<< 庭の手入れ・第6弾!! | main | 「ゼロと呼ばれた男」(鳴海 章) >>

「花のあと」(北川景子他・・・)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、藤沢周平原作、北川景子ら出演の『花のあと』です。

 

以登は、満開の桜の下で、羽賀道場の高弟・江口孫四郎に声をかけられる。

父・寺井甚左衛門に剣の手ほどきを受けた以登は、

羽賀道場の二番手、三番手を破るほどの剣豪であったが、

孫四郎とは未だ剣を交えたことはなかった。

孫四郎の人柄に触れた以登は、父に孫四郎との手合わせを懇願し、それが実現する。

以登は、孫四郎に竹刀を打ち込む中で胸を焦がしている自分がいることに気がつく。

それは紛れもなく初めての恋心であったが、

家が定めた許婚がいる以登は、孫四郎への想いを断ち切る。

ところが、奏者番の娘・加世に婿入りした孫四郎が、

加世の不倫相手である藤井勘解由の卑劣な罠にかかって自ら命を絶つ。

江戸から帰国した許婚・片桐才助の手を借りて事件の真相を知った以登は、

勘解由を詰問するため、密かに呼び出す。

居合いの遣い手である勘解由は、以登の口を封じようとするが、

以登は懐剣で返り討ちにする。

才助との祝言が済んだ翌年、以登は花見に赴く。

しかし、満開なのに花が終わった後のようなさびしさを感じ、

それ以来一度も花見に行くことはなかった。

 

 

藤沢周平っぽいといえば、そうですね。

映像もきれいに出来ていて、なかなか良かったです。

 

ちょっと、エンターテイメントに欠けるというか、

もっと、”なにか”があると良かったのですが・・・。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.10.18 Thursday
  • -
  • 07:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM