<< 「ゴルフ大全」(マイケル・ホッブス編) | main | 「ゴルフ大全」(マイケル・ホッブス編) >>

「花ひいらぎの街角」(吉永南央)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「吉永南央」の『花ひいらぎの街角』です。

 

贈り物は、活版印刷で造った本

 

コーヒー豆と和食器の「小蔵屋」店主・お草さんがふと思い立った、心躍る計画。

やがて過去の事件の記憶を揺さ振って・・・。

 

花の香りのイメージに重なる美しい人。

彼女が、あの荒れたマンションを最後の場所に選ぶだろうか・・・。

活版印刷の職人・晴秋の妻の死に違和感を抱くお草。

 

なんか、ほんわりとしたいい感じの話でした。

 

小さな街での出来事・・・どこかで読んだ気がしますが・・・。

ちょっとスケールが・・・エンターテイメントの好きな私には、ちょっと不満ですが・・・。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • -
  • 06:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM