<< 遼くんは、23位浮上だが・・・。「ゴルフ日誌」追加しました。 | main | 遼くんは、15位タイで終戦。今日は、ゴルフレッスンです。 >>

オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル脱出法

バンカーショットのダフり


これはサンドウエッジの構造を理解していないゴルファーが陥るミスです。
バンカーショットを繰り返すことほど、悲しいことはありません。

コンパクトなバックスウィングで、
サンドウエッジをちょこんと砂にぶつけているだけではボールは決して出ないのです。

これを直すには3つのステップがあります。

まずサンドウエッジのフェースをしっかり開くこと。
フェースを開けば、
ソール部分が有効に使え、クラブが砂に深く入り込むことを防いでくれます。

次にミドルアイアンを打つ時と同じように、バックスウィングを大きくとる。
最初は勇気が要るかもしれません。
しかし練習さえすれば、そのフルスウィングの必要性を実感できるはずです。

3つめは、インパクトからフォローでの、ヘッドの加速です。
十分な加速があれば、あなたのバンカーショットは確実性を増します。
少々砂を多くとろうが、エッジが手前に入ろうが、
ヘッドの加速が十分なら、ボールは簡単に出せるのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バンカーショットは、
やっぱり、今でも、上手くいかないことが多いショットです。

まあ、練習していないので・・・・・。
これは自分の責任なのですがね。
ちゃんと、練習場には、練習用のバンカーがあるというのに・・・・・。


 

スポンサーサイト

  • 2018.11.17 Saturday
  • -
  • 12:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM