スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


秦野・湯花楽に、行ってきました。

久しぶりに温泉に行ってきました。

秦野の湯花楽です。

 

人工温泉とサウナが充実!!

秦野市渋沢にあるスーパー銭湯「湯花楽 秦野店」のご紹介です。
お風呂は広々していて、バラエティ豊富な浴槽が楽しめます。

露天風呂はすべて人工温泉となっており、全国の名湯を再現しています。
内湯には高濃度炭酸泉があり、泡付きも良くで気持ちいいです。

浸かっているだけで血行がよくなり、ポカポカしてきます。

2階が男女共用のサウナ施設になっており、

300円の追加料金で利用できます。

黄土サウナとアメジストサウナが利用でき、低温サウナなので、

体に不可をかけずにじっくりと質の良い汗をかくことができます。

専用の休憩スペースもあり、漫画や雑誌を読みながらくつろぐことも出来ます。

 

天然温泉ではないのがイマイチですが、

大好きな「炭酸泉」があって、とても温まります。

 

今回は、市民ディということで、湯河原(足柄下郡)でもOK。

500円と、割安になっていました。

食事もランチなら=そば+ミニステーキ丼(月曜日)で、

600円と、これも、お徳でした。

 

9時からやってますので、結構、ゆっくりできます。

 

近くには、じばさんず(地場産’S)があって(JA秦野)、

朝どれの野菜などが沢山あります。

温泉の前に、買い込みました(こちらも、9時から)。

 

 


「小田原市尊徳記念館」に、行ってきました。

キャンピングカーで行った「栃木の旅」で、

日光の「二宮尊徳記念館」に行ってきたので、

今度は、尊徳(金次郎)の生誕の地である

小田原の記念館に行ってみました。

 

小田原市尊徳記念館です。

 

相次ぐ天変地異や、

政治経済の変化によって多くの農村が荒廃していた江戸時代後期。

その時代を生きた二宮尊徳(金次郎)は、若き日の苦労を糧として、

数多くの村々の復興に取り組みました。

「尊徳仕法」と呼ばれる尊徳の復興策は大きな注目を浴び、

領主や幕府の政策にも取り入れられました。

 

尊徳記念館は、郷土の偉人である二宮尊徳を顕彰する施設として、

その生誕地に建設されました。

展示室では、ジオラマやアニメーションで尊徳の生涯を紹介するとともに、

功績を今に伝える遺品の数々を展示しています。

 

地元の小学生たちも、勉強の一部として来館するらしく、

説明が(ジオラマ等)やさしく、分かり易くなっていました。

 

実物大の彫像らしく、その大柄な体が印象的でした。

(館内での説明によると、身長=182cm、足は=28cmとか・・・)

 

当時としては”大男”ですね。

比較として、隣に立たせてもらいました。

(最初から、隣に立ってみるような工夫も有ったらよかったのに・・・)

 

それにしても、今では水が少なくなっている「酒匂川」が、

その当時、何度も氾濫を繰り返していたのは、意外でした。

 

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM