<< シングルになれる人の生活習慣 | main | 今週前半は、連休していましたが・・・・・。 >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ゴルファーのための”くよくよするな”ブックス

87 スコアをつけずにラウンドしてみよう

大好きなゴルフをもっと楽しむために、
スコアをつけずにラウンドしてみるというユニークな方法があります。

ゴルファーにとって最大のフラストレーションの源、それがスコアだからです。

もちろん、かなり異例なラウンドのしかたですが、実際にやってみてはじめて、
何がどれほどストレスやイライラの原因になっていたかに気づくことでしょう。

本書のはじめのほうで、スコアを良くしたいという目標を掲げてプレーするうちに、
数字にとらわれすぎてゴルフ本来の楽しさを忘れてしまうという話をしました。

ですから、
これを解決するもっとも簡単な方法は、スコアをつけなければいいということになります。

最初は無意識に頭の中でスコアを数えてしまうことでしょう。
数字にとらわれるというのは、一種の癖のようなものですから、簡単には直りません。

それでもなお、スコアをつけないままじっとプレーをつづけ、
ゴルフをしていて心から楽しいと思うさまざまな「スコア以外の要素」に注意を向けはじめると、
自然に数字のことなど忘れてしまっているはずです。

そうなったら、コースを取り巻く自然の美しさや、
難易度を上げるために仕組まれた巧みな設計の技などに目を向けてみましょう。

いつもは苦手な7番ホールからも、それほど威圧的な感じは受けないのではないですか。

ティー・グランドから200ヤード地点にあるバンカーは、
相変わらず「下手クソという罪に対する罰」に見えますか。

あるいは、
こちらに頭を使って作戦を練らせるための、愛すべき面白い障害物に見えませんか。

まわりの自然環境、各ホールに設けられたもののすべてを楽しみましょう。

ゴルフ・コースの多くは、その土地の自然の美しさを満喫しているうちに、
すばらしいプレーをしている自分に気づくことでしょう。

そのとき、スコアだけではない、ゴルフの真の喜びを見いだすはずです。

スコアをつけないでラウンドするなんて意味がないと思う人もいることでしょう。
しかし、たまにやってみる価値は十分にあります。

やってみてはじめて気づくこと、そこにポイントがあるのです。

適切なスタートが切れないといかにラウンド全体に悪影響が残るか、
尋常ではない状況ほどいかに面白いか。

数字にこだわる必要がないとき、ベテランのプレーヤーにとってさえ、
ゴルフはまったく新しい顔を見せることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

う〜ん。

まだまだ、スコアにこだわりたいと思っているし、
月に1回か、せいぜい2回かのラウンドしかできない状態では、
なかなか、「スコアをつけないで」ということにはなりそうも(出来そうも)ありません。

「もう、スコアはいいから」とか、
「毎週ラウンドしているのだから、月に1回くらいはスコアをつけなくても」とか、
余裕が出てきたら、やってみたいとは思っています・・・・・が。




スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 12:18
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM