<< 「雑・読・本」です。 | main | 「1W」を、中古で購入しました。 >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル解決法

フェアウェイウッドのトップ


トップはどんなクラブでも起こることですが、
最も頻繁に起こるのはフェアウェイウッドを持った場合なのです。

トップには3つの原因が考えられます。
1.スウィングアークが高いためのトップ。
2.鋭角的なスウィングによるトップ。
3.フラットなスウィングによるトップ。

1は上体の起きすぎが原因です。
そのためにスウィングアークの最下点が高くなってしまうのです。
上体の前傾は20度。スウィング中にお尻を突き出した形が保てれば、トップは激減するでしょう。

2はボールがゴロで左へ飛び出していくトップになります。
ダウンスウィングでクラブがアウトサイドから真下に振られているのです。
テークバックでインサイドに引きすぎるために上体が苦しくなり、クラブはループを描いて、
ダウンスウィングでアウトサイドから打ち下ろすことになるのです。
これを直すためには、今と逆のループを意識してスウィングしてみるとよいでしょう。
トップスウィングの位置を低くして、フォロースルーはより高く、アウトサイドに振り抜きましょう。
これで鋭角なうち下ろしが影を潜め、上向きの軌道でアウトサイドへ降り抜けることになります。

3のようにボールに薄く当たるトップは、おおむね真っすぐか、右方向へ飛び出します。
スウィングがフラットすぎるため、インパクトのはるか手前からクラブが地面すれすれを通過し、
インパクトではすでにアップスウィングになっているのです。
これを直す方法には両肩の回転と腕の振りを少しアップライトに直してみることです。
そしてダウンスウィングでは左脇を締めながら、左腕のローテーションを強く意識してください。
こうすることによって両手を常に身体の正面に保つことができ、
より高い精度のインパクトを実現できるでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フェアウェイウッドは使っていませんが、ユーティリティでもトップすることがあります。
私の場合は多分、フラットすぎるスウィングが影響していると思います。

ですが、右脇を締めて振りたいので、ある程度のトップは覚悟のうえです。
トップボールは、比較的、まっすぐに飛ぶし、ランも期待できるので、まあまあ、結果OKがあります。

問題は、ダフリですが、これは次回です。




 

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 12:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM