そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

14 スコアメイクの必需品、転がしアプローチ

 

「サッ」とホウキで掃くように振る 〜(2)

 

番手選びも同様です。

 

基本の30ヤードアプローチではPW、もしくはSWを使用しますが、

転がしの場合は、パターからスプーンまで、選択肢は非常に多くなります。

 

普通は8番、9番アイアンあたりを使うことが多いのですが、

ライや状況によってはもっとロフトの立ったミドルアイアンが有効なこともあります。

 

普段の練習でものさしを作っておけば、後はそれの応用です。

 

ちなみに、転がしのアプローチをするとインパクトが強く入りすぎ、

いつもオーバーしてしまうという人もいますが、

そういう人には逆オーバーラッピンググリップがおすすめです。

 

左手の人差し指を右手の小指に重ねる、

あるいは左手の人差し指を伸ばして右の小指の上に添わせる。

 

このグリップならインパクトが強く入ってもヘッドが返りにくいため、

行き過ぎることがなくなります。

 

また、この逆オーバーラッピンググリップを覚えておくと、

カラーとラフの境目の段差の大きいところに

ボールが寄り掛かって止まってしまった時にも役に立ちます。

 

思い切ってボールを右に置いて、

フェースは閉じてラフの方から鋭角にヘッドを入れていくのです。

 

フェースを閉じて上から入れるから出玉が強くなりそうですが、

逆オーバーラッピングで握ることで、

インパクトが強く入っても転がり過ぎることはありません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

分かり易いですね。

 

何度もですが、私は、8番アイアン専門です。

 

 


そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

14 スコアメイクの必需品、転がしアプローチ 〜(2)

 

振り幅だけでは距離感を出すことが難しいと私は考えています。

 

転がしの場合は、まずイメージ。

プラス、インパクトの力加減が重要になってきます。

 

つまり、上げるショットの延長というよりは、

パターの延長線上に転がしのアプローチはあると思って下さい。

 

転がしのアプローチは、特にピンが奥でグリーン面を長く大きく使えるときに有効です。

もちろん全英オープンのような下が硬く手前からの攻めが必要な際にも威力を発揮します。

 

ピンがバンカーの上ぎりぎりのところに立っているとしたら、

ピンとバンカーの間のそれこそ畳一畳分のスペースにピンポイントで球を転がすしかありません。

 

その点、転がしはそれほどシビアにならなくてよい。

転がしがやさしいというのは、そこなのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

転がしアプローチは、「パターの延長線上」というのは納得できます。

 

特に私の場合は、球を直接、掬うように(ちょっと違うんですが)打って行くので、

それは、パターのイメージなのですから・・・。

 

 


そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

14 スコアメイクの必需品、転がしアプローチ 〜(1)

 

藍がアメリカに渡って成長したことの一つに、

アプローチの球筋が増えたという点が挙げられます。

 

アプローチの球筋が増えれば、どんな所からでも寄せられるようになります。

これは、世界のトップレベルでも、

一般のアマチュアゴルファーでもまったく同じことが言えます。

 

何度も繰り返してきたように、宮里流のゴルフではSWやPWを使って、

腰から腰の振り幅でボールを上げて止める30ヤードアプローチがすべての基本。

 

これは、スウィングの基本を体に覚え込ませるという目的もありますが、

難しい上げるアプローチを先にマスターさせる方が重要と考えたからです。

 

上げるのが出来れば、転がすのは簡単。

そして、転がしのアプローチはやはりミスも少ないですし、カップに入る確率も高い。

 

基本の30ヤードアプローチが習得出来たら、

次に身に着けるべきは転がしのアプローチがいいでしょう。

 

アプローチでは落としどころのイメージが重要であるというお話をしましたが、

転がしの場合は落としどころのイメージは必要ありません。

 

それよりボールからカップまで全体の距離のイメージを体にインプットし、

インパクトの力加減で転がしていく作業を行うことが必要になってくる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

やっぱり、転がしですね。

 

 


そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

13 「寄せられる構え」を身につける 

 

左足重心にして、ひざは曲げすぎない 〜(2)

 

もう一つ、アマチュアの方がグリーン周りでミスする原因としては、

ポスチャーというか、姿勢にも問題があると思います。

 

ピンまで20〜30ヤードと距離がない場合、

小さいショットをしようとして上体を低くして構えるというか、

ひざを前に曲げすぎている人が多く見受けられます。

 

そうすると、腕とクラブを足した長さにボールと距離がつり合わずに、

トップしたりザックリしたりといったミスが出やすくなります。

 

それならば、むしろシャフトの中間地点を持つくらい、短く握った方がいい。

そうすれば腕とクラブとボールの距離のつり合いがとれます。

 

短く持ってはみ出した部分は左腰のわきに余らせばよろしい。

なるべく上下動が起きないような構え方をアドレスの時点で固めて置くことが大切です。

 

アマチュアレベルでは、

なによりもまず確実にグリーンに乗せていくことを考えるのが第一。

 

そのためにはなるべくシンプルな打ち方を身に着けて

自信を持ってボールと向き合えるようにしておきたい。

 

そのために、まずは構え方をチェックしてみて下さい。

 

それが出来たうえで、いろいろな球筋の打ち分け方は、

次項で詳しくお話しするとしましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

うん、了解です。

 

 


そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

13「寄せられる構え」を身につける

 

左足重心にして、ひざは曲げすぎない 〜(1)

 

ここではもう一つ、

アプローチでミスが起こる基本的な原因を考えておきましょう。

 

20〜30ヤードのアプローチでミスが出る、その最大の原因はなんだと思いますか?

私は、構えた時の体重のかけ方にあると思います。

 

フルショットと違い、なるべく重心移動せずに打ちたいアプローチでは、

アドレスの時から左足重心にし、そのままバックスウィングに移りたい。

 

そうすれば、

インパクトでハンドファーストにボールをクリーンにとらえること出来ます。

 

両足均等に体重をかけた場合、フルショットならヘッドがスッと抜けてくれますが、

小さいショットだとどうしてもクラブが突っかかりやすくなります。

 

アプローチは左足重心で打つ。

これは大きなポイントです。

 

バックスウィングが大きく、インパクトでゆるんでミスする人も多くいますが、

これもある程度左足重心にすることで下半身が固定され、

とんでもなく大きなバックスウィングはとりにくくなるというメリットもあります。

 

もちろん、

打ちたい球筋によっては右足寄りに重心を移したり、左右均等に構えたりもします。

 

ただ、ザックリやトップを防ぐという意味では

左足重心に構えてウェートシフトなしで打つのが無難です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私の場合は、左右均等で、ボールだけを打って行きますが・・・。

 

 


そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

13 「寄せられる構え」を身につける

 

3日に1回は素振りしよう 〜(2)

 

少し私の話をさせていただくならば、実は、

いっときゴルフを教えるばかりでゴルフをする機会が極端に減ってしまった結果、

”チャックリ病”に襲われてしまったことがあるのです。

 

研修生たちとラウンドすると、飛距離は負けないのに、

グリーンを外した時にパーセーブできずに負けてしまう。

 

それもピンがすぐそこ、

10ヤードくらいの距離からチャックリが出てしまうから困ってしまう。

 

そこで一念発起して、

勤めている大北ゴルフ練習場から夜中の12時頃に帰ってきた後、

庭で午前3時までアプローチの練習をするようになりました。

 

「チャックリが直らない」と口でいくら言っても直りません。

直したいならボールを打たなければなりません。

 

ゴルフはすべてそうなのですが、自信を持つことが一番大事です。

アプローチを打つ場面になった時、

「またチャックリするのでは?」と思うだけでミスはでます。

 

だから練習で徹底的に自分自身に成功体験を植え付けることが大事。

それにはライの良いところから練習して、自信をつけることが何よりの薬になります。

 

自信があるとリズムよく打つことが出来るようになります。

 

アプローチが苦手な人は、早く片付けてしまおうとして、

バックスウィングもダウンスウィングも早くなる。

 

打ち急げばリズムも悪くなるし、タイミングも悪くなる。

 

スウィング軌道がまったく同じでも、

打ち急いだ時とゆったりと余裕を持って振った時では結果だって違うものです。

 

自信のなさはタイミングの悪さを生みますが、

自信さえあればタイミングも良くなります。

 

どんな小さなアプローチでも、フルショット同様にタメは必要です。

タメが作れれば、シャフトのしなりも生かしやすくなります。

 

ところが、タメを作るにはある程度ゆったりとした余裕のあるリズムが必要です。

打ち急ぐとタメが作れず、シャフトもしならず、チャックリが出やすい。

 

打ち急ぎをなくすためにも、精神的な余裕、つまり自信が必要になってきます。

そのためには、普段から地道に練習を重ねることが必要なのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「地道な練習」ですね。

 

短い時間ですが、毎日のように、

ショートアプローチとパターの練習のためにクラブを握っています。

 

「いつか、上手くなるかな」、なんて考えながら・・・・・。

 

 


そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

13「寄せられる構え」を身につける

 

3日に一度は素振りしよう 〜(1)

 

ただ、仕事が忙しいなどの事情で、週に1回しか練習場に行く時間が取れない場合は、

素振りだけでも構いません。

毎日でなくとも、3日に1回は素振りでスウィングの感覚を養いたいものです。

 

そうはいってもクラブを振り回す場所がない、

という方には座布団を1枚犠牲にしていただきたい。

 

座布団でもクッションでもいいのですが、それを二つ折りにして束ね、

その塊に向かってクラブを振り下ろし、インパクトの形を整える練習をしていただきたいのです。

叩いているうちに座布団は傷んでしまいますから、使い古しのものを使用すればいいでしょう。

 

このとき大事なのが、インパクトの正しい形を作るということ。

腰はやや開き、肩はスクエア。

 

つまり飛球線に対して平行が正しいが、

この形が出来ているかをしつこくチェックしてほしいのです。

これだけでも、インパクトの形とフィーリングを体に染み込ませることが可能です。

 

右ひじを体に引き付けるインパクトのフィーリングを体感してください。

鏡に自分のフォームを映してチェックする方法もお勧めです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

時々、素振りをします。

 

「狭目のスタンス」=体を回しやすくする。

「左手の平の角度を保つ」=スクエアにヒットする。

「右ひじを下げる」=右ひじを体に引き付ける。

 

が、チェックポイントです。

 

 


そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第3章 ショートゲームでスコアを作る

 

13 「寄せられる構え」を身につける 〜(1)

 

最後の章ではショートゲームについて詳細に語りたいと思います。

 

宮里流ゴルフの基本が「30ヤードアプローチ」であるように、

ショートゲームは宮里流ゴルフにとって、

いや、ゴルフというゲームにとって極めて重要なものです。

 

とくに、”月イチゴルファー”の方にお願いしたいのは、

練習場では5割以上をショートゲームの練習に費やしていただきたいということです。

 

ドライバーは、実は練習しなくてもそれほど結果への影響が少ない。

 

逆に、練習しないとてきめんに悪くなるのがショートゲームだからです。

プロでも何日かクラブを握らないとチャックリが出る、などということもありますからね。

 

パットを含めたゴルフの全ショットの65%が

100ヤード以内で費やされているといいましたが、

ということは練習でも少なくとも半分はショートゲームを鍛錬するべきなのです。

 

できれば5割。

それを基本の30ヤードアプローチに割きたいというのが私の考え方。

 

30ヤードだけでは面白くないというのであれば、

振り幅をもう少し広げて70〜80ヤードの距離を打つハーフスウィングをやる。

 

基本的にはピッチングウエッジ。

 

あるいはサンドウエッジを使い、飛ばしたいという気持ちは抑え、

インパクトでパンチを入れることなく素直に腰から腰まで振って30ヤードを打つ。

あるいは肩から肩で70〜80ヤードを打つ。

 

しつこいようですが、これらの練習はスウィングの根幹をなすものです。

 

小手先でクラブを振らず、下半身をきちんと使い、

ボールをクラブの芯でとらえる感覚を体に叩き込んでいただきたい。

 

理想の練習回数は週に3回。

週3回やれば、スウィングのフィーリングを毎回途切れることなく継続することが出来ます。

 

どんなスポーツでもそうらしいのですが、

脳が筋肉の動きを覚えていられるのは3日間だけなのだとか。

 

3日以上経つと以前覚えた感覚が薄れ、また新たにやり直さなければならなくなります。

ですから、上手くなりたければ週3回の練習がベストです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「ドライバーの練習は、しなくても・・・」という言葉がありましたが、

ゲームを作るのは=ドライバー、と思っています。

練習ではまず、ドライバーの練習を優先しています。

 

「ショートゲームの練習は、出来れば5割」とありましたが、これには賛成です。

っていうか、練習場には、ドライバーとショートゲームのクラブだけを持って行きます。

(FW、UT、ミドルアイアンは、全然練習していません)

 

週3回練習場っていうのは、出来ませんので、

家で、ドライバーの素振りと、

部屋の中でショートゲームの”真似事”(実際にボールを的に向かって・・・)をやっています。

 

でもまあ、最低限のことですね。

せめて”現状維持”をしていきたいと思っていますから・・・。

やらなかったら、もう、落ちるだけですから・・・・・。

 

 


そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第2章 「100ヤード以内」を制する

 

12 ラフ、フェアウェイバンカーから狙うには 〜(6)

 

また、アゴの高さという問題さえクリアできれば、

フェアウェイウッドを使うというのはかなりいい選択肢です。

 

藍も5番ウッドで打つことがありますが、上手に打ちます。

とくに雨の後砂が締まった状態の時にはフェアウェイウッドは効果的です。

 

アイアンはフェースも小さいし、

きっちりヘッドを入れていかなければならず、ダフリやすい。

 

その点フェアウェイウッドはソールが広いし、

横からボールを払うイメージが出しやすく、アイアンよりも安定感があります。

 

昔はウッドというとせいぜい5番までしかありませんでしたが、

今は7番、9番ウッドといったいいクラブがありますから、是非活用してみて下さい。

 

やや余談になりますが、昔、東京ゴルフ倶楽部で行われた日本オープンで優作が

ジャンボ尾崎さんと回る機会があり、プレーを拝見させてもらいました。

 

そのとき、ある右ドッグレッグのホールで、尾崎さんは明らかに

右コーナーのフェアウェイバンカーを狙ってショットを打っていました。

 

日本オープンのようなシビアなセッティングでは、

ラフよりもバンカーに入ってくれた方が、プロはずっとラクなのです。

 

アマチュアレベルであっても、フェアウェイバンカーは転がりの計算ができないラフと違い、

クリーンに打てさえすれば多少トップ気味でもしっかり止まる球筋になります。

 

だからこそ、苦手意識を持たず、

以上のような注意点を守りながら、果敢に攻めることをオススメします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

う〜ん。

言ってることは分かりますが・・・。

私には、出来そうもないですね・・・・・。

とりあえず「出すだけ」で、十分じゃないかと思います。

 

最近は、難しそうなライに来たら(2打目)、9番アイアンを手にします。

普通に打てれば=90ヤードはいけるし、ミスしても=70ヤードは・・・。

 

そすうると、400ヤードのパー4でも、

ティショットが180ヤード飛んだとして+70ヤード=250ヤード。

残り150ヤードなら(フェアウェイからなら)、グリーンに届きそうですね。

 

ティショットが、難しそうなライに行ったら、9番アイアンでフェアウェイに戻す。

これが、私の、最近の”トレンド”です。

 

 


そうか!「ゆっくり上げる」から、強いんだ。(宮里 優)

第2章 「100ヤード以内」を制する

 

12 ラフ、フェアウェイバンカーから狙うには 〜(5)

 

ガードバンカーと違い、砂に足を深くめり込ませる必要はありません。

トップ気味に打ちたいので、むしろ重心を高くして構えておきたい。

 

足の送りをスムーズに行って、クリーンにボールを打つためにも、

足元は安定させる程度で十分です。

 

力が入るとスウィングのテンポが速くなり、ダフリやすくなるので、

ここでもゆっくりしたテンポで打つことを忘れてはいけません。

 

それ以前の問題として、フェアウェイバンカーにつかまったら、

ラフの場合と同様、まずボールのライをしっかりと確認してください。

それから、アゴの高さやボールからアゴまでの距離も考えに入れなければなりません。

 

まずどうすればアゴをクリアできるかを考え、

そこから出せるだけの弾道の高さを確保できるクラブを選択することが先決。

 

何よりも出す。

それを最優先しなければならないのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「何よりも出す」ですね。

私の場合は、アイアンで=何よりも出す。です。

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM