<< 禅ゴルフ(ジョセフ・ペアレント) | main | ゴルフ大全(マイケル・ホッブス編) >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


グリーンから100ヤード(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

傾斜からのアプローチ

 

下り坂=左下がり (2)

 

両ひざは十分リラックスさせる

 

下り坂なのにウェートを右足に置いたとすると、

バックスウィングで右サイド(高い方)の地面にクラブヘッドの上りが邪魔されたり

ダウンスウィングでは球の右側の高い地面を叩き大きくダフる可能性が多い。

 

このダフリを防ごうとしてクラブヘッドをしゃくったり、ヒザを硬直させて反り返れば、

今度は猛烈なトップになりやすい。

 

従ってアドレスでは左足にウェートを置き、しかも両膝は十分リラックス(ゆるめる)させる。

またバックスウィングでは、アドレスでのウェートを軸にしてスウェー(中心の移動)させずにやる。

左足にウェートがあるからクラブヘッドも急激に高く上がってくる。

 

ここで大切なのは、左足にウェートがあるけれど、ヒザを硬直させないことで、

ダウンスウィングでは両膝が傾斜に沿ってターンできるように緩めておかなければいけない。

 

一流のゴルファーたちは、いかなる時もインパクトで左ひざは伸びていない。

 

なお下り坂では、ダウンスウィングで上体がスウェーしやすい。

膝や腰などの下半身は傾斜に沿ってスウェーするが、

上体はアドレスの位置を保たないとヒッティングポイントが狂ってくる。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

う〜ん。

下り坂は、難しいですね。

 

左足体重、だがヒザは緩めて置く。ですね。

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 06:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM