<< 「影の中の影」(月村了衛) | main | 「89ビジョン」(木村和久) >>

「89ビジョン」(木村和久)

第3章 ショットテクニック編

 

Lesson 18 ドローボールを打ってみよう!

     ただし余裕があればですが・・・。

 

前項で、フェードやドローを打ち分ける難しさを語りましたが、

そもそもドロー自体、どうやって打つんだという質問がありました。

 

答えは難しいです。

 

何しろ、まる5年ドローの神様、後藤修先生のところで勉強し、

最後はお情けで卒業した身ですから、ドローを理論的に語るのは恐れ多くて。

 

「89ビジョン」的には、ドローを覚えなくていいと思いますが、

せっかくなので、ドローボールについて多少語りたいと思います。

 

まず球筋ですが、真っ直ぐストレートな球が出て、

左に切れるのをドローボールという人がおりますが、

それは「ストレートフック」といい、ドローとは別なようです。

 

じゃあドローボールって何なの?

それはですね、打ち出しが完全に右なんです。

 

一旦右に向かって放たれたボールが、最後左にカーブする。

それがドローボールです。

 

別にどっちでもいいじゃん、最後は左に切れればと思うでしょうが、

理論的には違うそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

別にどっちだっていいじゃん、と思いますね。

 

続きます。

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.07.19 Thursday
  • -
  • 05:16
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM