<< 小田原フラワーガーデンに、行ってきました。 | main | ガスリー、最後尾から1ポイント奪取!! >>

「ふたご」(藤崎彩織)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「藤崎彩織」の『ふたご』です。

(1450)

 

ふたごのようだと思っている。

彼は私のことをそんな風に言うけれど、私は全然そんあ風には思わない。

確かに、私は人生の大半を彼のそばで過ごしてきた。

晴れた日も雨の日も、健やかなる日も病める日も、

富めるときも貧しき時も、確かに、私は彼のそばにいた。

けれどもその大半は、メチャクチャに振り回された記憶ばかりだ。

(本文より)

 

大切な人を大切にすることが、こんなに苦しいなんて・・・。

彼は、わたしの人生の破壊者であり、創造者であった。

 

う〜ん、こういう関係って、全然、分かりません。

 

「SEKAI NO OWARI」で、ピアノ演奏&ライブ演出を担当している。

そもそも、このバンドの良さも、よく分からないんですけど・・・。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.11.17 Saturday
  • -
  • 04:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM