<< そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優) | main | 「武士道シックスティーン」(誉田哲也) >>

そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

14 スコアメイクの必需品、転がしアプローチ

 

「サッ」とホウキで掃くように振る 〜(2)

 

番手選びも同様です。

 

基本の30ヤードアプローチではPW、もしくはSWを使用しますが、

転がしの場合は、パターからスプーンまで、選択肢は非常に多くなります。

 

普通は8番、9番アイアンあたりを使うことが多いのですが、

ライや状況によってはもっとロフトの立ったミドルアイアンが有効なこともあります。

 

普段の練習でものさしを作っておけば、後はそれの応用です。

 

ちなみに、転がしのアプローチをするとインパクトが強く入りすぎ、

いつもオーバーしてしまうという人もいますが、

そういう人には逆オーバーラッピンググリップがおすすめです。

 

左手の人差し指を右手の小指に重ねる、

あるいは左手の人差し指を伸ばして右の小指の上に添わせる。

 

このグリップならインパクトが強く入ってもヘッドが返りにくいため、

行き過ぎることがなくなります。

 

また、この逆オーバーラッピンググリップを覚えておくと、

カラーとラフの境目の段差の大きいところに

ボールが寄り掛かって止まってしまった時にも役に立ちます。

 

思い切ってボールを右に置いて、

フェースは閉じてラフの方から鋭角にヘッドを入れていくのです。

 

フェースを閉じて上から入れるから出玉が強くなりそうですが、

逆オーバーラッピングで握ることで、

インパクトが強く入っても転がり過ぎることはありません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

分かり易いですね。

 

何度もですが、私は、8番アイアン専門です。

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.12.11 Monday
  • -
  • 06:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM