<< 「しゃぼん玉」(市原悦子他・・・) | main | 「すたみな太郎」行ってきました。 >>

「みかづき」(森 絵都)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「森 絵都」の『みかづき』です。

 

読書メーターより

 

ただただすごい本でした。

塾を興した女性とその一族の物語。

始まりは昭和36年で、物語の最後は平成20年。

時代が変わり、教育が変わる。新たな問題が次々に出てくる。

私も「教育」にとりつかれたものの一人なので、

千明の、吾郎の、蕗子の、一郎の、

それぞれの気持ちに入れ込んでは泣きました。

家族がバラバラになる中盤は読むのが辛かったけど、

最後まで読んでみれば、こうやって歴史は続いていくんだね、

みたいな。

家族ってそうだよね、みたいな。

あー、いいお話読んだなぁ!!

 

「やっぱり、”ゆとり教育”は、だまだったんだなあ」

と、感じてしまいましたが・・・。

 

それはそれとして、文科省の気持ちも分からないではないですね。

 

なんか、

”のんびり生きていける世の中”になって欲しいと思うのは、

私だけですかね。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.11.17 Saturday
  • -
  • 05:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM