「89ビジョン」(木村和久)

(とにかく80台で回るゴルフ)

 

レッスン 7 素振りにこそ”ゴルフの真理”がある。

       知ってましたか? 〜(2)

 

師の理論でいえば、スウィングはドライバーもパターもすべて一緒。

 

アプローチなんてもちろん、実際30ヤード打つなら、同じように素振りするのは当たり前。

素振りなしでどうやって、距離感を出すんだと。

それはパターも同じ。

 

「パターは素振りがすべて」とまで言っていますから。

最初のころは、先生の前で、どれくらい打つかを、パターの素振りで表現させられます。

 

20メートルの下りなら、これくらいとね。

それを見て、いやそれじゃ弱いとか、指導してくれます。

 

とにかく1回、ボールがあるつもりで、真剣に”エアーパット”をするわけです。

それができれば、あとは入らなくてもいいんです。

 

コツとしては、テークバックの長さと、フォローの長さを同じにすること。

多くの人は、テークバックがデカくて、インパクトからしょんぼりです。

 

パットはあくまでスウィングの延長、そして素振りはスウィングの再現なのです。

 

個人的に素振りで助かっているのは、午後から。

腹がパンパンで、腰が回りませんから。

5〜6回素振りしただけで、だいぶ違いますよ。

 

朝、練習無しでラウンドするときも、

素振りだけで、十分いいボールを打てるところまで持っていけます。

 

私の場合、ストレッチはあまりしませんから、素振りがストレッチ代わりです。

 

まずはスローモーション風に大きく素振りをして、しっかり肩を入れる。

それからトップを気にした素振り、次にフォローを気にした素振りをゆっくりやり、

スウィングを作っていく。

 

だんだん可動域が広がってきたら、本当の素振りをする。

全部やっても20回くらいですか。

あんまりやると疲れますから。

 

そして最後はパット。

素振りしてから、8m〜16mくらいを打って、感じをつかむ。

終わったらまた素振りをして、スタートです。

 

どうですか、80台出そうでしょ。

”エアーゴルフ”で、いいイメージを作るのも大事なことですよね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私に場合は、

 

素振りをするのは、ショートアプローチとパットだけです。

半端な距離感を出すには、やっぱ、必要ですね。

 

他のショットは、基本=フルショットですから、素振りはしません。

振っているうちに”リキんで”きてしまうので、やらない方がいい。

素振りの感覚で=打ってしまう、方がいいですね。

 

ただ、体が硬い時や、お腹がパンパンの時には、

空振り(素振りじゃなくて)をやってみるのはいいかもしれません。

確かに、ストレッチ代わりになりそうです。

 

 


「89ビジョン」(木村和久)

(とにかく80台で回るゴルフ)

 

レッスン7 素振りにこそ”ゴルフの真理”がある。

      知ってましたか?

 

師のたまわく「素振りの再現がスウィングである」と。

師は当然、後藤先生ですが、

またしても出来の悪い弟子に、超簡単な命題を授けてくれました。

 

そりゃ元卓球部ですから、素振りは得意ですよ。

生涯補欠だったから、ボール打った記憶があんまりないですしね。

 

アマチュア的に考えると、素振りは練習場に行く予算がない、

あるいは時間がない人のための”エアーゴルフ”なわけでしょう。

 

そう解釈していたのですが、どうも後藤先生は、

まったく違う概念というか、

ゴルフの真理みたいなことまで、追究していたのです。

 

「素振りの再現が理想のフォーム」ですから、

素振りをまず理想形にしなければいけない。

 

いきなりやらされたのは、ドライバーのヘッドを持っての逆振り。

だまされたつもりでヘッドの根元の、細いところを持って振ったら、

これがすごい勢いで振れる。

 

「わかったか、これがタイガーのスウィングじゃ」って、

すごいんだか、すごくないんだか、よく分かりませんが。

 

要するに、ウッドを逆に持つと、すごいヘッドスピードが出るから、

そのイメージを大事にして、実際の素振りをしなさい、と。

 

ポイントは速さより、インパクトの瞬間に、ヘソがちゃんと正面を向いているか。

これはあくまでイメージですが、

インパクト時に腰が回転して、右腰がボールを向いていたら、スライスが出やすいと。

 

そんなことを注意して、素振りをやらされました。

練習場では必ず1回、完璧な素振りをして、それから打つ。

 

これはiPS細胞ぐらいすごい発明ですよ。ボール代を節約できますから。

そこかよ、突っ込むところは。

 

もちろん実際のラウンドでも、ちゃんとした素振りを1回。

実はこの癖をつけると、よく体が回るんです。

 

ワッグルの延長で、半分くらいの振りではダメ。

しっかり肩を入れて、トップで一瞬止まるぐらいの素振りをしないといけません。

寒い時期は特に、肩甲骨の可動域を広げる意味でも素振りはすごく大事なんです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

時々、家で、素振りをすることがあります。

3本のドライバーをそれぞれ10回ずつって感じです。

 

左の手のひらの角度を変えないように注意して、振っています。

ボールを打ってしまうと、どうしても、”飛び”が気になってしまいますから・・・。

 

そして、ほんとに時々、打ちっ放しに行って打ってみます。

ショートアプローチのクラブと、ドライバーで、

1カゴ(=50球=350円)を打つのに、1時間くらいかかってしまいます。

 

FW、UT、アイアンは、素振りもしなければ、打ちっ放しもしません。

”つなぎ”のクラブは、適当に打てばいい(つなげばいい)と思っているからです。

 

ゲームを作るのは=ドライバー

スコアを作るのは=パター(ショートアプローチも含む)

 

実際のラウンドでは、

ショートアプローチ&パットは、さすがに素振りしていますが、

他のクラブは、素振りせずに、いきなり打っていきます。

 

素振りすると、どんどん、”リキんで”きてしまうようです。

なので、「素振りをする感覚で、打ってしまう」ようにしています。

 

 


「89ビジョン」 木村和久

レッスン6 

 

グリップは短く握る。

80台で回りたい人は試してください。 〜(2)

 

タイガー・ウッズを引き合いに出します。

 

彼の全盛期のドライバーの長さは44インチ前後で、

そのほうが最大効果を発揮するというのです。

 

スウィングアークは長い方が飛ぶのは確かだ。

だが起点はどこだ?と。

先生は肩の付け根から、ヘッドまでがスウィングアークというのです。

 

アマチュアはクラブが長いと腕が縮こまってしまって、

結局スウィングアークが小さくなる。

 

その点、タイガーは手を効率よく使って、クラブと一体化しており、

短いクラブでも結局は大きいスウィングアークを得ることができる、と。

 

さらに多くのプロがグリップを短く持っているからテレビを見ろとも先生は言いました。

ポーラ・クリーマーのミニスカヒップは見ますが、グリップのケツなんて見たこともないのです。

 

ところが試合を見てびっくり仰天。

女子プロのほとんどが、ドライバーを短く持っていたのです。

 

ライや状況で違いますから、全てのラウンドではありませんが、

男子プロでも短く握る派が、案外多かったのです。

 

その後、私はドライバーをリシャフトした際、0.5インチ短くしてもらい、

タイガーの真似をし、さらに指1本分短く握って打つように心がけました。

 

そうやって打って3年くらい経ったでしょうか。

ようやく平均飛距離では、短く握ったほうが飛ぶんだと納得できたのです。

 

確かにたまたま出る”バカ当たり”なら、長く持ったほうが飛びます。

私が言いたいのは平均なんです。

 

ドライバーを長く握っているほうが、左右のブレが激しくなります。

だから安定度に欠けるのです。

 

結局どっちか選べとなると、迷わず短く握る派です。

スコアが100レベルの人なら、即効でハーフ1つや2つは縮まると思いますよ。

 

ぜひお試しを!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

よく分からないのですが、私の場合は、

「短く握る」じゃなくて「クラブを短くしている(切って)」んですが・・・。

 

 


89ビジョン (木村和久)

LESSON 6

 

グリップは短く握る。

80台で回りたい人は試してください。 〜(1)

 

巷で「89ビジョン」の支持者が増えている、と聞いて、感謝感激しております。

 

そのお礼と言ってはなんですが、

後藤修先生が私に授けた”究極奥義”を伝授したいと思います。

 

『北斗の拳』でたとえるなら、

すべての悲しみを背負って初めて習得できる「無想転生」とでも申しましょうか。

 

ゴルフなら「すべての大叩きを経験し、ニギリ額の多さにパターが動かなくなった者」

しか習得できない技ですか。

 

冗談はさておき、先生がある日「簡単ながら継続困難」なテクニックを教えるというので、

どんなもんだべ、と拝聴しておりました。

 

簡単で困難という禅問答みたいな技に興味津々です。

 

先生がポツリと言ったのは「グリップを指1本分短く持て」。

ただそれだけです。

 

それこそサルでもできる技というか、コツじゃん。

その時は、非常にがっくりしたのを覚えています。

 

言われたものはしゃんめい。

その日から全クラブのグリップを短く持って打ちました。

 

短く持つメリットはミート率の向上で、結果左右のブレが減り、芯を食ったいい球が出ると。

しかし飛距離は落ちる懸念もありました。

 

だいたいミート率ってなんです?

キン肉マンのミートくんと出会う確率ですか?

 

なわけないじゃん。

そもそもミート率の計測法も分かりませんからね。

 

そうこうしているうちに、掟を破ったのはショートアイアンでした。

9番アイアンを強めにと思ったときは、すでにグリップを一番ケツまで握っていました。

 

それでグリーンに乗ったもんだから、

アイアン部門はダムの決壊のように”グリップケツ握り”へ大反転。

 

それでもウッドは我慢して短く持っていましたが、ある日、コンペでドラコンホールに遭遇し、

すっかり短いグリップなんて忘れて、額に青筋立てて、マン振りだ〜。

 

しかも、たまたまドラコン取った日には、やっぱりグリップ長く持った方がいいじゃん、

となってしまいました。

 

ひと月もしないうちに、グリップは長めに逆戻り。

 

先生はそれを見て、苦笑いしながら

「分かった、アイアンはあきらめたから、せめてウッドは短く持ちなさい」と言って、

説明し出したのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

続く・・・。

 

 


89ビジョン (木村和久)

第1章 エクササイズ編

 

レッスン5 ”生涯マン振り禁止宣言”。アマチュアはこれですよ! 〜(3)

 

さあアイアンの実践です。

145ヤードのパー3.

 

私の場合、7番アイアンで約150ヤード飛びます。

8番で強くか、7番で軽くか、悩みどころですが、マン振り禁止派としては、

8番強めの選択肢はないです。

 

この「7軽」ショットが出来るとゴルフは楽しいです。

8軽も同じく楽勝、今度、

軽井沢に行ったら是非「9(旧)軽」も打ってみて下さいって、なんのことやら。

 

実際、若いから、刻んでばかりもいられないという方もいるでしょう。

だからドラコンホールの時だけ、マン振りしてもいいんです。

 

それでドラコン取れれば万々歳。

ドラコンのコツは、すでに誰かが250ヤード地点に旗を立てているって時は、

もうあきらめましょう。

狙うだけ意味ないです。チャンスは旗が立ってない時です。

 

でも究極の飛距離は、ドラコンと気づかずに打った95%ショットです。

芯を食っていたら結構飛びます。

 

極意は「飛ばすなら力むな」。

これを体現できるまで、ほんと10年くらいかかりましたかね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ですね。

「8番で強く」より「7番で軽く」。

 

頭に、しっかりと、入れておきます。

 

 


89ビジョン (木村和久)

(とにかく80台で回るゴルフ)

 

第1章 エクササイズ編

 

レッスン5 ”生涯マン振り禁止宣言”。アマチュアはこれですよ! 〜(2)

 

じゃあどういうショットをすればいいか。

あくまでイメージですが、パワー90や95のショットを心がけましょう。

 

自分で90のショットを打ったつもりという画像をスマホなどで撮ってみましょう。

それでも鬼の形相で、歯を食いしばり充分マン振りしているんですよ。

実際はそんなもんです。

 

過去に私も120くらいでマン振りをしていたのですが、

はたから見たら150くらいに見えたようで「大丈夫?血管切れてない」と、

真顔で心配されました。

 

だから、今は90くらいのつもりで打っています。

けれど周りの人がみたら110くらいで振ってるように見えるみたいです。

 

具体的に90とか95と言っても、ピンとこないので、そういうショットはどう覚えるか。

基本はハーフショット、スリークォーターショットの反復です。

 

私の場合PWのフルショットが105ヤード、スリークォーターショットは80ヤードでしょうか。

ハーフショットは時計の3時〜9時のスウィングで60ヤード、それを目安に何度も打ちます。

 

これらはラウンドで即実践できます。

PWで80ヤードなら、9番アイアンなら90ヤードとね。

 

スリークォーターは最初、慣れが必要です。

ポイントは肩をしっかり入れることです。

後はだら〜んと振り下ろすだけ。

ボールに合わせようとせず、振り切ることも大事です。

 

トップが深く入り過ぎたときは、フォローで調整しようとせずに、そこはあきらめて振り抜きましょう。

オーバーしても、大ミスするよりはましです。

 

スリークォーターを覚えたら、今度はやや強く打って、9割ショットに近づけましょう。

ウッドのハーフショットはまずないのでスリークォーター、

あるいは8割ショットから始めて9割、9割5分と高めていきましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私も、スリークォーターで打ちたいと思って練習していますが、

なかなか、思うようにはいきませんね。

 

そして、ドライバーで9割ショットを・・・・・。

 

 


89ビジョン (木村和久)

第1章 エクササイズ編

 

レッスン5 ”生涯マン振り禁止宣言”。アマチュアはこれですよ!

 

マン振りは元気があってよろしいですが、問題はクラブを振った後です。

皆さん、ちゃんと飛んでいますか。

 

うすうす感じていると思いますが、マン振りしても、バカ当たりは稀ですね。

それより、マン振り癖がつくと、

なんでもかんでも強く振ってしまい、スウィングの調整がしづらくなります。

 

そろそろどうです、血管ブチ切れて倒れる前に、マン振り引退してみてはいかがですか。

私は5年前に「生涯マン振り禁止」を宣言しています。

 

アベレージゴルファーにとって、マン振りは「百害あって一利あり」程度ですか。

100に1ですよ、すごく飛ぶのは。

 

なんでマン振りがいらないか。

 

まずアマチュアのマン振りの概念を数値化しますと、

フルショットを100とするなら、マン振りは110や120を指します。

 

アマチュアは打つ前から力が入って、腕がまったくしならない。

 

つまりテークバックから120の力が入っているんです。

だから120のパワーで本来のしなやかなスウィングを邪魔してしまうんです。

 

マン振りのナイスショットは極端に少なく、むしろ引っ掛けたり、

スライスしたり、天プラになったり、大ダフリする確率の方が高いです。

 

だからアベレージゴルファーのマン振りは必要ないんです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ですよね。

別に宣言しているわけでもありませんが「マン振り」はやってないつもりです・・・。

 

 


89ビジョン (木村和久)

第1章 エクササイズ編

 

レッスン4 練習場での超効果的練習は”ワンセット”理論です 〜(4)

 

では、このワンセット理論の練習は何回まで持つのでしょうか。

 

アマチュアの体力と集中力を考えれば最高で3回くらい、

すなわちヤンキースの田中将大投手と同様に100球が限度だと思います。

 

で、練習しない日は、むしろ家でゴルフ関連のことをやればいいんです。

イメージトレーニングで試合を見てもいいし、パターやリフティングもあり。

 

一番いいのは、ストレッチと素振りですけど。

 

ストレッチは肩がちゃんと入るか、トップが正確か、

というフォーム矯正に近いことを鏡を見ながらやればいい。

 

素振りは適度な重さのマスコットクラブで、軌道中心ですね。

私も家で気が向けば、20回ぐらい素振りします。

それを朝晩って感じですか。

 

家の練習は、常にゴルフに触れていたいという感覚の延長です。

おっと失礼、愛犬みたいな存在であり、すごく大事だと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ハービー・ぺニックの「レッド・ブック」でも、

マスコットクラブでの素振りが推奨されていましたので、注文しちゃいました。

 

頑張って(あまり頑張らなくって)やってみます!!

 

もちろん、「シニアもやるべき」だって書いてありましたよ。

 

 


89ビジョン (木村和久)

第1章 エクササイズ編

 

レッスン4 練習場での超効果的練習は”ワンセット”理論です 〜(3)

 

さて、ここからは、未だ「練習場シングル」に達していない方への

メッセージですが、やはりある時期、集中的に練習をすることが必要です。

 

昔は1日3回練習した日もありましたし、大叩きしてゴルフ場からの帰り、

泣きながら練習場で打っていました。

卓球の福原愛ちゃんですか・・・・・。

 

ただ過剰な練習は禁物です。

私の知り合いで、練習し過ぎて疲労骨折になったり、腰を痛めた人が結構います。

アマチュアは体がついて行かないので、沢山の練習は、マジやらないほうがいいです。

 

だから集中するといっても練習は1週間で2回まで。

そういう人はコースに週1行ってるはずですから、そこで練習すれば、週3回の練習になります。

 

過剰な練習が許されるのは、アプローチとパターだけ。

これなら毎日でも構いませんが。

 

なんでこういうことを言うかって、ショットの練習にはピークがあるからです。

 

10球くらい軽めに打って、そこからドライバーを振っていい感じだなと。

これが30球くらい打つと、1回目のピークが終わり、だんだん当たらなくなる。

そして休んで隣のヘボを見て、ああならないように自分を・・・。

 

ショット練習はこの繰り返しです。

 

ワンセット30〜40球と考え、2セット目に突入。

実はこの2セット目が、1回目の反省を踏まえて一番成長するタイミングです。

 

今度は「クラブを短めに」とか、「もっとボールをつかまえるように」とか、

創意工夫して打ちますから。

「あ〜、こういうことなのか!」と、翌日には否定される新発見も多々あるでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そうなんですよね。

たくさん打てばいいってもんでもないし、体力、持たないし・・・。

 

集中して、やらないとと、思っています。

 

 


89ビジョン (木村和久)

第1章 エクササイズ編

 

レッスン4 練習場での超効果的練習は”ワンセット”理論です 〜(2)

 

本当は向上心を持って、

ドライバーの飛距離アップや芯を食う打法にトライせねばならないし、

アイアンも精度を上げ、特にアプローチは何回打ってもちゃんと寄るのを、

しつこく100回くらい反復練習せにゃならないんです。

 

でもテーマは89ビジョンですから「練習場シングル」の境地に辿り着けば、

実はもういいんです。

 

これからはそのレベルが落ちないように維持し、その腕でゴルフ人生を楽しめばいい。

その結果が年間練習20回なのです。

 

ゴルフは腕前が数値化されますから「一定のレベルを保つのが難しい」スポーツですし、

腕が落ちると結果が如実に表れます。ここは注意しましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

これからは「そのレベルが落ちないよう」に維持する。

 

ってことで、私の場合も、時々練習場に行きますが、

全てのクラブで満遍なく打って、レベルの確認をするって感じでやっています。

 

ですが、今シーズン(4月から)は、「絶対にボギーオン」を目標にしているし、

そのために、常にグリーンを狙うショットは、

「70、80、90ヤードを残して狙っていく」ことにしているので、

逆に言えば、70、80、90をきっちりと打てるようにしておくための練習にしています。

 

なので、練習場には、「P/S」「PW」「9I」のクラブを持って行きます。

 

それと、次に大切なのが、”ロングショット”だと思っているので、

「1W」「2W」の2本を加えて、合計=5本のクラブを持って、練習場に行っています。

 

4月のシーズンインまでは、この調子でやっていこうと思っています。

そして、来るラウンドでは、きっちりと「ゲームプラン」に従ってやっていきます。

 

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM