「89ビジョン」(木村和久)

(とにかく80台で回るゴルフ)

 

レッスン 7 素振りにこそ”ゴルフの真理”がある。

       知ってましたか? 〜(2)

 

師の理論でいえば、スウィングはドライバーもパターもすべて一緒。

 

アプローチなんてもちろん、実際30ヤード打つなら、同じように素振りするのは当たり前。

素振りなしでどうやって、距離感を出すんだと。

それはパターも同じ。

 

「パターは素振りがすべて」とまで言っていますから。

最初のころは、先生の前で、どれくらい打つかを、パターの素振りで表現させられます。

 

20メートルの下りなら、これくらいとね。

それを見て、いやそれじゃ弱いとか、指導してくれます。

 

とにかく1回、ボールがあるつもりで、真剣に”エアーパット”をするわけです。

それができれば、あとは入らなくてもいいんです。

 

コツとしては、テークバックの長さと、フォローの長さを同じにすること。

多くの人は、テークバックがデカくて、インパクトからしょんぼりです。

 

パットはあくまでスウィングの延長、そして素振りはスウィングの再現なのです。

 

個人的に素振りで助かっているのは、午後から。

腹がパンパンで、腰が回りませんから。

5〜6回素振りしただけで、だいぶ違いますよ。

 

朝、練習無しでラウンドするときも、

素振りだけで、十分いいボールを打てるところまで持っていけます。

 

私の場合、ストレッチはあまりしませんから、素振りがストレッチ代わりです。

 

まずはスローモーション風に大きく素振りをして、しっかり肩を入れる。

それからトップを気にした素振り、次にフォローを気にした素振りをゆっくりやり、

スウィングを作っていく。

 

だんだん可動域が広がってきたら、本当の素振りをする。

全部やっても20回くらいですか。

あんまりやると疲れますから。

 

そして最後はパット。

素振りしてから、8m〜16mくらいを打って、感じをつかむ。

終わったらまた素振りをして、スタートです。

 

どうですか、80台出そうでしょ。

”エアーゴルフ”で、いいイメージを作るのも大事なことですよね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私に場合は、

 

素振りをするのは、ショートアプローチとパットだけです。

半端な距離感を出すには、やっぱ、必要ですね。

 

他のショットは、基本=フルショットですから、素振りはしません。

振っているうちに”リキんで”きてしまうので、やらない方がいい。

素振りの感覚で=打ってしまう、方がいいですね。

 

ただ、体が硬い時や、お腹がパンパンの時には、

空振り(素振りじゃなくて)をやってみるのはいいかもしれません。

確かに、ストレッチ代わりになりそうです。

 

 


「真夏の島に咲く花は」(垣根涼介)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「垣根涼介」の『真夏の島に咲く花は』です。

 

舞台はフィジー。

共同体みたいな生活空間があって、暖かい気候でどこにでも食べ物もある。

 

そんなところに、インド人、中国人、日本人が来て、観光業を始める。

良くある話ですが、現金収入があったりするといろいろ変わってきてしまう。

 

「結局のところ、楽しんだ者がえらい」みたいなことが正論として語られる。

せかせかしないで、のんびり過ごしていけば・・・。

 

現実の私の生活を考えてみると、

「楽しけりゃいい」ってわけにはいきません。

 

自分の生活もあるけど、まだまだ、親の介護もあるし・・・・・。

それは、それまで一生懸命に働いてきたお金があるから、何とかなっているわけで、

若いうちから「楽しけりゃいい」ってやって来た人とは、ちょっと違っています。

 

世界中どこにいても、生きるのに難しい時代になって来たんだと思います。

 

いろんなことを考えさせられる本でしたが、

単純に、自分は結構頑張って来たな、その余力で楽しませてもらおう。って・・・。

 

 


「89ビジョン」(木村和久)

(とにかく80台で回るゴルフ)

 

レッスン7 素振りにこそ”ゴルフの真理”がある。

      知ってましたか?

 

師のたまわく「素振りの再現がスウィングである」と。

師は当然、後藤先生ですが、

またしても出来の悪い弟子に、超簡単な命題を授けてくれました。

 

そりゃ元卓球部ですから、素振りは得意ですよ。

生涯補欠だったから、ボール打った記憶があんまりないですしね。

 

アマチュア的に考えると、素振りは練習場に行く予算がない、

あるいは時間がない人のための”エアーゴルフ”なわけでしょう。

 

そう解釈していたのですが、どうも後藤先生は、

まったく違う概念というか、

ゴルフの真理みたいなことまで、追究していたのです。

 

「素振りの再現が理想のフォーム」ですから、

素振りをまず理想形にしなければいけない。

 

いきなりやらされたのは、ドライバーのヘッドを持っての逆振り。

だまされたつもりでヘッドの根元の、細いところを持って振ったら、

これがすごい勢いで振れる。

 

「わかったか、これがタイガーのスウィングじゃ」って、

すごいんだか、すごくないんだか、よく分かりませんが。

 

要するに、ウッドを逆に持つと、すごいヘッドスピードが出るから、

そのイメージを大事にして、実際の素振りをしなさい、と。

 

ポイントは速さより、インパクトの瞬間に、ヘソがちゃんと正面を向いているか。

これはあくまでイメージですが、

インパクト時に腰が回転して、右腰がボールを向いていたら、スライスが出やすいと。

 

そんなことを注意して、素振りをやらされました。

練習場では必ず1回、完璧な素振りをして、それから打つ。

 

これはiPS細胞ぐらいすごい発明ですよ。ボール代を節約できますから。

そこかよ、突っ込むところは。

 

もちろん実際のラウンドでも、ちゃんとした素振りを1回。

実はこの癖をつけると、よく体が回るんです。

 

ワッグルの延長で、半分くらいの振りではダメ。

しっかり肩を入れて、トップで一瞬止まるぐらいの素振りをしないといけません。

寒い時期は特に、肩甲骨の可動域を広げる意味でも素振りはすごく大事なんです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

時々、家で、素振りをすることがあります。

3本のドライバーをそれぞれ10回ずつって感じです。

 

左の手のひらの角度を変えないように注意して、振っています。

ボールを打ってしまうと、どうしても、”飛び”が気になってしまいますから・・・。

 

そして、ほんとに時々、打ちっ放しに行って打ってみます。

ショートアプローチのクラブと、ドライバーで、

1カゴ(=50球=350円)を打つのに、1時間くらいかかってしまいます。

 

FW、UT、アイアンは、素振りもしなければ、打ちっ放しもしません。

”つなぎ”のクラブは、適当に打てばいい(つなげばいい)と思っているからです。

 

ゲームを作るのは=ドライバー

スコアを作るのは=パター(ショートアプローチも含む)

 

実際のラウンドでは、

ショートアプローチ&パットは、さすがに素振りしていますが、

他のクラブは、素振りせずに、いきなり打っていきます。

 

素振りすると、どんどん、”リキんで”きてしまうようです。

なので、「素振りをする感覚で、打ってしまう」ようにしています。

 

 


ゴルフ、行ってきました。

4日(金曜日)は、昨日に続いて、まりまり&Momikoとのラウンド。

場所を変えて「伊豆国際カントリークラブ」でした。

 

霧雨交じりの天気でしたが、空は明るいので、

「まあ、これ以上は降りそうもないね」と、スタートしました。

 

足元が湿っているうえに、

芝が刈りっぱなしなので(きれいに刈ってあるのはいいんだけど)、

靴や、クラブが、刈り芝だらけになってしまって、気持ち悪いことったら・・・。

 

さらにグリーン周りのボールが、刈った芝の上に乗った感じで、

ショートアプローチが、下をくぐり抜けることが、時々、ありました。

(これは、腕が悪いので他のせいには出来ないですが・・・)

 

ここは、グリーンが小さいので、乗ってしまえば=2パットでいけてしまいます。

(昨日と打って変わって、数字だけを見ると、3パット=0回でした)


ってことは、乗せるのが難しいということになるわけで、

パット+ショートアプローチの回数は=58回で、昨日の=59回とほぼ同じでした。

 

そしてそして、今日のグリーンは”高麗芝”でした。

 

「転がり」「曲がり」が、まったくわかりませんでした。

途中から、0度のパターはバッグにしまって、10度のパターだけを使用しました。

 

それよりもなによりも問題なのは、”体力の低下”ですね。

特にティーショットでの、体の切れ(?)が悪かったです。

 

身体の回転? 腰の切れ? よく分かりませんが、いわゆる、トップボールがあって、

何回か、ピッチャーゴロって感じの球がありました。
フェアウェイキープも、昨日の79%から→43%と激落ちしてしまいました。

 

23日からの佐久平(サニーCC)も、2日連続ラウンドを予定しています。

なんか、うまい対策があればいいのですが・・・・・。

(今回は、夜(夕方)飲みに出掛けたりしたので、次回は、ちょっと節制しようかな)

 

OUT「48」+IN「46」=「94」

 

まりまりのネット予約で=9,907円(2人で)(食事追加料金含む)でした。

 

 


ゴルフ、行ってきました。

3日(木曜日)は、まりまりの友達のMomikoと3人で、

「フジ天城ゴルフ倶楽部」のラウンドでした。

 

足場が良ければ「カートのフェアウェイ乗り入れ」が出来るのですが、

前日の雨の影響で、禁止になっていました。

 

自走カートで、フェアウェイ乗り入れできない、

でもって、女性2人とのラウンドともなると、カートの扱いが、面倒です。

 

カート道路に止めて、イチイチ戻らなくてはいけない。

女性たちはさほど飛距離が出ないので、そのまま歩いて前進したい。

となると、カートの移動役は自然と、自分の役目になってしまいます。

 

加えて、コンタクトの度の関係か、近くが見えずらいということで、

スコアの記帳も私の役目。

次のホールヘ行くと、最初に打たないといけないし・・・。

 

いやいや、忙しい1日でした。

 

という言い訳をして、スコアカードで振り返ってみると、

あまり気にしていなかったのですが、3パットがなんと=6回もありました。

 

これじゃあ、スコアになりませんね。

スコアを作る=パット、ですから・・・・・。

 

ってことで、

富士=「47」+里=「48」=Total「95」でした。

(タラレバですが、3パットがなければ=80台でしたが・・・・・)


昼食はバイキング。

本当は、おにぎり1個くらいでいいのですが、ついつい、食べ過ぎてしまいます。

お腹=ポンポコリンでは、ゴルフになりません。

 

まりまりのネット予約で=5,950円(食事付き)でした。

 

 


「ヤスさんの『ゴルフ礼記』」(鈴木康之)

まだまだ

 

あなたのクラブに取扱説明書は?

 

ミスショットは不思議か当然か 〜(2)

 

なかなか難しかったが、ま、人によりその日のご機嫌によりではあるが、

努力の実行はあがっている。

 

ところで、ミスショットが続けて出た後にたいていのゴルファーが口に出す言葉がある。

「オッカシーナー」である。

人によっては「ドーシチャッタンダロ」などとも言う。

 

オッカシくても、ドウシチャッタンでもないのである。

ミスして少しも不思議ではないのである。

あたりまえで、自然なことなのである。

 

私の仲間にも「オッカシーナー」を言う人が何人もいる。

 

「あんた、天才じゃないんだし、練習もしないんだから。

 それでこんなやっかいな道具使いこなせるわけがない。

 ミスショットして当たり前でしょうが。ミスして当然。

 言うなら『やっぱり』って言うべきだよ。言葉を間違えてる」

と憎まれ口の限りを言ってやる。

 

真理の前で人間は無力である。

 

素直に納得して、次のミスショットの時からは、

「アッ、ヤッパリダ」「ヤッパシー」などと朗らかに言い始める。

すると、さっきまでのクラブを地面に叩きつけんばかりのコワイ顔は消えているのだ。

「オッカシーナー」と首をひねっていいのは、シャンクの時とロストボールの時ぐらいである。

しかし1日中「アラ、ヤッパリ」「アレッ、ヤッパシ」と笑ってごまかしておれるものではない。

 

トボケの顔も3度まで。

ヤッパリ、内心面白くない。

ヤッパシ、ナイスショットしたい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その通りですね、言葉もありません。

 

はたから聞いていても、恥ずかしいですね。

気をつけなくっちゃ!!!

 

 


やっと、W入賞でした。

F1ハンガリーGPは、昨週末に開催されました。

 

 

マクラーレンホンダは、やっと、W入賞でした。

アロンソ=6位、バンドーン=10位。

 

パワーサーキットではないので、ホンダエンジンでもいけるかなということでしたが、

結果もその通りに進んで、両者ともポイントゲット(10位以内)出来ました。

 

エンジン自体も”スペック3”ということで進化はしていますが、まだまだのようです。

早期の”スペック4”の登場を、期待して、待っています。

 

F1は、これでサマーブレイク(夏休み)に入ります。

3週間休んで、つぎは、8月25日からですね。

 

HONDAは、休みなしかな・・・????

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

 


ゴルフ、行ってきました。

昨日は、「一人予約」で、

『伊豆ハイツゴルフ俱楽部』のラウンドでした。

 

先週は風邪をひいていて、止められていたので、

ちょっと久しぶりのラウンドになりました。

 

テーマは、いつものように、

ゲームを作る=ドライバーでのフェアウェイキープと、

スコアを作る=パターでの、寄せパット+入れパットです。

 

ドライバー(XW、1W、2W)では、

「左・手の平の角度を変えない」ことに注力しました。

 

バックスウィングを大きくし過ぎると、最後の方で手首が折れ曲がってしまうので、

「途中で止める=3クウォータ」くらいにしないといけません。

 

なんか、力が入ったスウィングが出来ない感じでしたが、

実際に打ってみると、いつもより飛んでいました(それもかなり真っ直ぐに)。

やっぱり、しっかりとミートしていると、強く打たなくても飛ぶんだなと感じましたね。

 

結果として、14/14=100%のフェアウェイキープでした(目標=63%以上)。

(ちょっとのラフは、オマケしています)

 

ホールによって、

XW=44インチ、1W=42.5インチ、2W=40インチを使い分けてみました。

良かったかどうかわかりませんが・・・なんか、「ゲームしているな」って感じ・・・。

 

パットでは、以前にもちょっとトライしたことのある、

寄せパットと入れパットをしっかりと区分けして実施してみました。

 

寄せパットは、

ロフト=10度のパターで、アプローチのように打って行く。

スタンスを狭くして(両足をほとんど付けて)、スウィングしていきます。

グリーンから外れていても、ライによってはこちらの方が安全なら、これで・・・。

 

入れパットは、基本1m以内を。

両足を、平行にして、開いて(あまり開きすぎない)、

スタンス幅の中のバックスウィングで、真っ直ぐ引いて+真っ直ぐに打ち出す。

短いパットの安定感が出て、ちょっと長めのパットも時々入るようになりました。

 

結果としては、31パット(目標=35パット以下)。

やっぱ、大きいですね。

(惜しいパットもあったので、スコアアップは”ここから”ですね)

 

IN「44」+OUT「44」=「88」

伊豆ハイツゴルフ俱楽部では、私のベストスコアになりました。

 

最後の2ホールが、ダボ+ダボでしたので、やはりスタミナ不足。

なんとかしないといけませんね、今後の課題です。

 

 


「ヤスさんの『ゴルフ礼記』」(鈴木康之)

まだまだ

 

あなたのクラブに取扱説明書は?

 

ミスショットは不思議か当然か 〜(1)

 

「今年は口に綺麗なゴルフを身に着けよう」。

数年前の正月、ゴルフ仲間でこんな誓いを立てたことがある。

 

ゴルファーの「一年の計」というと

平均スコアや飛距離アップといったところが普通だが、

どうも何年やってみても変わらない、となれば方向転換、

お行儀の方で努力目標を決めてみようというわけである。

 

ことしはミスショットしないことなんて決めてかかったって、出るものは出る。

せめてミスショットしたときに思わず口から漏らす、あの間の抜けた、

品性に欠けた叫び声ぐらいは謹もうではないかというわけである。

 

チョロしたときの「アラマー」、ダフッたときの「アチャー」、

池を越えそうもないときの「オイッ、コラ、バカーッ」、

引っかけたときの「ナーニヤッテンダーッ」、

フォアパットしたときの「ヘッタクソーッ、モーヤメチャエーッ」などなど。

 

お互いの氏素性がとうにバレている日頃の仲間たちとのラウンドでやっているぶんには

愛嬌だが、決してあたりにナイスな音声ではない。

 

ミスショット自体がみっともないのに、
そのみっともなさの上塗りをするようなことでもある。
これがクセになっていると、初めての人や気をつけなければならない人との時にも、
「アチャーッ」「オイコラッ」「バカモーン」がしまりなく口から洩れてくる。
驚くにしても、怒るにしても、自己嫌悪するにしても、
フェアウェイの紳士としてもうちょいとスマートな感情表現の工夫は出来ないものか。
それを探求し、修得する実りのある1年にしようではないか。
そういう殊勝な誓いではあった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きます。

 


遼くん、また、予選落ちでした。

カナディアン・オープンは、予選ラウンドを終了しています。

石川遼くんは、また、予選落ちでした。

 

アンダーで回っていたので、そんなに悪くはなかったということですが、

カットラインに届かなかったということですね。

 

ラウンド後、「自信が持てないでいる」「自分が小さく思える」

みたいなことを言っていたようですが、それが違うと思うんですが・・・。

 

あれもこれもじゃなくて、”これだけは”というのを追えばいいんじゃないかと・・・。

私もそうですが、遼くんだったら「ドライバー」と「パット」ですね。

 

でも、「ゲームを作るドライバー」=「守りのクラブ」

というのを忘れない方がいいと思います。

 

ドライバーがハジケちゃうと、そのホールは極端に難しくなってしまいます。

「フェアウェイキープ」っていうと消極的に聞こえますが、そうじゃないですね。

=「そこからスタート」なんですから。

 

そして、”テキトウ”につないで、勝負はパットですね。

ここは、細心の注意を払いながらも大胆に(積極的に)行くしかないですね。

自分でも、もちろん、出来ていないことですが、いつも思ってはいます。

 

一度、100%のフェアウェイキープ率をやってみたらと思います。

当然、飛距離を抑えなくてはいけないですが・・・。

 

ゴルフが、違って見えると思います。

これは、私も、時々やります。

(2Wで、170〜180ヤードに打って行きます)

 

コーチをつけるなんて言う話も出たりしていますが、いろいろやってみればいいと思います。

まだまだ、ゴルフ人生は、長いですよ・・・・・。

 

遼くん、頑張れ!!!

 

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM