<< 「ゴルフ大全」(マイケル・ホッブス編) | main | ヤスさんの「ゴルフ礼記」(鈴木康之) >>

「さらば長き眠り」(原 錙

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「原 錙廚痢悗気蕕伉垢眠り』です。

 

400日ぶりに東京に帰ってきた私立探偵沢崎を待っていたのは、浮浪者の男だった。

男の導きで、沢崎は元高校野球選手の魚住からの調査を請け負う。

11年前、魚住に八百長試合n誘いがあったのが発端で、

彼の義姉が自殺した真相を突き止めて欲しいというのだ。

調査を開始した沢崎は、やがて八百長事件の背後にある驚愕の事実に突き当たる・・・。

 

やっぱ、面白いですね。

なんか”格調高い”探偵小説って感じです。

 

まだ読んでいないのがあるので、

続けて読んでみようと思っています。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.07.19 Thursday
  • -
  • 05:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM