グリーンから100ヤード(宮本留吉)

ウッドショットのコツ(1)

 

アドレスでウェートは右足に

 

ドライバーをはじめとするウッドクラブは、アイアンの打ち方と全然違う。

アイアンがダウンブローに打つのに対し、

ウッドはサイドブローからアップブロー気味になる。

 

従ってウッドの場合にサイドブローにするには

どんなことに注意したらよいかを掴めばよいわけだ。

 

いかにも当然のことを言っているようだが、

実際にはそれが分かっていてなかなかできないもの。

 

私はウッドでは、まずなんといってもアドレスでウェートをはっきり右足にかける。

ウェートを右足にかけやすくするために、

球に対しクラブヘッドは10cm離してアドレスする。

 

これをやると、自然に上体は右に傾き右肩も下がり、ウェートも右足にのってくる。

一般には球のすぐ横にクラブヘッドを置くが、

これだと左右五分五分か、時には左足の方にウェートがかかりやすい。

その結果ウッドをダウンブローに振り下ろしやすい。

 

アドレスでクラブヘッドを球から離して置けば、そこを軸としてスウィングが起こされるから、

ダウンスウィングでも、そこに戻ってきてサイドブローに打てるわけだ。

 

さらにスウィングしている最中は多少誰でも体がスウェー(移動)するから、
私の構え方がちょうどよくなる。

 

皆さんも一度これをやってみて下さい。

今までよりかなり鋭い球が出てきます。

フェアウェイのウッドでもこれを応用して下さい。

 

もしこの打ち方でダフったとしても、

ダウンブローに打った時と違い、思ったより球が飛んでいる。

 

ただ注意するのは、クラブヘッドを離してアドレスする場合、

やはりインパクトの感じをつかんでおいてアドレスしなければタイミングが狂いやすい。

 

なおアドレスで首を右にかしげてその姿勢を最後まで保つのもサイドブローに打つ一つのコツになる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

う〜ん。

なんか、しっくりこない気がしますが・・・。

 

とりあえず、練習場でやってみましょう。

 

 

 


「グリーンから100ヤード」(宮本留吉)

状況判断とクラブの選択 (3)

 

パターより、3番アイアンを

 

球がグリーンの端から1クラブくらいの所にあり、

ピンはグリーンの端から15ヤード奥といった場合は、

5番アイアンのランニングアプローチが適当。

 

このピンが20ヤード以上も離れていると、

3番アイアンの方がよく転がる。

 

よくパターでやる人がいるけれど、

それでもよいが”パターの応用範囲”で説明したように、

アプローチ式スウィング(バックスウィングで手首のコックを早くする)をすること。

 

と同時にパターだとスウィングが大きくなり、安定性が失われやすい。

やはり3番アイアンの方が小さいスウィングで正確に寄る。

 

バンカー越えのようなときは、9番アイアンによるピッチ・エンド・ランがよい。

グリーンエッジとピンが5ヤード以上あれば、ピッチショットをしなくても、

グリーンエッジに球を落としていく攻め方で十分やれる。

 

ここで大切なのは、どのくらいのスウィングをすれば、

キャリーがどれだけ出てどれだけ転がるかの計算を、日頃の練習によって掴んでおくことだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私の場合は、前回まで、PWとP/Sで、やっていたが、

次回からは、P/Sとパターの2本で、グリーン周りをやろうと思っている。

 

いろいろやってみたけれど、なかなか、上手くいかなくて、

結局、安全性と、自分を納得させる意味から(これが精一杯と・・・)、

「まずは乗せる」「そこから2パット」を一番に考えることにしました。

 

 


グリーンから100ヤード (宮本留吉)

状況判断とクラブの選択(2)

 

長い草の中では大きめに打つ

 

旗が手前の方にあって、

球がグリーンから10ヤードほど離れたラフに近い不揃いな芝の草の上にある。

 

こんな時はどうしたらよいか。

ふたつのやり方がある。

 

ひとつは球のライ(置かれている状態)が良ければ、

ピッチングウエッジかダイナマイトでピッチショットをする。

 

もうひとつはライが悪い時(凹地にもぐっている)で、

こんな場合は6、7、8番アイアンで打ち込みピッチ・エンド・ラン。

グリーンに直接キャリーで乗せるとオーバーするから、

ワンバウンドくらいでグリーンに乗せる。

 

ラフからのバンカー越えで、しかもピンが手前にある時。

距離は20ヤードくらい。

 

当然ピッチショットのケースだが、

ラフからだと、クラブヘッドが芝の抵抗を受けてスピンがかかりにくい。

 

極力芝の影響を防ぐには、ウエッジよりもダイナマイトのほうが良い。

ダイナマイトはクラブヘッドが思いから長い草でも比較的抵抗の感じが少ない。

 

また長い草の中からだと目的通りの距離が出ず、

ショートになることが多いから、大きめに打つ方が良い。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

うん、分かりました。

 

 


グリーンから100ヤード (宮本留吉)

状況判断とクラブの選択(1)

 

乗せてから、転がす・・・が原則

 

ランニングアプローチをするようなケースで、ピンはグリーンのかなり奥にあり、

球はグリーンエッジから1クラブから30ヤードくらい離れたところにある。

 

このとき注意することは、球の位置とフェアウェイの芝の長さで、

これによって使用クラブが違ってくる。

 

グリーンエッジの芝が短く刈ってあれば、

球がエッジから10ヤードぐらい離れていても

ロフトの少ないクラブ(3番とか5番)で転がしは効くが、

芝が伸びている時は、しばしばこれに食われて失敗する。

 

前に私は

”ランニングアプローチではキャリーでグリーンに乗せてから転がすのが原則”と語った。

 

これが一番安全な方法だが、時にはこれが出来ないこともある。

そういう時はフェアウェイに落として転がし上げる。

 

例えば、7番アイアンを使用するときのことを考えてみよう。

7番アイアンのランニングアプローチは大体キャリーとランが半分づつとみたらいいだろう。

 

クラブのロフトが少なくなるに従い、キャリーよりもランの方が多くなる。

 

従ってどのくらいの大きさのスウィングをすればどれだけキャリーがあって、

どれだけランがあるかを練習によって掴まなければならない。

 

スウィングについてはランニングアプローチの項で説明した通り、

スタンスは狭く、アドレスでウェートは左足一本にかかるような気持ち、

クラブは短く持ち、両手を体の中央より左に出し、

バックスウィングは距離に応じた大きさで、

インパクトは急激なダウンブローになり、フォロースルーは最小限に。

インパクトで左手が負けないで、飛球線に沿って出る。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「芝に食われてしまう」っていうのが、やっぱりイヤですね。

絶対に後悔してしまいます。

 

なので、まずは、グリーンに届くクラブを選択したいと思っています。

とりあえず、今は、9番アイアン、ピッチング、ピッチングサンドで練習しています。

 

 


グリーンから100ヤード (宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球・低い球

 

風 高い球は不利なことが多い

 

”必要以外は高い球を打たない”ということを再三述べてきたが、

これは皆さんが風の中でプレーしてみればすぐわかる。

 

例えばアゲンスト(向かい風)の時高い球を打てば戻ってくるし、

フォロー(追い風)でもスピンがかからず、

せっかくグリーンに乗りながら転がり落ちてしまう。

 

またクロスウインド(横風)でも高い球は、

グリーン周りが林に囲まれて狭いと流されて飛び込む。

 

いずれにしても高い球は風の中のプレーでは不利なことが多い。

 

そこで私が今までに説明した通り

ピッチ・エンド・ランをしっかり覚えておけば、どんなに便利なことか分かる。

アゲンストでピッチ・エンド・ランをやると、風のためピッチに近い止まる球になる。

 

よくグリーンの前にバンカーがあるというので、ピッチショットをしたら、

グリーンに届かず、バンカーに入ることがある。これなどは明らかに計算違いで、

ピッチ・エンド・ランの球がちょうどピッチになるわけだ。

 

またフォローの時、止まる球(ピッチ)を打ってもなかなか止まらないものだ。

高いピッチをやればなおさら。

 

なおティーショットの時と、アプローチの時では

風向きが違っていることがあるから注意しなければいけない。

 

そのほか向かい風では、仮に100ヤードの距離で

普通なら9番アイアンで打てるところでも8番か7番を使う方が賢明で、

その方がロフトが少なくなるから低い球も出やすい。

 

向かい風では思ったより風の影響があるもの。

もちろんその強弱は十分計算に入れること。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

風の影響は、本当に、困ったものですが、

だからと言って、打ち方を変えられるほどの技量ではないので、

いつもと同じように(クラブは変えて)打っていくしかなさそうです。

 

ただ今年は、3/4スウィングを目指しますので、

その点で少し、いい方向に向かう可能性は残っているかとは思っています。

 

 


グリーンから100ヤード (宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球 低い球

 

雨 グリップを濡らさない

 

雨とか風の時は一般的な傾向としてショットを急ぎやすい。

とくに雨だと濡れるのが気になっていつも集中がにぶる。

こんな時こそ慎重にプレーしなければよいスコアは出ない。

 

また雨だと芝が濡れて、クラブヘッドが芝に巻き付く心配がある。

ラフではなおさら。

 

一般に晴天の時より、インパクトにおけるヒッティングポイントが正確でないと、

ダフった時の差がかなり出てくる。

 

アプローチだと油断していると、思いがけないミスが待ち構えている。

晴天なら芝にある程度のすべりがあるけれど、雨だとからみつく。

 

なお、雨だと自分の計算したより球は転がらないことが多い。

 

それだけにピッチ・エンド・ランでもランニングでも、

いつもより一回り大きいスウィングの感じを出すか、

ランの少ないことを計算に入れて、一つ大きなクラブで打つとか、

状況に応じた判断をしなければならない。

 

さらに正確なショットをするのに大切なことは”グリップを濡らさない”ことだ。

上手な人ほどこれに注意をしている。

 

その方法としていくつか説明しよう。

 

グリップの軸になるのは左手だから、カサを右手で持ち、

左手はポケットに入れて歩くとか、いよいよ打つ時まで、なるべくクラブを持たない。

 

あるいはクラブをバッグから抜いても左手グリップをまず作っておいてから

キャディにカサを持たせ、濡れないようにして右手もしっかりグリップする。

さらにクラブを持って歩く時もグリップの方を上にして極力濡らすことを避ける。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

基本、雨の日にはラウンドしないようにしています。

 

ただ、雨上がりの次の日・・・なんかは、よくありますので、

それぞれの注意は、しっかり頭に入れておきます。

 

 


グリーンから100ヤード (宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球 低い球

 

低い球 (2)

 

基本のショットからサジ加減

 

私は低い球はランニングアプローチを応用して・・・と述べたが、

低い球はランの時と、ピッチ・エンド・ランの時の球とちょうど中間の高さだと

思ったらよいだろう。

 

だから考えようによってはピッチ・エンド・ランをもう少し極端にやる

(インパクトでロフトを殺す)か

ランニングを多少緩める(ランニングよりもロフトを生かす)かになるわけだ。

 

これはいずれも一つのショットを基本としてからの”サジ加減”だ。

 

たとえばランニングでは、アドレスでウェートをほとんど左足一本にかけるようにする。

しかも両手は左モモの方に出しておく。

そうすれば当然クラブのロフトは、そのクラブの本来のロフトよりずっと少なくなる。

 

これをもう少し加減したスウィングでやれば、

ランニングよりは高い球になり、しかもピッチ・エンド・ランよりは低い球になる。

 

ただここで大切なのは、

せっかくこれを理解してもダウンスウィングでアウトサイドインになったり、

インパクトから左手が負けて体の方に引っ張り込んだりしては、

目的通りのショットが出来ない。

 

全てのショットに共通した大切な原理は忘れないように。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あまり、応用編の理屈は考えないで、

雰囲気でやってしまった方がよいように思えるのですが・・・・・。

 

 


グリーンから100ヤード。(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球 低い球

 

低い球(1)

 

極端にロフトを殺す

 

高い球がクラブのロフトを十分に生かして打つのに対して、低い球はその反対になる。

これは当然のことで、一つのクラブで高低を打ち分けるには、

インパクトでクラブのロフトを多くするか少なくするかのどちらかだ。

 

そこで低い球を打つときは、ランニングアプローチを思い出していただきたい。

ランニングアプローチでは球が低く飛び出す。

この要領が低い球を打つときのコツにつながると思ったらよいだろう。

 

先に私は”高い球はピッチショットを応用する・・・”と述べたが、

それと同様”低い球はランニングアプローチを・・・”ということになる。

 

”三種類のアプローチ”の項で、ピッチ、ピッチ・エンド・ラン、

ランニングアプローチを詳述したが、

これらの基本的ショットをマスターすることがいかに大切か分かると思う。

 

ショットの基本的な理論が分かっていると、それを応用するとき、ごく簡単に理解できる。

 

ランニングアプローチでは、極端にクラブのロフトを殺すように最初からアドレスし、

フォロースルーもほとんど出さない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

理屈は、そこそこ、分かっているつもりなんですけど・・・。

 

 


グリーンから100ヤード(宮本留吉)

(シングルへの早道)

 

高い球 低い球

 

高い球(2)

 

両手をインパクトで止める

 

ここで注意しなければならないのは、

高い球を出そうとしてしゃくり上げるとかえってトップしたりダフリやすい。

普通にピッチと同じ打ち方でもかなり高い球は出る。

 

さらに詳述すると、

高い球を打つときはアドレスの体勢をそのままにして体をスウェーさせないことだ。

これは球に対する正確なヒッティングポイントを掴むためだ。

スウェーしないで、インパクトでは右足親指にウェートを置く感じにする。

そしてインパクトから後はクラブヘッドが両手より先に上がっていく。

しかもクラブヘッドは上がって行っても両手の位置はインパクトで止めるような感じを出す。

そうすれば当然ロフトが生きた打ち方になるわけだ。

 

ランニングアプローチはインパクトで両手の方が先に出ているが、

それとちょうど正反対の手首の動きになる。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

私の場合は、”普通のピッチ”の範囲でやることにします。

難しいのは、やめます。

 

 


禅ゴルフ(ジョセフ・ペアレント)

PART2 ”PAR"式戦略とは

 

張り過ぎず、緩め過ぎず

 

音楽を生業とする者が、

瞑想について教えを乞うため釈迦の許にやって来て、こう尋ねた。

 

「瞑想の練習をするとき、心はどのような状態に置くべきでしょうか。

一生懸命瞑想に集中して、心を厳しく抑制すべきなのでしょうか。

それとも、気楽に構えて、自由にしてやるべきでしょうか」

 

釈迦は、一つの質問をすることによって答えた。

「楽器を調律するとき、弦を張り過ぎたり緩め過ぎたりするだろうか」

 

男は答えた。

「弦は、強からず弱からず、ちょうどよい程度に張るようにします」

 

それを聞いて、釈迦はこう言った。

「瞑想するときは、心は楽器の弦を調節するのと同じ状態でやればいい。

つまり、張り過ぎず緩め過ぎず、適度の張りを持たせるのだ」

 

これは仏教でもっとも古くから伝えられている話の一つで、

釈迦が弟子の質問に答えて折に触れて語った、

瞑想の教えの集大成の中から引用したものである。

 

釈迦のこの教えは、ゴルフばかりでなく、人生の多くの側面を鋭く突く心理である。

 

たとえば、(拳が血を失って白くなるほど)強くグリップを握ると、

タッチが失われ、手首と手を十分にリリースできなくなる。

 

逆に、グリップが緩すぎると、

クラブが手の中でぐらつき、だらしないストロークになってしまう場合がある。

 

要するに、ナイスショットしようとムキになり過ぎて体の筋肉が硬直すると、

伸び伸びしたスウィングは出来なくなるし、

気楽に打とうとし過ぎると、ショットに集中できなくなるから、

スウィングが雑になってしまうということだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここまでは、分かりますね。

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM