<< 「89ビジョン」(木村和久) | main | 「ツキの正体」(桜井章一) >>

「89ビジョン」(木村和久)

第3章 ショットテクニック編

 

Lesson 15 人間性とサービス精神重視。

      レッスンプロの選び方の話です。 〜(3)

 

知り合いでレッスンプロに教わっているのに、

2年くらいまったく進歩しない人がいます。

 

これは新手の”牛歩戦術”レッスンですか?

長く通うとわかったら、ネタを小出しにされることはありますよ。

 

ですから教わる範囲において、丸ごとはダメです。

私だったら「左足重心はいじらずに、飛ぶようにして」と言ったりします。

 

なぜって?

いまさら本当の綺麗なスウィングを覚える気は毛頭ないです。

 

だってそんな暇もないし、

完全改造の時は途中ボールが当たらなくなり、非常につまんないゴルフになります。

 

アマですから、いじられ過ぎて迷宮に入りたくないんです。

幾多のプロだって、スウィング改造に失敗しているじゃないですか。

 

先に光明があるとしても、

ここ数カ月叩く、あるいはゴルフをしないなんて、あり得ませんから。

 

とまあこういうわがままをどんどん言って、

それを受け入れてくれるレッスンプロがいたら、是非教わりましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何度かレッスンを受けたことがありますが、

先生に診てもらっている間は、その通りに出来るのですが、

終わって、ラウンドに行ってみると、全然できないことが”普通に”あります。

 

まあ、「全然身についていない」ってことなんですね。

なんか一個だけ直して、身についてきたらまた一個・・・がいいんじゃないかな。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • -
  • 06:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM