<< アイアンの”ライ角”調整。 | main | ハービー・ぺニックのゴルフ・レッスン >>

女性のための”美しいゴルフ”

第6章 美しいゴルフの振る舞い

平均点が高い「上品な攻め方」

女性ゴルファーといっても、個々の性格はさまざまです。

私の経験から「攻め方」の上手な人のタイプを2つあげるとすると、
「積極的な人」と「堅実的な人」に分かれます。

試合に限らず、コースの攻め方がうまいと、当然スコアはよくなります。

攻め方は技術や距離によって違ってきますが、いかなる状態になっても
「自分に思うようなボールが打てないから攻め方なんて考えても仕方がない」
といってがむしゃらに打つことはやめた方がいいと思います。

自分の力を自覚して、危険をさけ、次のショットの打ちやすいところを狙って
せめていこうと心がければ、全部がうまくいかなくとも、
かならずいくつかのスコアを縮めることができることは誰でもわかることですし、
それが女性らしい、上品な攻め方なのです。

「積極的な人」はイチかバチかの危険をおかしやすい傾向にあります。
反対に「堅実な人」は常に安全性を重んじて攻めていきます。

技術がプロ級になると、調子に乗ったときには積極性もある程度は大切ですが、
一般のアマチュアゴルファーは、積極的な攻撃が失敗の原因になることが多いのです。

逆に堅実型のゴルフは面白みは薄いかもしれません。
しかし、結果においては平均点が高いということを計算に入れておきましょう。

「堅実な人」は、例えばティショットを打つとき、
左側に障害物があって「危ない」と思ったら、絶対左へいかないスライスボールを打ち、
右側にOBがあれば、いくらか右からフックボールを打ちます。

両側が危険ならばティを低くし、トップ気味に低いボールを打つと安全ですし、
技術的にそこまでできない人は、危険なところまで届かないクラブに持ち換えることもします。

また、セカンドショットの狙いは、第1打より思慮深く行い、
グリーンを狙う時は、どの球筋で乗せていくかを考えます。
もし、第2打が距離的に届かないときは、3打目が自分の一番打ちやすいところを狙います。

力は関係なく技術だけでピンに寄せられるアプローチショットは女性の最大の武器である
と前述しましたが、ワンパットですませるために、アプローチはさらに思慮深く行ないます。

ボールのワンバウンドがどこに落ち、どこを転がっていけば目的のところにいくか、
よくイメージし計算すれば、ある程度は成功するでしょう。

コースの攻め方は、実際には、机上の計算と合わないことが多いものです。

正しい攻め方の判断力を育てることは、
技術を上達させることと一緒に学んでいかなくてはなりません。

しかしそこが、ゴルフのおもしろさのひとつであり
「楽しめる攻め方」のできるコースこそ、レイアウトがよくできたコースといえます。

まずは平均点の高い堅実な攻め方から考えましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まったく、その通りですね。

なので、特に言うことないのですが、
実際に、出来ても出来なくても、プランだけはしっかり立てて望むのが良さそうです。



スポンサーサイト

  • 2018.09.21 Friday
  • -
  • 12:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM