「アクアマン」、4DXで観てきた!!

話題の映画「アクアマン」を、4DXで観てきました。

 

水しぶきや、匂いや、風やらと、いろんなものがありましたが、

無駄に揺れる(椅子がガタンガタンと揺れまくる!)のが、ちょっと・・・。

(この場面で、ここまで揺らさなくっても・・・って感じです)

 

3Dはともかく、4DXまでは、必要ないかな・・・とか。

 

 


「麦子さんと」(堀北真希他)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、「麦子さんと」です。

 

麦子さんとの紹介:

麦子はアニメ声優になるのが夢で、

学校に行くためにアニメショップでアルバイトをしていた。

ある日、兄妹の前に母が突然やってきて、一緒に暮らすことに。

受け入れられない麦子が投げつけた言葉を最後に、母は帰らぬ人となる。

納骨のために故郷を尋ねると、母がアイドルを目指していたことを知る。

故郷の人達から愛されていた母の事を知っていく麦子。

母と出会い、故郷を訪ねて、麦子が変わっていく姿を描いた作品。

 

なんか、”普通”でした。

主演の堀北真希を可愛く見せるための・・・って感じですか。

 

 


「南極料理人」(堺 雅人他)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、『南極料理人』です。

 

堺雅人が南極で料理人に!
氷点下54℃、家族が待つ日本までの距離14,000km 究極の単身赴任!
おいしいごはん、できました。
西村(堺雅人)は、ドームふじ基地へ南極観測隊の料理人としてやってきた。
限られた生活の中で、食事は別格の楽しみ。
手間ひまかけて作った料理を食べて、みんなの顔がほころぶのを見る瞬間はたまらない。
しかし、日本には妻と8歳の娘と生まれたばかりの息子が待っている。
これから約1年半、14,000km彼方の家族を思う日々がはじまる・・・・・・。

 

別に、”どうってことない”ような映画ですが、

なんか、すっごく楽しく面白く観れました。

 

最近テレビドラマで”面白”を頭につけた番組が始まりましたが、

なぜか?全然、面白くないのはなぜでしょう???

 

 


テレビドラマ「下町ロケット」

最近観たテレビドラマを紹介するコーナーです。

 

越年してようやく終了しました。

「下町ロケット・ヤタガラス」は、またまた、面白かったですね。

 

こういう、分かり易いドラマが、やっぱ、好きですね。

続きは、ないですかね、期待しています。

 

 


「青天の霹靂」(大泉 洋・劇団ひとり他)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、「青天の霹靂」です。

 

作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、

自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。

40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、

同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、

自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る。

『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋が不思議な体験をする主人公を快演し、

その両親にふんする劇団ひとり、『GO』などの柴咲コウが物語を盛り上げる。

涙と笑いに満ちた物語に加え、

4か月の練習を経て臨んだ大泉洋のマジックシーンにも目を見張る。

 

とても面白かったですが、

こんな感じの”笑い”は、イマイチ自分に嵌っていないなと思っています。

 

もっともっと”分かり易い”ほうが、いいかな・・・とか。

 

 


「ペコロスの母に会いに行く」(岩松 了・赤木春恵他)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、「ペコロスの母に会いに行く」です。

 

長崎で生まれ育った団塊世代のサラリーマン・ゆういちは、

小さな玉ねぎ「ペコロス」のようなハゲ頭を光らせながら、

漫画を描いたり、音楽活動をしている。

男やもめのゆういちは、

夫の死を契機に認知症を発症しはじめた母・みつえの面倒を見ていたが、

やがて、症状が進行し迷子になったり、

汚れたままの下着をタンスにしまったりするようになった彼女を、

断腸の思いで介護施設に預けることになる。

苦労した少女時代や、幼なじみとの別れ、

神経症だった亡父との生活といった過去へと意識がさかのぼることの増えたみつえ。

その姿を見守る日々の中で、ゆういちの胸には、ある思いが去来する・・・。

 

”普通の”認知症の話ですね。

なんて書くと、怒られてしまいそうですが・・・。

 

しかしこれは、ほとんど、どんな人にも訪れることで、

それに対して、あまり過剰に反応しないほうが良さそうです。

 

老々介護や、一人で面倒を見る、なんて、無理です。

そのことを前提にして、考えていかないと共倒れしてしまいますね。

 

 


「チア・ダン」(広瀬すず他)

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

今回は、映画「チア☆ダン」です。

 

テレビのドラマでもやりましたので、知っていますよね。

それの劇場版というか、こちらが、本家です。

 

福井の女子高生が、チアダンスで全米


テレビドラマ「大恋愛」

最近観たテレビドラマを紹介するコーナーです。

 

若年性アルツハイマーをテーマにしたドラマでした。

恋愛の良さと共に、”忘れてしまう”ことを考えさせられました。

 

最近、物忘れが多くなってきた自分を心配していますが、

これは歳のせいなので仕方ないのだろうと思っています。

 

それが、若いうちから始まってしまうのは、

やっぱり”残酷”と言うしかないですね。

 

ドラマの中でも、新しい薬が完成したようですが、

治るような時代が来ることを祈っています。

 

 


僕とシッポと神楽坂

最近観たテレビドラマを紹介するコーナーです。

 

今回は、「僕とシッポと神楽坂」です。

”嵐”の相葉くんの主演で、若き獣医師の物語です。

 

恋物語も悪くなかったですが、

やっぱり動物たち(主に、犬や猫)の登場が楽しかったですね。

 

そして、そのシッポ(動物たち)の病気を治そうと、

懸命に奮闘する主人公。

 

続編も期待しています。

 

 


ジェラシック・パーク

最近観たDVDを紹介するコーナーです。

 

ちょっと古いですが『ジェラシック・パーク』です。

 

視聴者の感想です・・・。

今回DVDを改めて見直して恐竜のリアルさにまた驚きました。

皮膚感、筋肉の動き、足の運びなど、

CGとアニマトロニクスとは思えない映像で、十二分に楽しめました。
特にこの一作目は、

監督や製作メンバーの恐竜に対する深い愛情が、

見ている側にも伝わる映画だと思います。

発表当時は酷評もありましたが、でもいいんです、リアルな恐竜が動き回っていれば。
ブロントサウルス・トリケラトプス・ティラノサウルス(古い呼び方ですが)
恐竜好きな男の子たちは、大きくなっても、恐竜はもういないと知っていても、

この恐竜たちを見てどうしようもなくワクワクしてしまうのです。

 

恐竜たちは=良かったですが、

パークのスタッフに変な人(悪い奴)がいて、残念です。

(っていうか、だから、ストーリーになっているんですが・・・)

 

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM