<< ゴルフ、行ってきました。 | main | 「ゴルフ大全」(マイケル・ホッブス編) >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「グリーンから100ヤード」(宮本留吉)

状況判断とクラブの選択 (3)

 

パターより、3番アイアンを

 

球がグリーンの端から1クラブくらいの所にあり、

ピンはグリーンの端から15ヤード奥といった場合は、

5番アイアンのランニングアプローチが適当。

 

このピンが20ヤード以上も離れていると、

3番アイアンの方がよく転がる。

 

よくパターでやる人がいるけれど、

それでもよいが”パターの応用範囲”で説明したように、

アプローチ式スウィング(バックスウィングで手首のコックを早くする)をすること。

 

と同時にパターだとスウィングが大きくなり、安定性が失われやすい。

やはり3番アイアンの方が小さいスウィングで正確に寄る。

 

バンカー越えのようなときは、9番アイアンによるピッチ・エンド・ランがよい。

グリーンエッジとピンが5ヤード以上あれば、ピッチショットをしなくても、

グリーンエッジに球を落としていく攻め方で十分やれる。

 

ここで大切なのは、どのくらいのスウィングをすれば、

キャリーがどれだけ出てどれだけ転がるかの計算を、日頃の練習によって掴んでおくことだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私の場合は、前回まで、PWとP/Sで、やっていたが、

次回からは、P/Sとパターの2本で、グリーン周りをやろうと思っている。

 

いろいろやってみたけれど、なかなか、上手くいかなくて、

結局、安全性と、自分を納得させる意味から(これが精一杯と・・・)、

「まずは乗せる」「そこから2パット」を一番に考えることにしました。

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 06:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM