<< そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優) | main | ゴルフ、行ってきました。 >>

「額を紡ぐひと」(谷 瑞恵)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

 

今回は、「谷 瑞恵」の『額を紡ぐひと』です。

 

形に出来ない想いを額装します。

 

事故で婚約者を失った額装師・奥野夏樹。

彼女の元には一見額装不可能で、いわくありげな依頼ばかりやってくる。

ヤドリギの枝、小鳥の声、毛糸玉にカレーポット・・・。

表具額縁店の次男坊・久遠純は夏樹の作品の持つ独特な雰囲気に惹かれ、

やがて彼女自身にも興味を持つのだが・・・・・。

 

なんか、最近、どこかで読んだような物語ですね。

こういう芸術はなかなか、理解できません。

 

もっともっと、絵とかを、見ないとダメでしょうね。

芸術に触れる、ていうか・・・。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.05.20 Sunday
  • -
  • 06:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM