィングはゆっくり」「肩を十分に回せ」・・・・・。

上達に誘惑を感じるのは素晴らしいことです。
しかし混乱は、上達への近道ではありません。
これらの助言はほとんど役に立たないものだから、忘れるべきなのです。

それよりもただひとつのクリアな考え、
もしくは、目標となるスウィングを明確に脳裏に描くことが重要なのです。

ヘッドアップは間違いか

「ヘッドアップするな!」

最初にこのアドバイスをしたのが誰なのか、私は寡聞にして知りません。
もしかしたらゴルフをやらない人が言い出したのでは、と疑っているのは私だけでしょうか。

頭を下げることによって得られるのは、窮屈なスウィングだけなのです。
インパクトの後にも頭を残していたら、フォロースルーまで窮屈になってしまいます。

また頭を残しすぎた場合、スウィングそのものが、鋭角になりすぎ、
スウィングがプレーンから外れ、ボールを正確に捉えることが困難になります。

さらに背中を痛める原因にもなります。
これではまるで拷問のような話ではありませんか。

アドレスでは頭を下げずに、頭を起こすことです。
アドレスで背骨と首は一本のラインに近づくのです。

肩が自由に回せることによって、バックスウィングがスムーズになり、
左肩が顎の下にまで届くようになります。
それはバックスウィングだけでなく、フォロースウィングでも同様です。

インパクトの後、あなたの視線は飛び出したボールの行方を追うべきです。

よいショットなら、その軌跡をエンジョイすべきだし、
ミスショットなら、落下点を確認する、というのが私の考えです。

眼が追えば、自然と頭も上がるわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついつい、
聞いたばかりの”ワンポイント・アドバイス”が耳に残っていたりします。

でもまあ、悪いなりに”自分のスウィング”もあるので、
最近は、あまり周りに左右されることは亡くなりましたね。

無理に「頭を残す」ということはしなくなりましたが、
本当に早々と頭をあげてしまう「ヘッドアップ」はやはり、避けなければ、と思っています。

・・・・・・・・・・

今日は、おばさんのお葬式で清水に行ってきます。

この歳になると、あるのはお葬式ばかりですね。
父親の兄弟は、これであと一人になってしまいました。

母親の方は、さすがに女性は頑張っていて、
母親も含めて姉妹4人が元気です(弟が亡くなった)。

ちょっと早めに出て、出棺から立ち合おうと思っています。



オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

最終章で説明するトラブル解決法は、
あなたがゴルフと決別しない限り永遠に必要なものです。

ゴルフはアウトドアのスポーツであり、
フラットな場所からスウィングできるチャンスがほとんどないスポーツだからです。

練習場で打つのは平坦な所からのショットばかり。

しかし1番ホールでティショットを外せば、
早くも前下がりライに直面することになる。
これがゴルフなのです。

ゴルフ発祥の地のスコットランド人は言ったものです。
「ゴルフは決してフェアなゲームじゃない!」

しかし何も悲観することはありません。
トラブルには常に解決法があるのです。

すべての調整は、
スウィングでなくアドレスでされるべきだというのが私の考えです。

ライが悪い場合、まず考えることは普通の状態と同じようなスウィング、
もしくはそれに似たスウィングを可能にするアドレスポジションを作り出すことです。

またライによっては、
避けがたいスウィングやボールの飛びがあることも理解してください。

爪先下がりのライでは、ボールはフェードするわけですから、
目標より左を狙うべきだし、爪先上がりなら目標を右に置く、
といった調整が必要になってきます。

つまり、ボールは傾斜に従って飛ぶのです。
これを絶対に忘れてはいけません。

傾斜に逆らったボールを打とうと考えるのは無駄なことです。
ボールのライを理解し、そこからベストのボールを打つことに専念すべきです。

前上がりの斜面では、右足が左より低くなります。
ボールは傾斜に従い、高い弾道を描くことになります。

この状況で追い風に乗れば、余分な距離が出てしまうし、
向かい風ならボールは吹き上げられます。

距離の計算ができなくなるのです。
こんな時は、クラブの選択によって調整すべきなのです。

前下がりの斜面でも同様です。

どちらのケースにも共通するのは、
常に平坦な状況に近いセットアップを作り上げるということです。

身体の線を傾斜に合わせればよいのです。

この章ですべてのトラブルについての解決法を書くことはできませんが、
主だったライについて、それから、
生徒がよく勘違いしていると思われるトラブルについて説明したいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・

「ライ」については、
さすがに、だんだん、わかってきましたね。

ボールの状態は、よく見るようにしています。





オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第9章 パッティングとチップショット

落とし所を考える


いくら簡単なショットだからといっても、
パターを使える場所であれば、チップではなくパットを打つべきです。

ツアープロ達は、カラーからでもよくチップをしますが、
それはボールとグリーン上の落とし所の間に、
予想の難しいマウンドがある場合なのです。

そうでなければ彼らはパターを使うのです。
パットの確実性がチップよりはるかに高いことを、彼らは熟知しているからです。

さて、パターが使えないシチュエーションのチップショットを
プロからまなんでみましょう。

彼らが最初に考えること、
それはボールの落とし所が、絶対にグリーン上にあることです。

それによってボールのバウンドと転がりが計算しやすくなるからです。

グリーンエッジから2フィート(約60cm)内側のポイントを選べば、
十分でしょう。

どのクラブで打つか

ボールが空中を飛ぶ時間を短くし、
より多くの距離をランで稼ぐのがチップの目的です。

距離によって6番アイアン、8番アイアン、ピッチングウエッジ、
そしてサンドウエッジを使い分けるのがよいでしょう。

6番アイアンでは転がりすぎるな、という場合は、8番アイアンに持ち替え、
8番で大きすぎると思えば、ピッチングウエッジにといった具合です。

サンドウエッジでもランが出すぎると思うのであれば、
くらぶはそのままで、ピッチショットに切り替えればよいのです。

どんな距離のチップでも同じクラブで打つゴルファーがいますが、
お勧めできません。

チップを複雑にするだけだからです。
距離によって、落とし所を変えなければならないことを考えても明らかでしょう。

クラブの選択基準には次の要素があります。
1.グリーンの速さ
2.ボールの落とし所とピンまでの距離
3.落とし所までに必要なキャリーの距離


・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の場合は、以前は、
パターと、チッパー(8番アイアンを短くしたもの)の2種類だけでした。

最近では、P/Sが使える(結構練習しています)ようになって、
選択肢がだいぶ広くなったという感じがしています。

選択基準は、本文にあるように、
「ボールの落とし所が、グリーンの上」ということです。
グリーンエッジの「ゴク短いラフ」は、グリーンと考えてもいいでしょう。

セルフプレーが多いので、沢山のクラブは持って歩けないので、
パター&チッパー&P/Sの3本で、結構、いい感じです。






オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第9章 パッティングとチップショット

正しいチップショット


チップは比較的簡単なショットです。

ボールを低く打ち出す。
フェースの芯に当てる、
この2点を確実にするためのアドレスポジションができれば、
ほとんどミスのないショットといってよいでしょう。

クラブが何であろうと、ボールの位置は常にスタンス中央より後ろです。

スタンスはオープンに、肩の線はスクエアに構え、
グリップした両手は少し左へ出します。

体重は完全に左足に乗せます。

その結果、右肩はふだんより上がります。
つまり身体の中心が前寄りになるのです。
2インチ(約5センチ)ぐらいが理想です。

スタンスはなるべくボールの近くにとり、
クラブはチョークダウン(短く握る)します。

逆オーバーラッピングのグリップで、パットと同じように、手首の動きを押さえます。
クラブはアップライトに構えるので、ヒールが少し上がります。

ストロークはロングパットと同じ要領です。
ただし打ち方は強め、ダウンスウィングで打ち下ろす感じを強く出して下さい。

インパクトでは、まずボールを捉え、その後に芝を取るという動きになりますが、
フォロースルーはあまり、必要ありません。

これでランのある弾道の低いチップショットが打てるのです。


・・・・・・・・・・・・・・・

私の場合も、打ち方はほぼ同じと言えそうです。

ただ、グリーンに乗せるだけなら、なんとかなりそうです。
が、出切れば、1パット圏内に持って生きたいですね・・・。





calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM