遼くん、久しぶりの好発進!!

ウィンダム選手権は、初日、午後組のラウンドが続いています。

午前組の石川遼くんは、「−4」と久しぶりの好発進です。

 

 

公傷制度適用の試合もこの試合で終了。

なかなか結果が出ない試合が続いて、現在、ランキング=170位。

 

125位以内が来季のシードなので、

この試合で単独2位以上が必要になっています=優勝しかないってことですね。

 

今日の調子が4日間続けばいい結果がエアられるかもしれませんが、

ゴルフは、そんな簡単な物じゃあないですよね。

 

最後の最後は、プレイオフシリーズの「ウエブ・ドット・コム ファイナル」があります。

シードの届かなかった人たちと、Web.com Tourの上位者たちとの”入れ替え戦”です。

 

以前にも、遼くんは、この入れ替え戦で上位につけてシードを手にしたことがあります。

 

このウィンダムで優勝出来れば、それにこしたことはありませんが、

最悪、ファイナルでいい成績が収められるように、”調子を上げていく”ことが重要です。

 

気持ちを切らすことがないようにして、頑張って欲しいですね。

遼くん、頑張れ!!!

 

 


遼くん、また、予選落ちでした。

カナディアン・オープンは、予選ラウンドを終了しています。

石川遼くんは、また、予選落ちでした。

 

アンダーで回っていたので、そんなに悪くはなかったということですが、

カットラインに届かなかったということですね。

 

ラウンド後、「自信が持てないでいる」「自分が小さく思える」

みたいなことを言っていたようですが、それが違うと思うんですが・・・。

 

あれもこれもじゃなくて、”これだけは”というのを追えばいいんじゃないかと・・・。

私もそうですが、遼くんだったら「ドライバー」と「パット」ですね。

 

でも、「ゲームを作るドライバー」=「守りのクラブ」

というのを忘れない方がいいと思います。

 

ドライバーがハジケちゃうと、そのホールは極端に難しくなってしまいます。

「フェアウェイキープ」っていうと消極的に聞こえますが、そうじゃないですね。

=「そこからスタート」なんですから。

 

そして、”テキトウ”につないで、勝負はパットですね。

ここは、細心の注意を払いながらも大胆に(積極的に)行くしかないですね。

自分でも、もちろん、出来ていないことですが、いつも思ってはいます。

 

一度、100%のフェアウェイキープ率をやってみたらと思います。

当然、飛距離を抑えなくてはいけないですが・・・。

 

ゴルフが、違って見えると思います。

これは、私も、時々やります。

(2Wで、170〜180ヤードに打って行きます)

 

コーチをつけるなんて言う話も出たりしていますが、いろいろやってみればいいと思います。

まだまだ、ゴルフ人生は、長いですよ・・・・・。

 

遼くん、頑張れ!!!

 

 


今日から、カナディアン・オープンです。

石川遼くんの公傷制度での出場資格もあと2試合になりました。

今日から、カナディアン・オープンです。

 

ドライバーを、45.5→43.5インチに変更しましたが、

これで3試合目、そろそろ、自分の”モノ”にしてきているんじゃないかと思います。

 

最近私は、

「ゲームを作るのは=ドライバー」

「スコアを作るのは=パター」

と考えて、この2本のクラブを大事にしています。

 

ここのところの遼くんは、ドライバーでのミス(結果として)が多くて、

いきなりOBしたり、池にいれたりで、そもそも”ゲームになっていない”状態でした。

 

もともとパターは上手なので(アプローチも、そう)、

ちゃんとゲームさえできていれば・・・と思っていました。

 

まずはフェアウェイに置いて(置きに行っても悪くないと思っています)、

そこからですね・・・最後は、パット勝負なんですから・・・・・。

 

1日目=28日、2:55AM〜

2日目=28日、9:40PM〜

 

応援しています。

遼くん、頑張れ!!!

 

 


遼くん、また、予選落ちでしたが・・・、希望が・・・!!

ジョンディアクラシックは、もう、3日目ですが、

石川遼くんは、またまた、予選落ちで、2日目で姿を消しました。

初日に叩いてしまったので、2日目の「−1」じゃあ届かなかったのですね。

 

ただ、応援している私にしてみれば、”ちょっと希望が・・・”出てきました。

 

私が、ずっと言い続けてきたのが、ドライバーの”短尺化”でした。

今回から、45インチ→43.5インチに変更していました。

 

ジミー・ウォーカー=42インチ

ユタカ=43.5インチ

 

など、短いドライバーを使っている人がいますね。

彼らは、「フェアウェイキープ率を上げるため」と言っているようです。

 

遼くんの場合は、「スウィングの調整の意味でやっている」らしいのですが、

まあ、遼くんらしい”言い方”だと思います。

 

実際には、

平均飛距離が落ちて(275ヤード)、

フェアウェイキープ率が増えていた(57.1%)そうです。

 

ひどい時には、フェアウェイキープが20%台だったことも・・・ありましたね。

っていうか、OBだったり、池ポチャだったりで、ゲームがメチャクチャになっていました。

 

ここからですね。

まず、1打目をフェアウェイに打っておいて、そこから勝負ですね。

 

公傷制度の残りが3試合。

多分それでは無理なので、入れ替え戦の「ウェブ・ドット・コム」が勝負です。

 

それまでにドライバーを安定させておけば、

元々、ショートゲーム&パッティングは上手なので、イケますよ!!!

 

頑張れ、遼くん!!!

 

 


やっぱり、予選落ち・・・でしたね。

ザ・メモリアルトーナメントは、3日目に入っています。

石川遼くんは、やっぱり予選落ちでした。

 

見てないので、何ともですが・・・。

(池に入れて・・・とかは、効いていますが・・・)

 

10代のころの本があって、それが「頑固論」です。

 

「自分を信じ切っていて」「スタイル(攻めの)を変えない」

それが、石川遼を支えている・・・というものですね。

 

分からなくはないけれど・・・ですね。

もう、10代じゃないんだから・・・って感じは、あります。

 

人間のピークがどこにあるのか、よくは知りませんが、

一般的には、20歳くらいじゃないかと思います。

 

後は、落ちていくだけ・・・。

それを、経験などで補って、さらに、伸ばしていこうとするのが普通じゃないかと思います。

 

ってことは、日々変わっていく身体的な要素を埋めていくのは、

「頑張る」「もっと練習する」じゃないと思うのですが・・・・・。

 

頑張れ、遼くん!!!

 

 


遼くん、また、予選落ちっぽい!!

ザ・メモリアル・トーナメントは、2日目の途中です。

 

石川遼くんは、

昨日・午後組&今日・午前組で、すでにホールアウトしています。

 

「+4」で、暫定「80位タイ」。

いつものように、70位タイまでが予選通過なので、ダメそうですね。

 

見ていないので何とも・・ですが(録画はしてある)、

なにか、変えたのかしらん・・・・・。

 

何も変えてなく、「頑張る」「もっと練習する」じゃあ・・・。


一番分かり易いのは。”物理的”な何かを変えることだと思います。

道具を使うスポーツなので、そう、道具(クラブ、ボールなど)ですね。

 

なんども言っていますが、

「飛んで、曲がらない」のは、あくまでも”理想”で、普通=無い。

 

ドライバー=250ヤードしか飛ばない=だけど、曲がらない。

FW=200ヤードしか飛ばない=だけど、曲がらない。

 

であれば、450ヤード以内の「パー4」はいつでもパーオン出来ます。

(もちろん、650ヤード以内の「パー5」も・・・)

 

道具を変えて、意識を変えて・・・。

遼くん、頑張れ!!!

 

 


遼くん、またまたまた、予選落ちかな・・・。

AT&Tバイロン・ネルソン2017は、2日目途中です。

 

石川遼くんは、

初日(昨日)午後組、2日目(今日)午前組で、すでに終了しています。

 

現在、Total=「+4」で「102位」。

ほとんど予選落ち・確定って感じですね。

 

今日はまだですが、昨日のラウンドはテレビで見ていました。

いつものように「あれだけ曲げたら、大変だよな」って感じで見ていました。

 

いくらリカバリーやアプローチなどが上手とはいっても、

いつもラフからのショットばかりでは、フォローしきれなくなってしまうのは当然でしょう。

 

結果だけを見ると、昨日の11番での「+4」がそのまま効いてしまったということですが

(今日は=「−1」なので)、「そうじゃないでしょ」と思ってしまいます。

 

相変わらず、攻めの姿勢、バーディーをたくさん取るゴルフ。

何度も書いていますが、10代じゃないんだから・・・と・・・・・。

 

頑張って「パーを取り続けるゴルフ」っていうのも、悪くないと思います。

そのためには、まずは、ティーショット&ロングショットのフェアウェイキープでしょう。

 

「練習で・・・」じゃなくて「道具で・・・」対応していって欲しいですね。

頑張るんじゃなくて、「頑張らなくても、フェアウェイに行ってしまう」そういう道具で・・・。

 

「飛んで曲がらない」はあり得ないので「飛ばないけど絶対に曲がらないクラブ」。

メーカーなら、それなりのことはやってのけると思いますね。

 

とにかく、応援し続けるので、

遼くん、頑張れ!!!

 

 


また、予選落ち、でしたね!!

ウェルズ・ファーゴチャンピオンシップ2017は、

2日目が終わって3日目に入っています。

 

石川遼くんは、今週も予選落ちでした。

それも、ビリから数えて3人目。147位でしたね。

 

見ていないので分かりませんが、今回も”曲げまくって”沈没のようです。

 

当然、ティーショットの影響がパットにも出てくるのは当然で、

4パットや、なんと5パットも打っていたようです。

 

まあ、個人種目なので、何をやろうと”関係ない”と言えばそうですが、

一応、ファンとして応援している人もいるわけで、

そこは結果も(スコアも)期待しているわけで、

あんまり”いいかげん”は、やって欲しくないと思っています。

 

自分のゴルフ、ガンガン攻めるゴルフ・・・それ自体はいいのですが、

なんか方法が間違っているんじゃないかと思うわけですね。

 

これじゃあ、”アマチュアの飛ばし屋”と変わらなくなってしまいます。

「あの時の一発が快感だったなあ」と、

それだけを楽しみにするのはアマチュアだけでいいですね。

 

とりあえず、素人の私が提案するのは、何度も同じことですが、

ロングショットに対して(ドライバー&スプーン)、

”曲がらないクラブ”を使ってほしいってことです。

 

いくら強く打っても、250ヤードしか飛ばないドライバーとか。

(だけど、絶対に曲がらない)

いくら強く打っても、200ヤードしか飛ばないスプーンとか。

(だけで、絶対に曲がらない)

 

これだけで、450ヤード以内のミドルホール(パー4)は確実にオン出来ます。

これだけで、650ヤード以内のロングホール(パー5)は確実にオン出来ます。

 

それと、、マネジメントに関して考えてみると、

ここ数試合のコースは、すごく難しくて(風の影響もあってですが)、

「E」で行ければ、そこそこにいられる。

 

ちょっとラッキーがあれば、上位に行ける。

グッドラックがあれば、優勝も可能じゃないかと思うんですね。

 

もう10代じゃないんだから、25歳にもなったのだから、

何かを変えないと(それも物理的に・・・道具を使ってやるスポーツなのだから)・・・。

 

遼くん、頑張れ!! 応援しています。

 

 


ウェルズ・ファーゴ チャンピオンシップ2017 開幕です。

ウェルズ・ファーゴ チャンピオンシップ2017が開幕しました。

日本からは、石川遼くんが出場です。

 

初日の途中ですが、遼くんは午前組ですでに終了しています。

Today=「+4」でした。

 

このままだと、今週もまた”予選落ち”って感じですね。

フェアウェイキープは40%以下、パーオン率も低迷ってのが報道です。

 

難度も言っていますが、「もう、10代じゃないんだから・・・」です。

ガンガンイケたのは、10代まででしょう。

 

「とにかく飛ばして、グリーンに近づいて、バーディーを取るゴルフ」

それが信条らしいのですが、25歳にもなったら、ちょっと考えなくっちゃね。

 

「曲がってもいいから遠くへ・・・」というやり方で失敗しているわけなので、

「曲げなくて遠くへ行くように練習する」というのも、もう、無理っぽいと思います。

 

「ちょっと飛ばないけど、絶対に曲がらない」というふうに変貌すべきだと思います。

しっかり振りたいのでしょうから、そこは、道具立てで対応したらいいと思いますね。

 

以前話題に出したジミー・ウォーカーのドライバーは、

187cmの身長の彼が、42インチのドライバーを使って、優勝した。ということでした。

 

175cmくらいしかない遼くんだったら、40インチでもいいくらいですね。

メーカーに言えば、すぐにでも作ってくれると思います。

 

40インチのドライバー、38インチくらいのスプーンで、

ガンガン、いったらいいんじゃないかな。

 

もともと、小技は素晴らしいので、ガラリと変わっていくと思います。

もしかしたら、みんなが真似するかも・・・・・。

 

とにかく、応援しているので・・・・・。

遼くん、頑張れ!!!

 

 


遼くん、”やっぱり”ダメ、でした!!

バレロ・テキサスオープンは、終了しています。

石川遼くんは、最終日”大荒れ”で、Today=「+10」Total=「+10」でした。

 

見ていないので、分かりませんが、どうやら、曲げまくっていたようです。

でもって、いつものように、気持ちまでキレて・・・・・。

 

前にも書きましたが、10代なら気持ちも続くのでしょうが、

さすがに25歳ともなると、どこかで理性が出てしまうのではないでしょうか。

「なにやってるんだか」なんて、自分で思ったりすると、もう難しいですね。

 

もう、『転換期』ではないですかね。

早熟な彼だからこそ、早めの”転換”が必要じゃないかと思います。

 

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM