<< 「二度目のノーサイド」(堂場瞬一) | main | 「銀翼のイカロス」(池井戸 潤) >>

ヤスさんの「ゴルフ礼記」(鈴木康之)

まだまだ

 

あなたのクラブに取扱説明書は?

 

取扱説明書のない道具 〜(2)

 

さて。私たちが手にするゴルフクラブというモノはどうであろうか。

靴や椅子のように誰もが間違えずに使えるモノではない。

 

5番アイアンをひょいと一振り、

誰もがボールを真っ直ぐ160ヤード先へ飛ばせるモノではない。

プロでさえ真っ直ぐ飛ばせなくて苦労する道具なのだ。

 

扱い方次第ではボールをフェードさせたりドローさせたりという

打ち分けも出来る道具ではあるが、

それが誰にでもできる「ワンタッチフェードスイッチ」や「ドロー切り替えレバー」

なんていう親切な装置が付いているわけではない。

 

そういうやっかいなモノなのに、

買った時のあのフルセットの箱の中に取扱説明書が入っていた覚えはない。

 

取扱説明書が付いている親切なゴルフのクラブなんて聞いたためしがない。

何十万円もする商品なのにである。

不親切な話ではある。

 

使えば、まともに飛ばない、当たらない。

かのシュフレンコのおばさま方がゴルフをやらなかったからいいようなものの、

もしやっていたら、クラブメーカーの門の前は大変だったろう。

 

おしゃもじならぬクラブを押し立てて「不親切商品返品!粗悪ショットの責任を取れ!」

と連日押しかけていたはずである。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

ごもっともですね。

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.12.11 Monday
  • -
  • 11:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM