<< ピーターたちのゴルフマナー | main | ハービー・ぺニックのゴルフ・レッスン >>

女性のための”美しいゴルフ”

「ゴルフにかける情熱のすばらしさ」 陳 清波

小坂さんは、この本のタイトル通り「美しいゴルフ」をする。

「美しいゴルフ」にはさまざまな意味があるが、スウィング、マナー、
ゴルフに対する考えかたや姿勢に至るまで、小坂さんはすべての美しさを満たしている。

昭和32年。
霞ヶ関CCで開催されたカナダカップに出場してから2年後、
私が東京ゴルフ倶楽部の専属プロになりたての頃、
「私をお弟子さんにしてください」と尋ねてきたのが、小坂さんだった。

小坂さんは、当時の女性アマチュアのトップクラスで、
日本女子選手権のタイトルを持つ実力者だったが、そのスウィングを見てみると、
改造するところが多く「これは大仕事だ」と思ったのを記憶している。

スウィングを改造すると、一度完全になっていたものが不完全になり、
また組み立てるには大変な努力と時間が必要だが、
小坂さんのゴルフへの情熱は想像以上に見事で、
途中であきらめることなくレッスンを受け続け、私もその姿勢には驚かされた。

技術のひとつひとつを研究し、納得いくまで理論を噛み砕いていく追求心。
主婦という立場で、できる限りの時間を使って練習に取り組む姿勢は、
男性アマチュアはもとよりプロでも適わないほどの熱心さが感じられた。

その結果、理想のスウィングを身につけ、ゴルフの基本をほぼ完全に習得し、
小坂さんのゴルフは87歳の今もなお、その美しさを保っている。

今年も小坂さんと数回ラウンドしたが、まず姿勢がいい。
そしてバランスの取れたアドレスの形は若い頃と変わらない。
あれだけの練習の成果がこの形を保たせているのだ、と改めて感心した。

そしてまた、今でも
「これはどうしたらいいのかしら。トップの形はこれでいいかしら」と疑問に思ったことは
すぐに質問し、自分の物にしようと練習を重ねる姿勢は本当に立派である。

この本は、凝り性だという小坂さんが、
鋭い着眼点を持って長年に渡りつけてきたゴルフノートがベースになっている。

女性の視点だからこそ気がつく細かな部分、
小坂さんならではの豊富な経験をもとにわかりやすく表現された「美しいゴルフ」は
現代の女性アマチュアゴルファーが基本を学び、
さらに上達するためのバイブルになるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで、「美しいゴルフ」は ”完” です。

・・・・・・・・・・

次回からは、また別の本を紹介しようと思っています。



スポンサーサイト

  • 2018.11.17 Saturday
  • -
  • 12:15
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM