<< ヤスさんの「ゴルフ礼記」(鈴木康之) | main | 「彼方の友へ」(伊吹有喜) >>

ヤスさんの「ゴルフ礼記」(鈴木康之)

まだまだ

 

教え上手か 教わり上手か

 

レッスンはコミュニケーション 〜(3)

 

伊藤プロはその後独立し、練習場からいなくなった。

 

それを機会に「3つ目のレッスン」の私なりの受け止め方が

正しかったかどうかを確かめるため、しばらく私もプロから「独立」することにした。

 

4年たって私のオフィシャルハンディは2つ下がった。

 

ゴルフは難しい。

それを教えることはもっと難しいことなのだろう。

こちら側からいうと、教わることは更にさらに難しいのだ。

 

ゴルフスウィングは1.8秒間とも1.5秒間ともいわれる短時間内での運動である。

 

そんな瞬時に胴体や四肢を、しかもてんでんに働かせ、クラブという複雑なむきをした道具で

ボールを真っ直ぐに飛ばそうというのである。

 

この運動の理屈は上手にできるプロゴルファーにも運動工学のほうの学者にも

まだまだ不思議なことだらけだというのに、

それが素人にはどこがどうだからどうなっているのか、まるで見えない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ですね。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.10.17 Wednesday
  • -
  • 06:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM