<< 「さらば長き眠り」(原 錙 | main | ヤスさんの「ゴルフ礼記」(鈴木康之) >>

ヤスさんの「ゴルフ礼記」(鈴木康之)

まだまだ

 

練習場もゴルフ場

 

「打席」とはティインググラウンド 〜(1)

 

練習場の打席は小さなティインググラウンドである。

当然コースのティインググラウンド周辺と同じエチケットとマナーが必要になる。

 

隣通し、近くの者同士がなるべく人の邪魔にならないよう気づかい、

お互いにいいショットのための環境を作り合いたい。

 

こんなことはゴルフの練習場に限ったことではなくて、

社会生活者として当然道理である。

 

まわりまわって自分のためになることだ。

残念ながらそれが分からなくて、環境を乱す人がいる。

 

練習場なのだから打球音やマットの音は当たり前の音だ。

だからいくら激しい音でも気にならない。

 

しかしソケット玉が仕切りのパイプに当たったりすると、

これは異常な音だから周りの人がびっくりする。

 

気になるのは音の大きさではない。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

続きます。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.11.17 Saturday
  • -
  • 06:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM