<< ヤスさんの「ゴルフ礼記」(鈴木康之) | main | 「89ビジョン」(木村和久) >>

「89ビジョン」(木村和久)

第3章 ショットテクニック編

 

Lesson 17 我々レベルの「ドロー・フェード」論を考えてみた 〜(1)

 

ドライバーでドローとフェードを打ち分けられますか?

 

そう聞かれて、イエスと答えられる人は、相当な上級者です。

普通、フェードはともかく、ドローを打てる人は少ないと思います。

 

私自身、ドローとフェードを、打ち分けるのは一応可能というレベルです。

ドローの神様、後藤先生に5年くらい学びましたから。

 

でも実際のラウンドで、ここはフェード、ここはドローという使い分けはしません。

というか、そんなコロコロ球筋を変えられませんよ。

 

そんなに器用な打ち分けが出来たら、この企画は卒業です。

さっさとに日本アマの予選にでもエントリーして下さい。

 

我々レベルが、ちょっとボールの曲げ方を覚えたからといって、

使い分けを多用すると、頭の中が混乱してきます。

体もついていけなくなる。

 

だからプレー中にボールの曲がりが激しくなったり、

引っかけやプッシュが多発し、スウィングがメロメロになるでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

続きます。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.10.17 Wednesday
  • -
  • 06:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM