「ボヘミアンラプソディー」を、観てきた。

最近観た映画を紹介するコーナーです。

 

 

今回は、『ボヘミアンラプソディー』です。

 

世界待望!

伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの

華やかな成功と波乱万丈の人生を描く。

クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務め、

32もの不朽の名曲が主としてフレディの歌声で甦り、

心臓に鳥肌がたつほどの感動を呼び起こす。

 

もう皆さんご存知なので、今更、言うこともありません・・・。

 

「心臓に鳥肌が立つ」って、よくわかりませんが、

「背中がゾクゾクしてしまう」のは、実感できます。

 

”確かに”もう一度観てみたいような・・・・・。

 

 


「コードブルー」(劇場版)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

 

今回は、「コードブルー」(劇場版)です。

 

【STORY】
地下鉄トンネル崩落事故から3か月後、旅立ちの時が迫る藍沢たち。
その旅立ちが「別れ」を意味することに気づきながらも、

彼らは10年間を共にした互いへの思いを抱えたまま、日々を過ごしていた。
しかしそんな彼らの思いに構うことなく、出動要請が入る。
成田空港への航空機緊急着陸事故と、

東京湾・海ほたるへの巨大フェリー衝突事故という、

「空」と「海」を舞台にした未曽有の大事故が連続発生。
史上最悪の現場に、彼らはいかに立ち向かうのか。
そしてその先に、答えはあるのか―。

 

若い医師たちが頑張っている姿を見て感動しました。

こういう時代なんだな・・・と、

年寄りは難しいだろうな・・・と。

 

今はもう、病院で待っているだけじゃあ、

しょうがない部分もあるってことですね。

 

 


「僕のワンダフルライフ」

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、「僕のワンダフルライフ」です。

 

W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を、

『HACHI 約束の犬』などのラッセ・ハルストレム監督が映像化したドラマ。

少年に命を救われたゴールデンレトリバーが、

転生を繰り返しながら自分の使命に気付く物語が描かれる。

主人公の犬の声を『美女と野獣』などのジョシュ・ギャッドが担当し、

若き日の飼い主をK・J・アパが好演。

共演は、ブリット・ロバートソン、ジョン・オーティス、デニス・クエイドら。

 

やあ、犬好きには、たまらないですね。

「ペットというより家族」って、よく言いますが、

うちでも、そんな感じですね。

 

 


「たたら侍」(青柳 翔 他・・・)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、『たたら侍』です。

 

戦国時代末期、1,000年さびない鉄を生み出す

幻の村の存在が世間でささやかれていた。

出雲の山深い里に位置するたたら村では、

いにしえより“出鐵鋼”と称される、

価値ある鋼を作る熟練の技“たたら吹き”が代々受け継がれていた。

その村で、

たたら吹きを一手にまとめる村下(むらげ)の息子の伍介は、

父の技術を継承するはずだったが……。

 

 

戦国時代って、やっぱり、なんでも”あり”だったですね。

特に、悲しい出来事は、いくらでもあったのでしょう。

 

そんな中の、一つではあるんでしょうが・・・。

 

何時でも、どこにでも、自分の利益だけしか考えていない人がいて、

良かれと思って、ついて行ってしまう人がいて・・・。

 

最近よく思うんですが、

なんでこんなに、”悪い人”が多いのかなと・・・。

 

そうでないと生きられない世の中だとすると、

それは、世の中(政治?)が悪いのだとしか思えないですね。

 

 


「しゃぼん玉」(市原悦子他・・・)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、「しゃぼん玉」です。

 

親の愛情を知らずに育ち、女性や老人だけを狙った

通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人(林遣都)。
人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で

怪我をした老婆スマ(市原悦子)を 助けたことがきっかけで、
彼女の家に寝泊まりするようになった。

初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、
伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、
山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、

伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。
そして10年ぶりに村に帰ってきた美知(藤井美菜)との,

出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。
「今まで諦めていた人生をやり直したい」
――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。

 

まあ。普通の物語だったです。

ただ、宮崎県椎葉村の風景が素晴らしくて、感動しました。

 

 


映画「カメラを止めるな!」・・・観てきました。

最近見た「映画」を紹介するコーナーです。

 

今回は、『カメラを止めるな!』です。

 

今、メチャ評判の映画ですね。

興味ある人はいっぱいいると思いますが・・・。

 

生放送で、30分間の「ゾンビ映画」を撮ろうってことなんですけど・・・。

だから、「カメラを(30分間)止めるな!」ってことですね。

 

ネタバラシしてしまったら面白くないので、

是非、劇場でご覧ください。

 

ゾンビ映画なので、気の弱い人は・・・。

 

 


「百円の恋」(安藤サクラ他・・・)

最近見たDVDを紹介するコーナーです。

 

32歳の一子は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。

ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と

同居をはじめるが折り合いが悪くなり、

しょうがなく家を出て一人暮らしを始める。

夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、

そこは底辺の人間たちの巣窟だった。

心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、

帰り道にあるボクシングジムで、

一人でストイックに練習する中年ボクサー・狩野(新井浩文)を

覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。

ある夜、そのボクサー・祐二が百円ショップに客としてやってくる。

狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。

なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始める。
一方、祐二はボクサーとしての定年を前に最後の試合に臨み

惨敗を喫し自暴自棄になって家を出ていってしまう。

残された一子は、なぜか自らボクシングを始める。

痣だらけになりながらもそこに仄かな希望を見い出していく―。

 

安藤サクラがいいですね。

 

ボクシングの練習シーンも、

『ロッキー』を彷彿させるほどで、なかなか良かったです!!

 

 


「エリン・ブロコビッチ」(ジュリア・ロバーツ他・・・)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、『エリン・ブロコビッチ』です。

 

巨大企業を相手に、史上最大級の集団訴訟に勝利した実在の人物、

エリン・ブロコビッチの活躍を描いたヒューマン・ドラマ。

無職のシングルマザー・エリンは、

交通事故をきっかけに強引にポジションを得た弁護士事務所で、

恐ろしい環境汚染の実態を知る。

正義感と情熱だけを武器に、

勝ち目の無い訴訟に敢然と挑む主人公を演じるジュリア・ロバーツの存在感は圧倒的の一言。

ユーモラスな上司を演じるアルバート・フィニーも素晴らしい。

 

DVDを購入していて、何度か観直しています。

いいですね、こういうの・・・好きです。

 

 


「花のあと」(北川景子他・・・)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、藤沢周平原作、北川景子ら出演の『花のあと』です。

 

以登は、満開の桜の下で、羽賀道場の高弟・江口孫四郎に声をかけられる。

父・寺井甚左衛門に剣の手ほどきを受けた以登は、

羽賀道場の二番手、三番手を破るほどの剣豪であったが、

孫四郎とは未だ剣を交えたことはなかった。

孫四郎の人柄に触れた以登は、父に孫四郎との手合わせを懇願し、それが実現する。

以登は、孫四郎に竹刀を打ち込む中で胸を焦がしている自分がいることに気がつく。

それは紛れもなく初めての恋心であったが、

家が定めた許婚がいる以登は、孫四郎への想いを断ち切る。

ところが、奏者番の娘・加世に婿入りした孫四郎が、

加世の不倫相手である藤井勘解由の卑劣な罠にかかって自ら命を絶つ。

江戸から帰国した許婚・片桐才助の手を借りて事件の真相を知った以登は、

勘解由を詰問するため、密かに呼び出す。

居合いの遣い手である勘解由は、以登の口を封じようとするが、

以登は懐剣で返り討ちにする。

才助との祝言が済んだ翌年、以登は花見に赴く。

しかし、満開なのに花が終わった後のようなさびしさを感じ、

それ以来一度も花見に行くことはなかった。

 

 

藤沢周平っぽいといえば、そうですね。

映像もきれいに出来ていて、なかなか良かったです。

 

ちょっと、エンターテイメントに欠けるというか、

もっと、”なにか”があると良かったのですが・・・。

 

 


「精霊の守り人(4)」(綾瀬はるか他)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、「精霊の守り人(4)」です。

 

チャグムと精霊の卵を守り通したバルサ。それから4年。

チャグムは新ヨゴ国の皇太子となり、バルサは暗殺未遂のためお尋ね者に。

バルサは隣国のロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていた。

そんな中、バルサは一人の少女・アスラを人身売買から救う。

アスラは、とある事情からロタ王国の呪術師親子に命を狙われていた。

再び、バルサの死闘の旅が始まる。

一方、チャグムは南方の大国・タルシュ帝国が、

海の国・サンガル王国に侵攻するという状況を受け、

救援のために航海へ出るが…。

第7話と第8話を収録。

 

さすがというか、なんというか、NHK=ちゃんと作っていますね。

綾瀬はるかも、鍛えた身体で、いい感じです。

 

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM