<< ブラン市(ブランチ)は、盛況!! W杯は3位タイに・・・。 | main | 今日は、職場の研修会。ゴルフの図書館・写真、入れ替えました。 >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

ピッチショットのトップ


ネガティブな考えとか、何かを恐がっている時に、この破壊的なミスは起こります。

技術的にはクラブがボールの手前に入ってバウンドし、
そのままリーディングエッジがボールの横腹を打つ。
もしくはインパクトで過剰にボールをすくおうとする時に起こるミスです。

前者の場合、
手前に入ったことで、反射的にスウィング中の上体が起き上がってしまいます。

後者の場合、すくい上げる動きはテークバックに原因があるのです。

クラブを引く時にフェースをシャットに上げすぎると、ロフトが殺されます。
それをインパクトで戻そうとするからすくい上げてしまうのです。

これらを矯正するためには、まずスウィング中でフェースの向きを変えないこと。
バックスウィングのトップでは、クラブのトウは真上を向かせる。
その時、右手の甲はほぼ水平になるのです。

ダウンスウィングでは、腰をスライドさせながら少し回す。
この動きはあなたの体重を左足に乗せ、
それによってスウィングアークの最下点も少し前に移り、ボールの真後ろにクラブが入ります。

手をこねるなどの動きは不要です。
フェースをオープンに保てば、ボールは自然と上がるものなのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長いクラブでは、まだ時々、やってしまいますが、
短めのアイアン〜ウエッジでは、トップすることは少なくなってきました。





 

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 12:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM