<< ゴルフ、行ってきました。 | main | ゴルフ大全(マイケル・ホッブス編) >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


グリーンから100ヤード(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

上り坂=左上がり(1)

 

叩きこんではいけない

 

上り坂のショット、これは起伏の多いコースでアプローチの時一番多いショットだ。

またアプローチは一般に下り坂より上り坂の方が多い。

ショットの難易からいうと、上り坂の方がはるかにやさしい。バランスを保ちやすい。

 

上り坂でのウェートのかけ方は、下り坂と違い右足にのる。

ただ上り坂で注意することは、

インパクトでしゃくり上げたり、傾斜に逆らって叩きこまないこと。

 

アドレスで右足にウェートを置いていることは、

平地でのショットと同じ条件にさせているわけだからダウンブローに打つのもそのつもりでやること。

 

上り坂ではとかく叩き込んだり、しゃくりやすい。

やはりインパクト後にクラブヘッドは振り抜かれなければいけない。

 

また上り坂では右足にウェートが乗っているせいか

ダウンスウィングで右足カカトのケリが失われ、手打ちになりやすい。

手打ちになるとアウトサイドインになって引っ掛ける。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いろいろ、弊害は出やすいですが、

それでも、上り坂は打ちやすいと思っています。

 

普通、ボールが上がりやすくなるので、距離感が問題ですね。

どうしても、ショートしてしまいます・・・・・。

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 05:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM