<< 「花ひいらぎの街角」(吉永南央) | main | 千葉オープン初日、ちょっとだけ、見てきました!! >>

「ゴルフ大全」(マイケル・ホッブス編)

第3章 偉大なる男たち

 

じっくりと前へ バーナード・ダーウィン(1934年) 〜(2)

 

第1回全英オープンが開催される以前から、

プレストウィックのわけの分からないコブだらけのフェアウェイとラフ、

判読不能としかいいようのないグリーン、

ことさら広くて深いバンカーは、無量のゴルファーを泣かせてきた。

 

ファイナルでのリトルは、慌てず騒がず、

複雑なコブを掌握した上で絶妙としかいいようもない

ランニングとピッチショットでグリーンを完璧に攻め立て、

相手がうなだれるほど見事なパッティングを次々に決めていった。

 

さらに印象的だったのが、前へ前へと進んでも一向に急がず、さりとて決して遅くもなく、

まるでメトロノームのように休みなく正確に歩き、球を打ち、そのすべてが完璧だった。

 

マッチプレーでは人間が相手とされるが、

あの日の彼はコースのパーを相手に究極のショットを重ね、

ジミー・ウォーレスは眼中にないようにさえ思えた。

 

これこそが理想的なマッチプレーの戦い方であり、

彼は自分の世界を築き、その世界の中で理想の実現に努力していたのだと思う。

 

その証拠に、いくつかのホールでは、まさかと思えるほど長い

ウォーレスのパットに対して「ギミー」(OK)を出していたからである。

 

まさに寛大で美しい光景だったが、リトルにはどうでもいい話だったのかもしれない。

彼は相手に何の注意も払っていなかった。

 

全神経の全てを傾けて限界までホールに集中する姿は、

何やら神々しくさえ思えてきた。

 

集中力が高まるにつれスコアはさらに縮まり、

ひたひたと前進する彼の偉大な姿ばかりが一層大きく見えて、

ついには難攻不落といわれたプレストウィックまでが箱庭に見えてきたのだった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

以上です。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.04.20 Friday
  • -
  • 06:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM