<< そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優) | main | 「ゆりかごで眠れ」(垣根涼介) >>

そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

14 スコアメイクの必需品、転がしアプローチ

 

球筋を打ち分けると感性が磨かれる 〜(3)

 

高さの次は、スピンで止める打ち方です。

低く打ち出し、2バウンド目からスピンがかかって止まる、

プロが多用するショットがこれです。

30ヤードを基準にすると、25ヤードキャリーして5ヤード止まる計算です。

 

ボールは右足の前に置き、グリップは短く持ちます。

目安としてはシャフトとグリップの境目から

だいたい3cm上のあたりに右手の人差し指が来る感じです。

 

ボールが右にあるので自動的にグリップの位置はハンドファースト。

サンドウエッジなら腰よりやや高い位置まで上げ、

それと左右対称に振り抜いて30ヤード打つ意識がいいでしょう。

 

ダウンはややインサイドからクラブを下ろしてきます。

が、ボールをすくいあげようとしてはいけません。

 

アドレスで作った手首の角度を変えずに振り、フィニッシュは低い位置におさめます。

フェースは返さず、左脇を締めたまま、ボールを横から押す感じでクラブを振ってください。

 

このように、アプローチにはさまざまな打ち方があります。

アマチュアにとっては球は上げるより地面に近いところを転がすほうがミスは少なくなりますが、

感性を磨くという意味でも、ぜひいろいろな球筋にトライしてみてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

これまた、無理そうですね。

 

でも、まあ、練習場でいろいろ試してみるのは良さそうですね。

ですが、そうしていると、つい本番でもやってみたくなってしまいますよね。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.07.19 Thursday
  • -
  • 06:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM