ヤスさんの「ゴルフ礼記」(鈴木康之)

まだまだ

 

教え上手か 教わり上手か

 

レッスンはコミュニケーション 〜(1)

 

いい先生との出会いがあると幸せだ、というのは学校だけに限らない。

ゴルフにおいてもいえることである。

 

ゴルフは現代のお稽古ごとのひとつである。

なかなか終了証を頂けないお稽古事ではあるけれど。

 

かつて私の先生は伊藤栄三プロであった。

 

JPGA会員で、はじめっから大学での専攻である運動生理学を礎にした

ティーチングプロの道を志向してきたというスペシャリストである。

 

引っ越した家の近くの練習場で伊藤プロを見かけた。

 

前の家のほうで通っていた演習場のプロ(とやら)に失望していたので、

数カ月間は、顔つきや言葉づかい、実際のスウィングや教え方などを観察していたが、

ある朝レッスンを申し込んでみた。

 

その初回がたいへん印象的だった。

 

プロはこういったのだ。

「レッスンには3種類あるんです。

1つはいま打っているボールの曲がりを直すレッスンです。すぐ直ります。

しかし夕方もう一度ここへきて打ってみると、また曲がります。

2つ目は来週のコンペのためのレッスンです。

レッスンではいつもよりいいスコアで回れるようにできます。

しかし再来週のコンペではまた大叩きするでしょう。

3つ目は、いますぐにはよくなりませんが、スウィングを基本から覚えていき、

いずれは自分で自分をレッスンできるようになるレッスンです。

あなたはどのレッスンをお望みかということになるわけです」

 

1つ目と2つ目の、

いわば、頓服薬のようなレッスンを望むニーズがあってもおかしくはない。

 

ただし、レッスン客の望みがそうではないのに、プロのほうが1つ目のレッスンを施し、

マジックをかけるように直してみせ、

「ほらね」と言わんばかりの(TV番組にあるような)教え方はいかがかと思う。

 

私はのっけから伊藤プロの理屈が気に入って「3つ目ので、ひとつよろしく」と頼んだ。

 

プロは「プロショップにも気軽に遊びに来てください。

いろいろ話したり聞いたりしながらレッスンを進めていくのがいいですから」

と自分の店の地図を描きながら、こういったのである。

 

「レッスンっていうのは、結局コミュニケーションですから」

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

続きます。

 

 

 

 


「ホワイトラビット」(伊坂幸太郎)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

 

その夜、街は静かだった。

高台の家で、人質立てこもり事件が起こるまでは。

 

SIT(特殊捜査班)に所属、宮城県警を代表する優秀な警察官も現場に急行し、

交渉を始めるが・・・。

逃亡不可能な状況下、息子への、妻への、娘への、オリオン座への(?)

愛が交錯し、緊張感はさらに増大!

 

ってことなんですが・・・。

著者の作品は何冊も手にしましたが、最後まで読めませんでした。

 

今回も、半分くらいで挫折しました。

なんか、合わないんですね・・・感性がっていうのか・・・。

 

 


「グリーンから100ヤード」(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

付録 ウッドショットのコツ

 

ウッドショットのコツ(6)

 

スウィング全体を通しての注意

 

スウィング全体を振り返ってみると、

アドレスではウェートは右足に。

クラブヘッドは球から10cmほど離して置く。

両手は体の中央に。

バックしウィングは低く、長くとる。

左手の甲は自分の体の前方を指すように上げ、

トップスウィングではクラブフェースが上を向く。

ダウンスウィングでは極力インサイドアウトに、右ひじを右腹前に下ろしてくる。

右ヒザ、右カカトは飛球線にそってターンし、上がる。

フォロースルーでは左手を飛球線に沿って出し、右手首はこねくり返さない。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

読んでると、分かった気になりますが、

実際にやるのは、難しいんですね・・・・・。

 

これで、この連載は終了です。

 

 


ももちゃんと行く軽キャンの旅 横須賀〜油壷マリンパーク

6日〜8日の2泊3日で、

ももちゃんと、三浦半島(横須賀〜油壷マリンパーク)に行ってきました。

 

横須賀は、「軍港めぐり」「どぶ板通り」「観音崎公園」です。

「軍港めぐり」観覧船の2階外デッキは、メチャ寒くて、凍えそうでした。

 

 

2日目は、「城ヶ島公園」「油壷マリンパーク」です。

ももちゃんが、一生懸命、見ていました。

 

2日共に「公園」が入っているのは、

ももちゃんに(私もですが)散歩させるためでした。

・・・初日は、しっかりと、10000歩以上歩きました。

 

 


「禅ゴルフ」(ジョセフ・ペアレント)

PART2 ”PAR"式戦略とは

 

結果への対応

 

1〜5の尺度で採点する 〜(2)

 

ドロシーのことを話そう。

 

彼女は、素振りは非常に伸びやかで美しいが、

本番になるとボールをムキになって叩こうとするため、

ひどいスウィングになっていた。

 

そこで彼女は、素振りの時と同じようにスウィングする

(つまり、ボールを叩こうとしないで、自分のスウィングを信じる)

ことを目標として設定した。

 

そして、出来るだけ素振りの時と同じようにスウィングするように努め、

完全にスウィングを信じて打てた場合は5点、ボールを叩きにいった場合は1点の方式で、

ティショットを採点してみた。

 

わずか9ホール回った時点で、ドロシーの得点は最初ほとんど1点か2点だったが、

やがて4点から5点に上がり、

それまでで最高のショットを連発するようになったものである。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「採点する」だけで出来ちゃうんですね。

なんか、やってみようかな・・・。

 

 


「禅ゴルフ」(ジョセフ・ペアレント)

PART2 ”PAR"式戦略とは

 

結果への対応

 

1〜5の尺度で採点する

 

以上は、やっていけないことの例だが、

タブーではなくても、その度合いによっては問題になる癖もある。

 

そのような癖は、一定の尺度を使って評価するといい。

 

まず、もっと出て欲しい癖と、出て欲しくない癖を

自分ではどのように考えているか判断する。

 

そしてそのような癖が出る度合いを、

1〜5の尺度で評価する(1を最高、5を最低とする)。

 

たとえば、自分が望んでいるように、

ティショットを腕を十分にリリースして振り切ることが出来ず、

置きに行く傾向がみられる場合を考えてみよう。

 

それぞれのティショットを毎回採点し、

置きに行く傾向が最も顕著だったと考えるショットを1点とし、

逆にもっとも伸び伸びとリリースできたショットは5点とする。

 

何回もティショットしているうちに、採点が4または5に集中していく

・・・つまり、スウィングが徐々に伸びやかになっていく

・・・ことに気付くはずである。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そういうものなんですかね。

続きます。

 

 


「スチール・キス」(ジェフリー・ディーヴァー)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「ジェフリー・ディーヴァー」の『スチール・キス』です。

 

リンカーン・ライムが刑事事件からの撤退を決意した。

原因はバクスターという男の死だった。

ライムの徹底した捜査の結果、重罰を科されることになったバクスターは自殺を遂げた。

捜査に間違いはなかったが、しかし・・・。

そんな疑念がライムを捕らえたのだった。

だから連続殺人犯を追うアメリア・サックスはライムの助けを借りることが出来ない。

そしてライムは、民事訴訟の調査依頼を引き受ける。

それはサックスの目の前で起きた痛ましいエスカレータ事故の訴訟だった。

 

やっぱり著者の作品は面白いですね。

なんといっても”スピード感”が、たまりません。

 

 


さあ始めよう、きっと何かが変わるはず。(アール・ウッズ)

あなたの得意なことは?

 

みなさんはクラスで一番絵がうまいかもしれません。

また、運動なら、勉強ならクラスの誰にも負けないという人もいるでしょう。

 

しかし、いつも上を目指して努力していなければ、

すぐに誰かに追い抜かれてしまいます。

 

タイガーが新しいことを学んだり、技術を磨いたりしなかったら、

あれほどゴルフがうまくなっていたでしょうか?

 

もちろん、持って生まれた才能もあります。

しかし、必死で学び成長しよう、もっとうまくなろうと努力していなかったら、

タイガーにも自分の可能性が分からなかったでしょう。

 

みなさんもまだまだ成長できます。

自分が得意なことをメモしてください。

 

みなさんの中には本を読むのが速い人、絵の才能がある人、野球がうまい人、

おもしろい冗談が言える人がいるかもしれません。

 

まず、自分に才能があることを喜びましょう。

その才能はあなたのものです。

誰にも奪えません。

 

次にメモを見て、上に進むためにの挑戦をしましょう。

 

本をもう一冊多く読む。

描いたことのない動物を描いてみる。

フライをとる練習をする。

新しい冗談を三つ覚える。

 

新たな目標をつくり、次の一歩を踏み出してみるのです。

どれだけうまくなれるのか、それはみなさんしだいです。

 

タイガーの言葉

「ぼくは、ゴルファーとして常に向上しようと努力しています。

今まではそれでうまくいきました。

でも、ぼくの技術がこれからも向上し続けるという意味ではありません。

これからも努力を続けなければならないということなのです。

自分のゴルフ人生を振り返ってみて、年々うまくなったと言えたら、

ぼくは幸せです」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「努力し続ける」・・・ですね。

 

 


「そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

15 アニカに学んだ、世界流バンカーショット

 

この項では、バンカーショットについて解説していきたいと思います。

アマチュアの方が非常に嫌がるのがこのバンカー。

 

練習環境もありませんし、セカンドショットをバンカーに入れたら、

ほぼボギー確定と考える人も多いはずですが、

基本をしっかり身に着ければ、そこまで怖れることはありません。

 

是非しっかりと頭に入れていただきたいと思います。

まずは基本の構え方、打ち方から。

 

バンカーは一にも二にも脱出することが先決です。

 

幸い、SWには砂にめり込まないようソールに大きなバウンスが付いていますから、

その機能を上手に使う必要があります。

 

そのためには、下手な小細工をせずにフェースを開くこと。

フェース面を真上に向ける感じがいいでしょう。

それにより、ソールが滑りやすくなります。

 

ボールは真ん中よりもやや左足に置き、オープンに構えます。

 

普通アイアンのボール位置は体の中心ですが、バンカーでは最下点で砂をヒットし、

わざとダフらせてボールの手前にヘッドを潜り込ませたい。

 

その分ボールは5〜10cm左に置くのです。

 

アドレスでは膝にゆとりを持たせ、

ハンドダウンにして、ダフりやすい構えを作っておきます。

 

あとは大きなバックスウィングでゆっくり上げ、ゆっくり下ろす。

また、確実にダフらせるためにも早めのコックでクラブを鋭角に上げるのもポイントです。

 

そうしてボールの手前の砂をヒットしたら、今度はすぐまた鋭角にクラブを振り上げる。

で、フィニッシュまで振り抜けば、バンカーから必ず一度で脱出できます。

 

軌道がゆるやかなU字ではなく、角度のきついV字のイメージですね。

もちろん、インパクトでゆるまないことも大切。

 

以上がバンカーショットの基本中の基本です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

う〜ん、何度も教えてもらっていますが、なかなか・・・。

 

もう一度、原点に戻ってやってみましょう。

”必ず一度で脱出できます”って言うのだから・・・・・。

 

 


「89ビジョン」(木村和久)

(とにかく80台で回るゴルフ)

 

第2章 ショートゲームテクニック編

 

Lesson 12 私がやっているパットのライン読み。

      ぜひ参考にしてください!     〜(3)

 

あと参考にするのはキャディさんのアドバイスです。

彼女と自分は、同じ共通ニュアンスなのか見極めないと。

 

「カップ2個って言ったろ」

「それは入れにいった場合で、お客さんは寄せてますから」

「寄せたってカップに届く距離だろうが」

このような不毛な会話を、何百回聞いたことでしょう。

 

私の場合、下りはOK欲しさにちょうどの距離を狙いますから、

キャディさんが言っているより、切れることが多いです。

 

アドバイスを聞き「言った通り曲がる」と分かったら、見事シンクロ成功。

あとは、言われるままにズバズバ入れて、お礼に売店でビールでも買ってあげましょう。

 

逆に感性が合わない時は「聞いた時だけ教えて」と言って、

やんわり釘を刺しておけばいいんです。

 

余分な情報はむしろいりません。

距離と曲がり、それだけを信じて打ってください。

 

この前、青木功選手の沖縄合宿を見学させてもらいました。

青木選手は、しゃべりながらパターを打って、ポンポン入る、入る。

いやあ世界の青木は、実に感性の人だなって、つくづく思いましたね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私も、打つまでは「OKに寄せよう」と思っているのですが、

いざ、打つ時はついつい「入れるぞ!」ってなってしまいます。

 

結果はもちろん=大オーバーですね。

 

 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM