自宅にて・・・。

納車日の翌日の朝です。

 

 

好きな「オレンジ」がいっぱいですね。

駐車場がちょっと狭めで心配でしたが、OKでした。

 

 


納車日です!!!

今日は、キャンピングカー「FEEL」の納車日でした。

越谷まで、引き取りに行ってきました。

 

写真は、海老名SAです。

快適な走行でした。

 

特に大きさは気になりませんでした。

家の駐車場にも問題なく入りました。

(明日また、写真を掲載します)

 

 


布団カバーを、変えました。

冬支度の一つとして、布団カバーを変えました。

犬たちのヨダレで汚れていたこともありましたが・・・。

 

今度のも、以前と似ている、花柄です。

爽やかで、気持ちいいですね。

 

 


今年、最後の、ハイビスカス!!

家の中では、今年最後のハイビスカスが咲いている。

もう、これで、花芽も終わったので、室内で冬を越す。

 

去年買った鉢を室内で越年させたら、

ヒョロイながらも、今年も、花をつけた。

 

そして、さすがにこの季節、最後の花が咲いています。

また、来年も咲くのかなあ・・・室内で年越しさせます。

 

 


「星夜航行」(飯嶋和一)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「飯嶋和一」の『星夜航行(上巻)』です。

(2000)

 

何もかもが終わったと、一度は死を決意した。

 

その男はどうして屈しなかったのか。

家康、秀吉、天下統一、そして朝鮮出兵・・・。

激動の時代の荒波に飲まれた、ある徳川家の家臣。

 

三河を二分した内乱の時、父が徳川家に弓を引いたため、

逆臣の遺児として農村に逼塞していた沢瀬甚五郎は、

祖父より剣や騎馬術、鉄砲術などを叩き込まれていた。

傑出したその才覚は家康家臣の知るところとなり、

嫡男・徳川三郎信康の小姓衆に取り立てられた。

 

この時代のことは、

知っていることより知らないことの方が、何十倍もあります。

 

今、韓国の徴用工問題もありますが、

この時代、やはり、秀吉による侵略戦争だったんですから・・・。

 

戦争って、やっぱり、ダメですね。

宗教問題だったりすることも多いのですが、

侵略して”利”を得ようとするのはもっとダメですから。

 

 


2人目のドライバーは、アレクサンダー・アルボン!!

F1のトロロッソ・ホンダは、

ダニール・クビアトのチームメイトをアレクサンダー・アルボンに決めた。

 

アルボンは、タイ国籍のイギリス人。

 

そうです、タイはレッドブル(飲料)の発祥の地であり、

オーナーの知人たち(富豪の)も大勢いて、

今回は、そのバックアップもあったとの話が出ている。

(政治的な側面は、F1にも普通にある)

 

ただ、実力も今年のF2で3位になっていて、申し分ない。

(1位=ラッセル=ウイリアムズ、2位=ノリス=マクラーレン)

 

HONDAを応援している私には、

来年は、レッドブルとトロロッソの4台体制なので、

楽しみは凄く増えていますね。

 

車自体も、レッドブルの知識をもらいながら、

トロロッソも発展するだろうと思えるので、それも楽しみです。

 

頑張れ、アルボン!!

頑張れ、トロロッソ・ホンダ!!!

頑張れ、HONDA・F1!!!!

 

ついでに、

頑張れ、レッドブル・ホンダ!!!!!

 

 


最終戦でも、ノーポイントでした。

先週末は、F1の最終戦、アブダビGPでした。

このレースでも、トロロッソ・ホンダはノーポイントでした。

 

これで、結果としては、10チーム中で9位ということでした。

 

今年は、HONDAがトロロッソと組んだ1年目。

いろんな試行錯誤があり、戦略的なPU公開などが行われました。

 

特に後半戦は、来年にレッドブルにもPU供給が決まり、

来年に向かっていくことを、このチームで試しているって感じでした。

 

もともと、レッドブルのジュニアチームだったのですが、

とくに来年はレッドブルで”勝負”(トップを狙う)の年なので、

今年を”踏み台にして”というのは、仕方なかったというか・・・。

 

苦しい年でしたが、よく頑張ったと思います。

 

来年も、

頑張れ、トロロッソ・ホンダ!!

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

それから、

頑張れ、レッドブル・ホンダ!!!!

 

 


「アッ!とおどろく夢芝居」、観てきました。

昨日は、中野さんプラザでの

梅沢富美男&研ナオコの「アッ!とおどろく夢芝居」を観てきました。

 

さすがにプロの仕事で、十分、堪能しました。

 

それにしても、2人とも、いい歳なのに、

昼公演に続いて、夜の公園もあるようで、たいしたもんだと思っちゃいます。

 

こういうのはいいですね、また観てみたいと思います。

 

 


「湯河原 ぶらん市」、行ってきました。

昨日は、湯河原名店街が主宰している

「湯河原ぶらん市」に行ってきました。

 

まだ、早い時間だったので、人ではイマイチ。

 

湯河原にゆかりのある手づくり作家さんの作品が所狭しと並びます。

同時に飲食、休憩スペース、癒し、エンターテイメントもあり、

ぶらん市は湯河原スタイルの「手づくり市」です。

主催は湯河原駅前通り 明店街。

商店主がイベントを手づくりしています。

 

そんなに規模は大きくないのですが、

いろんな出店があって、結構、賑わっていました。

 

この後の時間で、

いろんなイベント(子供太鼓やバンド演奏など)があって、

さらに盛り上がると思います。

 

私たちといえば、

「おいしいカレー」や「ハワイアンハンバーガー」などを買い食いし、

「ひもの」「みかんの詰め放題」「野菜の安売り」などを楽しみました。

 

毎年、何回か開催されていますね。

 

 


「総務部長はトランスジェンダー」(岡部 鈴)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「岡部 鈴」の『総務部長はトランスジェンダー』です。

 

その日、アラフィフ・妻子ありの総務部長は、

社内一斉メールでカミングアウトした。

「これからは女として生きていきます」

家庭は?会社は?友人は?

その時彼女が選んだ究極の二重生活とは?

 

自分らしく生きたい人に勇気を与える告白的ノンフィクション!

第1章 初めての女装

第2章 綺麗になりたい

第3章 女性として生きていくなんて

第4章 全社カミングアウト

第5章 外では女性、家では男性

第6章 毎日が性別越境

 

最近では、結構話題にのなっているし、

身近(それほどではないですが・・・)にもいるし、

特別、大きな違和感はありません。

 

ただ、やっぱり、自分がそういう状況ではないので、

なんか、十分には理解できないでいます。

 

ただただ、それなりに”尊重”はしていきたいと思っています。

 

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM