<< 「バーニング・ワイヤー(上)」(ジェフリー・ディーヴァー) | main | そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優) >>

そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

14 スコアメイクの必需品、転がしアプローチ

 

「サッ」とホウキで掃くように振る 〜(1)

 

打ち方としては、まずボールを真ん中よりやや後ろ(右)にセットし、

アドレスではヘッドよりグリップが先行するようハンドファーストに構えます。

 

バックしウィングではコックを入れず、

低いところに上げて、低いところに抜くイメージで振ります。

 

藍などはよく、「サッ」とホウキで掃くようなイメージで打っていると言いますが、

まさにそれ。

 

すくいあげようとしたり、左ひじを引いたりせず、パターを打つように、

スムーズなストロークを心掛けてヘッドスピードを変えないように打ってください。

 

テークバックとダウンの速度を変えず、

行きと帰りを同じテンポで打つのが望ましいでしょう。

 

距離感に関しては、パターにも同じことが言えるのですが、

ひとつの距離の目安を作っておくといいでしょう。

 

たとえばこれくらいの感じで打てば、10ヤードなら10ヤード、
確実に打てるというものさしを作っておく。

 

そうすればその前後の距離に対応しやすくなりますからね。

 

さっき距離感はイメージとインパクトの力加減と言いましたが、

人それぞれインパクトの力加減と、打つ距離がどのような関係かというのは違ってきます。

 

自分の力加減は自分にしか分からない。

だからこそ、練習で自分のものさしを作ることが大事なのです。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

続きます。

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.12.11 Monday
  • -
  • 07:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM