<< 「雑・観・DVD」です。 | main | 「雑・読・本」です。 >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


えオメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

鋭角的なダフリ


ダフリのことを英語ではファット・ショット(厚いショット)と言います。
ボールの手前にクラブが入り、たっぷりターフを取るからです。

このミスの原因は、主に次の2つです。
1.スウィングが鋭角的すぎて、グランドを叩く。
2.フラットすぎるため、ボールを打つ前にグランドを叩く。

アイアンでよくダフリ、しかもそのディボットが深い場合、
あなたのスウィングは間違いなく鋭角すぎます。
だからスウィングをフラットに直すことが必要です。

両肩のターンをよりフラットにすること。
あるいはダウンスウィングで、あなたの腕とクラブを、
それまでよりフラットなプレーンに乗せることで矯正できるはずです。

テークバックの始動をフラットにするのはあまり意味がありません。
フラットに引きすぎて、結局アップライトに引き上げるループを描き、
ダウンスウィングが鋭角的になるミスは何度も説明しましたね。

フラットなダフリ

これはスウィング、肩の回し、
腕の振りのいずれかがフラットすぎることで起こるダフリです。

両手や両腕を意識的にアップライトに変えてください。
またダウンスウィングからフォロースルーにかけての腰の動きを意識すると、
スウィングの最下点が前方に移るので、ダフリが解消します。

上級者のダフリ

上級者は、フックを恐れるがために、
主にクラブがインサイドすぎる位置からボールにアプローチしてダフルケースが多いようです。

バックスウィングで左腕のローテーションを強く意識してください。
トップからダウンスウィングへの切り返しは、
両腕を真下に下ろす感覚で、左腕のローテーションを左脇を締めながら行なうのです。
これはフック矯正法と同じやり方です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の場合は、
フラットすぎるスウィングでダフリを発生させているようです。

「肩の回し」と「腕の振り」の両方がフラットすぎていると思われます。
左サイド主導の弊害が出てきているようです。

先日のレッスンでは、逆に「右手をもっと使うように」と言われました。
フラットなスウィング自体は、
「徐々に直していくので今はそのままでいい」ってことなので、まずは「右手を使う」ことから。
それと、
とりあえず、「身体は正面を向いたまま、手打ちでOK」とも・・・・・。




 

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 12:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM