<< 「あとは野となれ大和撫子」(宮内悠介) | main | 「影裏」(沼田真佑) >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


グリーンから100ヤード(宮本留吉)

ウッドショットのコツ(1)

 

アドレスでウェートは右足に

 

ドライバーをはじめとするウッドクラブは、アイアンの打ち方と全然違う。

アイアンがダウンブローに打つのに対し、

ウッドはサイドブローからアップブロー気味になる。

 

従ってウッドの場合にサイドブローにするには

どんなことに注意したらよいかを掴めばよいわけだ。

 

いかにも当然のことを言っているようだが、

実際にはそれが分かっていてなかなかできないもの。

 

私はウッドでは、まずなんといってもアドレスでウェートをはっきり右足にかける。

ウェートを右足にかけやすくするために、

球に対しクラブヘッドは10cm離してアドレスする。

 

これをやると、自然に上体は右に傾き右肩も下がり、ウェートも右足にのってくる。

一般には球のすぐ横にクラブヘッドを置くが、

これだと左右五分五分か、時には左足の方にウェートがかかりやすい。

その結果ウッドをダウンブローに振り下ろしやすい。

 

アドレスでクラブヘッドを球から離して置けば、そこを軸としてスウィングが起こされるから、

ダウンスウィングでも、そこに戻ってきてサイドブローに打てるわけだ。

 

さらにスウィングしている最中は多少誰でも体がスウェー(移動)するから、
私の構え方がちょうどよくなる。

 

皆さんも一度これをやってみて下さい。

今までよりかなり鋭い球が出てきます。

フェアウェイのウッドでもこれを応用して下さい。

 

もしこの打ち方でダフったとしても、

ダウンブローに打った時と違い、思ったより球が飛んでいる。

 

ただ注意するのは、クラブヘッドを離してアドレスする場合、

やはりインパクトの感じをつかんでおいてアドレスしなければタイミングが狂いやすい。

 

なおアドレスで首を右にかしげてその姿勢を最後まで保つのもサイドブローに打つ一つのコツになる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

う〜ん。

なんか、しっくりこない気がしますが・・・。

 

とりあえず、練習場でやってみましょう。

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 06:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM