<< ピーターたちのゴルフマナー | main | 打ちっ放しに、行ってきました。 >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


シングルになれる人の生活習慣

第6章 頭のレベルを上げるゴルフメモ

【2】全ショット⇒いいフォームから、いいボールを打つ

☆上体の力をうんと抜き、左足を軸にして
 ゆっくり上体を捻ってバックスウィングをし、
 頭を残してトップからスムーズに振り下ろしながら
 『インパクトを見届けるスウィング』をし、
 肩を回し、左腕をたたんでフィニッシュをとる。

☆ウッドは、上体の力をうんと抜き、
 左足親指を地面にしっかりつけて
 ゆっくり上体を捻ってバックスウィングをし、
 頭を残して、トップからスムーズに振り下ろしながら
 「2点止め」で体重移動をしっかり受け止めて、
 インパクトの寸前に一瞬左手甲を止め、
 右手のスナップを利かせてヘッドを走らせながら、
 肩を回し、腕をたたんできっちりフィニッシュを決める。

☆アイアンは、ゆっくり上体を捻って
 バックスウィングをし、インパクトの寸前に
 右腕を伸ばして打ち込みながら
 「2点止め」で体重移動をしっかり受け止めて
 『インパクトを見届けるスウィング』をし、
 目を残し素直に真っすぐヘッドを送りながら、
 肩を回し、左腕をたたんで、きっちりフィニッシュを取る。

・・・・・・・・・・

2 全ショット

これは、ショット全体をひとまとめにしたものだ。

スウィングは、一瞬の、ごく短い時間での動きなので、あまり詳しく書いても、
ラウンド中や練習している時には役に立たないことが多い。
そのために、ショット全体をポイントを絞って簡潔にまとめた。

「いいフォームからいいボールを打つ」ということを最大の留意点として、
ショットの前には必ず思い出すように心掛けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「簡潔にまとめた」ってことですが、
なんか、注意点が多すぎて分からなくなってしまいそうです。

全ショットを「いいフォームでいいボールを打つ」って言うのは、いいですね。

しっかりと力を抜いていなければ、いいフォームにはならないだろうし、
いいフォームでなければ、いいボールは打てないでしょう。

「うんと力を抜いて、いいフォームで」打ちたいものです。


・・・・・・・・・・

ところで、前回、ホーム・コースでの、
「ホールごとのベストスコアを集めたらどうなるでしょう?」っていうのがありました。

とりあえず、手元にあった、「新・天城にっかつゴルフ倶楽部」の、
2011年7月29日以降の、スコアカードを見てみました。

すると、こんな感じでした。

松美コース(9ホール)合計=「36」(パー36)。
富士見コース(9ホール)合計=「35」(パー36)。
里美コース(9ホール)合計=「37」(パー36)。

トータルすると=「108」(パー108)になりました。

ほとんどのホールで、いつの日にか、「パー」を取っていたことになります。
実際には、バーディーとボギーもありましたが・・・・・。
(ダボはなかったですね)

ということは、
「目標は=パープレイ」というのも、
満更、いい加減ではないと言うことになります。

なんか、ちょっと、嬉しくなってしまいました。



スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 13:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM