悔しい、11位&13位(F1日本GP)。

F1日本GPは、昨日が決勝レースでした。

 

トロロッソ・ホンダは、

予選の好位置(6、7位)を活かせず、11位&13位でフィニッシュしました。

(ノーポイントってことですね)

 

最終的には、タイヤの管理が上手くいかなかったのと、

戦略的にタイヤ交換のタイミングが適切ではなかったということになります。

 

トロロッソというチームは、

レッドブルのジュニアチームであって、規模的にも小さいし、

多分、トップチームと比べるといろんなことが劣っていると思われます。

 

結局は、総合力が足りなかったということになりますね。

 

でもって、レッドブルはと言えば、

圧倒的なパワーを持つメルセデス2台の次のポジションの

3、4位をしっかりと確保していました(フェラーリよりも前)。

 

来年は、このレッドブルにもPUを供給することが決まっていますので、

HONDAとしても、レッドブルと共に、

チャンピオン争いに加われることと思われます。

 

また、トロロッソとしても、同じPUを共有することも含めて、

レッドブルの部品なども使用するようになるので、

強力な”車体”も、持つことになりそうです。

 

来年に楽しみを持ちながら、今年の残りの4戦を頑張って欲しいものです。

頑張れ、トロロッソ・ホンダ!!

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

 


トロロッソ・ホンダ、予選で、6位&7位をゲット!!!!!

F1日本GPは、昨日が、FP3&予選でした。

 

トロロッソ・ホンダは、

ブレンドン・ハートレーが=6位、

ピエール・ガスリーが=7位 と今期最高の結果でした。

 

小雨や強風の影響で、難しい予選となりましたが、

トロロッソとホンダの連携で、素晴らしい結果を出しました。

 

ガスリーの車はもう少し改善の余地があるようなので、

決勝レースが楽しみです。

 

スタートに気をつけて(ぶつからないように)、

だけどアグレッシブにポジションUPを目指して欲しいところです。

 

鈴鹿サーキットは追い抜きが難しいと言われているので、

スタートで頑張って、しっかりと走行して欲しいですね。

 

今年の最高位は4位でした。

それに近づけるよう、それよりも上位に行けるよう頑張って!!

(ってことは、表彰台なんですが・・・)

 

頑張れ、トロロッソ・ホンダ!!

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

 


鈴鹿サーキットに、行ってきます。

例年、F1日本GPの木曜日と金曜日に行っています。

 

木曜日は=ピット&コースウォークです。

ピットの様子&マシンを近くで見れます。

コースの中を歩いて”散歩”出来ます。

 

金曜日は=午前中・FP1(フリー走行1)、

     午後・FP2が予定されています。

 

今週末は、ずっと、曇り&雨の天気予報です。

 

木曜日はいいのですが、

金曜日はメインスタンドには入れませんので(金曜日券)、

雨が降ると辛いですね。

 

昨年は、金曜日が雨で、土・日曜日は雨が上がるということで、

金曜日のフリー走行では、ほとんどの車が走らず、

雨のコースを眺めて過ごしました=ガッカリでした。

 

さて今年はというと、週末通じて(土・日曜日も)曇り&雨。

こうなると、雨の中の走行も考えて、金曜日も走らざるを得ない。

曇り&雨のセッティングを煮詰めておかないとレースになりませんね。

 

ってことで、しっかり走ってくれることを期待して、

天候不順ですが、行ってみることにします。

 

雨に濡れて風邪をひかないように注意しなくっちゃ!!

 

頑張れ、トロロッソ・ホンダ!!

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

それはそうと、”スペック3”のPUは使うんですかね。

期待しています。

 

 


トロロッソ・ホンダ、ダメでしたね。

F1ロシアGPは、日曜日が決勝レースでした。

サーキットは、ソチ・オートドロームです。

 

トロロッソ・ホンダは、2台共に、序盤にリタイヤでした。

ブレーキの故障ということでした。

 

前日のFP3、予選共に何もなかったのに・・・。

そのまま、手つかずに保管されていたのに・・・。

 

何があったのでしょうか?

解明しておかないと、次は日本GPなんですから!!

 

金曜日に投入した”スペック3”のPUは、

予定通りにパワーアップされていたようです(土・日は使用せず)。

 

木曜日のピットロード・ウォークと、

金曜日のFP1&FP2を見に行く予定です。

 

雨が心配ですね。

去年は雨でえらい目に遭いましたから・・・。

 

 


トロロッソ・ホンダ、ダメでしたね。

F1シンガポールGPは、昨日、決勝レースでした。

トロロッソ・ホンダは、

ガスリー=13位、ハートレー=17位と、イマイチでした。

 

シンガポールのマリーナ・ベイ・サーキットは、

パワーの必要度が小さい、今のHONDA向きのコースだったのですが、

車体側のバランスがどうしても調整できなかったらしく、

ドライバーが納得できないままのレースだったようです。

 

期待していただけに、残念な結果でした。

次戦(ロシアGP)に期待します。

 

頑張れ、トロロッソ・ホンダ!!

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

 


イタリアGPは、残念な結果に・・・。

第14戦のF1イタリアGP(モンツァ)は、

昨日決勝が行われました。

 

トロロッソホンダは、

ガスリー=15位、ハートレー=リタイヤでした。

 

元々、パワーサーキットですので、非力なホンダのPUでは、

難しいレースになるのは分かっていましたが・・・。

 

予選では、頑張って9位に食い込んでいたので、

ちょっと期待し過ぎていたようです。

 

ただ内容としては、

ハートレーは、エリクソンにぶつけられて、1周でリタイヤ。

ガスリーは、アロンソ他との接触で車のバランスが壊れたことが原因。

 

普通に走れていれば・・・タラレバ、ですけど。

 

次回は、シンガポールGP。

トロロッソホンダとしては、相性が良さそうなので期待しましょう。

 

頑張れ、トロロッソホンダ!!

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

 


トロロッソホンダ、9位で、2ポイントゲット!!

先週の、F1ベルギーGPでは、

トロロッソホンダのピエール・ガスリーが、

9位・2ポイントゲットでした。

 

PUのパワーが必要と言われているスパ・フランコルシャンサーキットで、

非力と言われている、ホンダのPUが力を発揮して見せた。

 

サマーブレイク前のハンガリーGPから、

PU(ホンダ)と、車体(トロロッソ)のバランスが良くなってきた感じだ。

 

精密なF1カーの場合は、出力さえあればいいということではなく、

マシン全体のバランスが取れていないと、ちゃんと・速く走れない。

 

トロロッソホンダは、その勘所を理解したのかもしれない。

 

今週のイタリアGP(モンツァ)もパワーサーキットと言われている。

ちょっと楽しみが増えてきた感じがする。

 

頑張れ、トロロッソホンダ!!

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

 


ピエール・ガスリー、レッドブルへステップ・アップ!!

現在、ジュニアチームの「トロロッソホンダ」をドライブしている

ピエール・ガスリーは来年、レッドブルへステップ・アップすることが決まった。

 

ダニエル・リカルドが、ルノーへ移籍することになって、

空席になったレッドブルのドライバーにガスリーが指名された。

 

昨年の途中からトロロッソホンダで走っている彼は、

今年、フルタイムで走り続けている。

 

そして、それなりの結果を出して、今回の採用となった。

 

来年はレッドブルも、ホンダのPUを使用するとこが決まっていて、

引き続き応援していくのが、楽しみだ!!

 

フェルスタッペン(20歳)とガスリー(22歳)の若手コンビで、

多少、不安はあるものの、

ホンダとのタッグで、是非、チャンピオンになって欲しいですね。

 

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

 


6位入賞(トロロッソホンダ)!!

F1ハンガリーGPは、

昨日、ハンガロリンクサーキットで、決勝レースが行われました。

 

トロロッソホンダのピエール・ガスリーは、

3強(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)の

5台に続く、6位でフィニッシュしました。

 

バーレーンの4位、モナコの7位に続く、上位入賞でした。

うまくセッティング出来れば、”速いんだ”ということが証明されました。

 

2日間のテスト(31日、1日)をこなして、

F1サーカスは、サマーブレイクに入ります。

次戦は、8月26日のベルギーGPになります。

 

頑張れ、トロロッソホンダ!!

頑張れ、HONDA・F1!!!

 

 


やっと、1ポイントゲット!!

F1ドイツGPは、ホッケンハイムリンクで行われました。

ブレンドン・ハートレーが10位に入って、やっと1ポイントゲットでした。

 

 

GPはすでに11戦目(全21戦)に入っていて、

次回のハンガリーの後、サマーブレイクに入ります。

 

6戦目のモナコGP以降、ポイントが取れていなくて、

”なんか、もうちょっと噛みあえば”って感じのままに過ぎてしまいました。

 

このポイントが”きっかけ”になってくれるといいんですが・・・。

 

まだまだPU(パワーユニット)自体の出力は、

他のメーカーより劣っていることは確かなので、

全体のパッケージ(シャーシーも含めた)で勝負しなければならないのに、

それが、もうちょっとって感じです。

 

次回のハンガリーGPは、低速(PUの影響が少ない)コースなので、

チャンスはあると考えられます。

 

頑張れ、トロロッソ・ホンダ!!!

頑張れ、HONDA・F1!!

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM