<< 「ゴルフ本・写真」入れ替えました。遼くん、現在5位タイ!! | main | 「雑・観・DVD」です。 >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オメーラ・レッスン (ハンク・ヘイニー)

第10章 トラブル脱出法

ドライバーのテンプラを防ぐ


テンプラの原因はダウンスウィングでクラブを鋭角的に下ろしすぎることです。
ドライバーはティアップしたボールを打ちます。

それを鋭角なスウィングで打つと、フェースの上の方に当たるか、
時にはドライバーの頭でヒットすることにもなります。

頭ならロフト角はほぼ90度。どうなります?
ボールは上へ上へ上がっていくのです。

最初のチェックはティの高さです。

アドレスした時、ボールの上半分がドライバーの上に見える高さを作ります。
これは誰にでも簡単に確認できることです。

次に鋭角に振りすぎたスウィングを、フラットに矯正します。

まず普通にアドレスを作り、それから背筋を伸ばして真っすぐに立ちます。
そうするとヘッドが1フィート(30cm)ほど、引き上げられます。

このままでスウィングしてみるのです。

上体が起き、ヘッドも1フィート浮いているわけですから、
要領としては野球のバットスウィングになります。

ここであなたは大きな変化を感じ取れます。
それまでアップライトに上げていたトップでの手の位置が、右肩と同じ高さに納まるのです。

ダウンスウィングで、クラブを1フィート浮かせたアドレスに戻します。
この時両肩を水平に回し、同じようにクラブもフラットなプレーンに乗せてみてください。

この動きのフィーリングが掴めたら、次にフォロースルーまで振り切るのです。
この練習スウィングで、アップライトなスウィングが弱められ、テンプラは姿を消すはずです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も、よく、テンプラボールを打っていました。

元々、フラットなスウィングだったので、矯正は簡単でした。
ティアップの高さを「ちゃんとすればいい」だけでした。

使っている人も多いかと思いますが、市販の「段つきティ」に変えました。
たったそれだけです、テンプラは出なくなりました。




 

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 12:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM