<< 台風直撃!!! | main | 「今週の一冊」追加しました。 >>

スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


女性のための”美しいゴルフ”

第6章 美しいゴルフの振る舞い

オッケーのスピリット

グリーン上で、人間の心が直に現れるのが、ホールマッチでのプレーです。

ストロークプレーは、ほぼ自分との戦いのようなものですが、
ホールマッチは相手あっての戦いですから、その心得を認識しておく必要があります。

私がここでいいたいのは、
このホールマッチは、どんなに大きな試合で行なわれていても、
アマチュアのめざすところの美しいゴルフでは「勝ちのみがすべてではない」ということです。

もっとも大切なことは、相手も自分も気持ちよくプレーできるということです。

ホールマッチは、各ホールで勝負をつけて全体の勝負を決める競技なので、
1ヶ所でたくさん叩いても勝ちは勝ち、
バーディーを出しても相手がイーグルであれば、勝つことはできません。

グリーン上の戦いでは、どんなに短くても大切な一打で、
「もしかしたら」と考えやすくなるわけですが、
誰でもたやすく入る距離のパットは「ギブユー」とか「オッケー」といって相手にあげましょう。

なぜならそれが、「心」であり、「礼儀」でもあり、
何よりお互いが「美しい心」で気持ちよくプレーできるからです。

もしそこで意地悪をして、相手に短いパットを失敗させたらどうでしょう。
誰もが入れられる短いパットを外した時のお互いのその後味の悪さといったら・・・・・。

逆に相手に思い切りよく長いパットをプレゼントして、
自分がそれよりも長いのを沈めて勝つと、ひそやかな自己満足を得られ、
倍の喜びが得られ、なにより素敵なゴルファーといえるとおもいませんか。

私は親しい友達同士でラウンドする時は、
「ちょうだいよ、くださらないの?いじわるね」という言葉を使ったり、
「それ、外しそうだから入れてね」と少し意地悪をいって遊ぶことがあります。

本当に親しい間では、
こうしたユーモアやふざけ合いもまたコミュニケーションのひとつになります。

実際の試合では、少し長いと思われるものを、
惜しげもなく「あげるわ」といって喜ばせてくれるゴルファーもいれば、
当然「オッケー」なのに知らん顔する人、
勝ち気のあまり、人の失敗を待ち望んでいる人などさまざまな人がいます。

もちろん、「勝つことがすべて」という価値観でゴルフをする人も多くいますし、
私にはそれを否定する権利もありません。

でも「美しいゴルフ」には、不必要な価値観であることは確かです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マッチ・プレーは、まったく経験がないので、なんとも言えませんが、
やはり「美しいゴルフ」を目指したいですね。

逆に、コンペ(ストロークプレー)で、「ワングリップ=OK」をやっていましたが、
これはかえって”違和感”を持ちました。

スムーズな進行が目的なのでしょうが、たいした時間とは思えないので、
最後までホールアウトしたほうがいいと思っています。



スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • 12:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM