<< 「わん's LAND 三浦海岸」の体験宿泊。 | main | 「小田原フラワーガーデン」に、行ってきました。 >>

「ネオ・ゼロ」(鳴海 章)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

 

今回は、「鳴海 章」の『ネオ・ゼロ』です。

(1400)

 

読書メーターより

蘇った零戦の名がネオゼロ。
経済制裁も何のその…ますます増長してくる北の恐怖。
ついにホワイトハウスが下した密命は、
日本人の元自衛官によるネオゼロでの核施設爆撃。
作戦の内容は…ソ連の戦闘機4機が日本領空へ侵入…
それに呼応してネオゼロを含めた日本の4機がスクランブル。
日本海上空で合流しそのまま朝鮮半島をかすめながら、
ソ連領空手前まで追随し、
見送り別れる時にネオゼロとソ連1機が入れ替わる…
当然、時代遅れの北のレーダーでは判別は無理。
その後ネオゼロはソ連領空からUターンし
超低空飛行で核施設に迫る予定だが…はたして
26年前の作品ですが、
今とまったく同じような状況にあることに驚きました。
というのは、北朝鮮の”核の脅威”、
取り巻く中国・ロシア・韓国・そしてアメリカ。
どこの国も、自分の利益を第一に考えての行動。
これじゃあ、戦争は無くなりそうもないし、
平和な世の中は、来そうもないですね・・・。

スポンサーサイト

  • 2018.09.21 Friday
  • -
  • 06:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM