<< 「雑・観・DVD」です。明日は、「フォーク村(2軍戦)」です。 | main | 「雑・読・本」です。今日は、打ちっ放し練習です。 >>

スコアアップできない50%は、あなたのクラブです。

第6章 スコアの安定性を底上げする「14本を生かし切る」セッティング

「オーバーラップ」で隙をなくす


右に行かせない、
ということで重心角以外にも「ライ角」をアップライトにする方法もあります。

ですが、ライ角で捕まり具合を調整するのは、あまりオススメできません。

特にドライバー以外は、捕まりを調整するためにライ角をいじると、
インパクトで接地することから、ライへの対応力で制約を受けてしまうからです。

最近のアイアンは、ライ角がややアップライトなものが増えていますが、
これは結構打ちやすいはず。

というのも、ソールの接地部分がヒールよりの半分程度になるぐらいなら、
そこそこ抜けも良くなり、ヘッドターンもスムーズに行なえるので、
打ち出し方向をコントロールすることができるからです。

逆にフラットすぎて、トゥ側のソールから接地してしまうと、
フェースの向きがコントロールできず、打ち出しも不安定になります。

このことから、ライ角は「適正よりフラットにしない」ということを心がけるできで、
これによって打球の方向性を決定しようとするのは危険です。

ドライバーの大型ヘッドで重心角を大きくできず、
それでも捕まりを改善しようとした段階では、
やたらとライ角がアップライトなモデルが出回りましたが、今ではかなり減りました。

ライ角をイレギュラーにすることでの見た目の違和感、
特殊な操作性はやはり使い勝手が悪かったのです。

「番手ごとの死なないエリア」とは「左右の安全圏」だけでなく、
飛距離の変化、つまり「番手の許容範囲」も考慮していかなければいけません。

「飛距離の階段」を考えるレベルになると、
つい「150ヤードは7番」と決めつけてしまうようになりがちですが、
大自然が相手のゴルフでは、これは通用しません。

たとえば「フェアウェイの良いライよりもティアップしたほうが飛ぶ」
「斜面では100%のスウィングはできない」というように、
1つの番手でもボールのライや、風などの状況によって飛距離は変わるはずです。

もちろん、芯に当たった場合とそうでない場合、
また日ごとの体調でも、飛距離は1割ぐらいすぐに変わってしまいます。

そういったことをすべて含めて、
番手ごとの「飛距離のタテ幅」を把握しておく必要があります。

飛距離の幅が1割ぐらいあると考えると、ショートアイアンで10ヤードちょっと、
長い番手では15ヤード前後といったタテ幅のエリアが見えてきます。
すると、番手ごとのエリアがオーバーラップしていくことがわかります。

たとえば6番アイアンの最大飛距離が160ヤードとすると、
エリアは「160〜145ヤード」と見えます。

すると、7番アイアンのエリアが「150〜135ヤード」となり、
「150〜145ヤード」ではどちらを選択してもOKということになります。

「飛距離の階段」の150ヤードという段に、
6番と7番の両方が足をかけているわけです。

同じ150ヤードでも、
手前にバンカーがあって絶対キャリーで越えたい場合は6番。
ピンがグリーン奥にあり、オーバーは禁物という場合は7番。
こういった「保険をかける」安全な攻め方を、組み立てられるようになります。

コースでは、練習場で打っている最大飛距離をイメージして番手を選んでいるうちは、
常にショートのミスや、力みの失敗がついて回るでしょう。

各番手の「飛距離のタテ幅」を目標に当てはめていくことで「ミスしても死なない」
「当たりが多少悪くてもオンする」という、
90切り、80切りのプレースタイルをつくれるのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かなり、難しくなっていますが、
私の場合は、「最大飛距離をイメージ」しています。

なので、
ちょっと失敗のショットをすると、必ず「ショート」になります。

私の場合は、「いつでも80台」が目標なので、
どちらかというと、オーバーして「大叩きが怖い」わけですから、
「ショート」は「歓迎」じゃないけれど「許容範囲」と考えています。

それは、「ショットを失敗したから」と納得できます。

そして、「90切り」を考えた場合に、これで十分だと思っています。
「80切り」「シングル」が目標の人は、上記が絶対に必要なのでしょうが・・・。

自分が、「何を目指しているか」をしっかり把握することが大事ですね。






スポンサーサイト

  • 2018.09.21 Friday
  • -
  • 12:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ yeezy boost
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air max
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ adidas yeezy
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 7
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 10
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora charms
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie shoes
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon xa pro 3d
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ nmd
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fit flops
http://www.curry4-shoes.us.com/ under armour stephen curry
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes birkin bag
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop uk
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron james shoes
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 1
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp backpack
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy shoes
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade laptop bag
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora jewelry
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ christian louboutin sneakers
http://www.nikeairmax-90.us.com/ air max tn
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock outlet
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ rihanna fenty puma
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike air max 2017
ドリフトliuyuzhen
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM