「いつでも80台」の、ゴルフ術

先日のラウンドを、もう一度振り返ってみます。
今度は、数字を見ながらです。

ティーショット
ドライバーでのティーショットは、フェアウェイキープが=9/14(=64%)でした。
目標の70%には届きませんでしたが、まあまあ、というところです。
何よりも、OB=「0」はいいですね。

パット
パット数の合計は=「35」
これも、目標の「33」には届きませんが、まあ、許せる範囲と言えるでしょう。
(本当は、結構、反省している部分があります)

アプローチ+パット
これは、私の場合は、9番、PW、AW、CP+Pt の合計数です。
これが、今回のラウンドでは=「59」でした。
目標の「50」から大きく「9打」も余計に叩いてしまっています。

・・・・・・・・・・

アプローチを振り返ってみると、AWでのショットミスが多いのが分かります。
これは、「ショット自体のヘタさ」は、もちろんですが、
その前の遠くからのグリーンを狙ったショットに問題があります。

ラフからの、長めの距離を無理に狙って(グリーンを)いって、
ひどい状況の場所に入れてしまった。一旦、出すだけだった。

長めのクラブを持ちすぎて、グリーンを大きくオーバーさせて、それも木の後ろへ。
グリーンに戻ってくるまでに「3打」も掛ってしまった。

もう、お分かりですよね。
明らかに「コース・マネジメントのミス(というか、欠落)」です。

1つのミスを取り戻そうとした時に、どうしても、無理をしてしまう。
”もしかしたら”うまく行くかもしれないという「欲と願望」では、やはりダメです。

実際のラウンドでも、最初は慎重にいくのですが、
後半になって、目標へ届いていない時に、どうしても無理してしまいます。

今度、一度、「徹底的に我慢して」、最後まで「無理しないマネジメント」でやってみます。
どうなるでしょうね。面白がって、やってみます。

夫婦でゴルフ>「いつでも80台」のゴルフ術・コースマネジメント





「いつでも80台」の、ゴルフ術。

昨日に続いて、
「自分に合ったクラブ・ドライバー編」を追記しました。

夫婦でゴルフ>自分に合ったクラブを探そう・ドライバー編




「いつでも80台」のゴルフ術

まだ作成中ですが・・・・・。

第2章の、「自分に合ったクラブ」ということで、
ドライバーについて書き始めました。

夫婦でゴルフ>「いつでも80台」・第2章・ドライバー編




「いつでも80台」の、ゴルフ術

今日は、

「真っ直ぐ・遠くへ飛ばす、シンプル・スウィングの基本」
「シンプル・スウィングの重要ポイント」

を書いてみました。


夫婦でゴルフ>いつでも80台のゴルフ術>スウィングについて




「いつでも80台」の、ゴルフ術

先にブログで適当に書いて、あとでHPでまとめる。
という方針でしたが、今回は逆パターンでした。

今回は
「スウィング軌道」「ボールの飛びだし」「ボールの曲がり」
を考えてみました。

皆さん、承知しているはずなのに、
相変わらず、練習場で「頭をひねって、悩んでいる」ようですね。

夫婦でゴルフ>「いつでも80台」のゴルフ術・第3章




「いつでも80台」の、ゴルフ術

メンタルについて

あなたは、
「自身を持って」「自分を信じて」プレーできますか。

よくプロゴルファーたちが、
「今日は自分を信じて最後までプレーします」と言って、スタートしていきます。

さて、自分に置き換えてみましょう。

ただ「頑張るぞ!」とか言っても、そうはいかないし、とてもじゃないけど
「自信を持って、なんて、プレーできない」と考えてしまうのが普通でしょう。

やはり、何かの、裏付けがないと”そう思えること”は無理のようです。

昨年、私は、アベレージ=「100」のスコアを、
なんとか「93」まで持って行きたいと考えて、
頑張って”毎日”の素振りとパッティング練習を続けました。

すぐには、結果は出ませんでしたが、徐々によくなってきて、
時々は、「90」を切れるようになりました。

そういう時に、「90」を切ることに対して、
「こんなに練習しているんだから、当然とは言わないけど、不思議でもなんでもないんだ」
と感じている自分がいた、ことに気づきました。

そして、今、
「いつでも80台」を考えてみると、もう一歩すすんだ”何か”が必要に思えてきました。

そうやって考えていると、あることに気がつきました。
それは以前、何かの本で(もちろんゴルフ本ですが)読んだことのあることでした。

一度でも「90」を切ったことがあるなら、あなたは、「90」をきる実力がある。
ということでした。

「いやあ、たまたまですよ」と言うかも知れませんが、そうではありません。
もちろん”ラッキー”もあったかもしれませんが、
同じくらい”アンラッキー”もあったはずです。

そして、それは、こうも考えられます。
一度でも「パー」を取れたホールに対しては「パー」を取れる実力があるってことです。

あなたには、よく行くゴルフ場はありますか?
そこでのスコアカードはとってありますか?

一度、これを、やってみて下さい。
「ホーム・コース ホール・ベスト・スコア」のデータを取ってみましょう。

例えば、5回ラウンドしたのなら、1番ホールでの「ベスト・スコア」を取り出します。

「ダボ」、「ボギー」、「ボギー」、「トリプル」、「パー」、「ダボ」 
だったら、「パー」を抜き出します。あなたの実力は「パー」です。

これを18ホールにわたってやってみると、面白いことが分かります。
「100」を一度も切ったことのない人でも、本当の実力は「90」だったりします。

私のよく行くゴルフ場は「新・天城にっかつゴルフ倶楽部」です。
距離もそこそこあるし、造りも他と比べて遜色はないし、
まあ、普通以上のコースだと思っています。

今では、月に2〜3回のラウンドができていますが、
近いことや、安いこともあって、月に1度はここに行っています。

スコアカードは、以前からずっと保管してきているので、
ずっと、たどって、やってみました。

すると「あら不思議!」
なんと「アンダー」になってしまっています。

「ボギー」が1ホールあって、あと、ほとんどのホールでが「パー」を取っていて、
なんと「バーディー」が数ホールありました。

これは、結構、自身につながります。
「うまく、頑張って回れば、”パープレー”も夢じゃない」と思うことができます。

さて、あなたは、どうですか?
是非とも、やってみて下さい。

残念ながら、データ(スコアカード)を持っていない人は、
今からでも遅くはありませんので、是非、やってみて下さい。

月に、2回、ラウンドできるようでしたら、
1回は”いつものコース”に行って、データを積み重ねてみましょう。

きっと、面白いことが分かります。
きっと、自身につながります。
そして、「今日は、自分を信じて最後までプレーするよ」と言って下さい。

ホーム・コース ホール・ベスト・スコア




「いつでも80台」の、ゴルフ術

メンタルについて

「快適レベル」「安心できるレベル」って・・・・・。

「快感レベル」とか「安心できるレベル」とか、
いろんな人が、いろんなことを、メンタルの本に書いています。

例えば、いつも100で回っている人は、
100のスコアを記録することがもっとも快感であり心理的にも安定しているというのです。

スコアが良すぎると、『これは私にとって出来過ぎだ』と考え、
『出来過ぎのスコアは不快だ』と考えるようです。

え〜!そうかな・・・などと思ってしまいますが。
脳はあくまで平均スコアでプレーするためのプログラムを作成しているわけだそうです。

そこで、必要なのは、今後、
目標スコアを設定してそのスコアを強く自覚することです。

昨年の私は、今までの、平均スコア=「100」から、
なんとか「93」で回りたいと目標に定めました。

自分の快感レベルをなんとしても引き上げることが必要です。
それだけで自動的にプレーのプログラムが改良され、意外と簡単にスコアアップが実現出来ます。

「禅 ゴルフ」に「”自己サボタージュ”の克服法」というのがあります。
一度、読んでみて下さい。

次回は、
「自信を持つ」「自分を信じる」ということで、書いてみます。


「いつでも80台」の、ゴルフ術 メンタルについて




「いつでも80台」の、ゴルフ術

自分にあったクラブをさがそう

アイアン編

私の場合は、コンポーネントメーカーのジオテックゴルフで、
セミオーダーのクラブを作ってもらいました。

2011年秋・冬号のカタログで、推奨シャフト長さが、
4I=38.75インチだったので、5Iなら=38.25インチ。

私の適正シャフト長からは、+2インチ(=5.08cm)ということになります。
このころの平均身長を、メーカーは=175.08cmと見ていたのかな、と思われます。

SPアイアン

ヘッド=2000円(7番だけは=1800円)
シャフト=2700円
グリップ=380円
ソケット=サービス
組み立て工賃=1000円
送料=セットで500円でした。

1本だけの注文で、=6580円/1本 でした。
高いのか、安いのか、あなたの判断にお任せします。

あなたのアイアンヘッドは、元々、ポケ・キャビだったら、
シャフトを短くするだけで良いのかもしれません。

「おまかせ」にすると、切断工賃も取られると思いますので、
自分でカットして(カーボンなら簡単にカット出来ます)、
「グリップ交換」をお願いすればいいと思います。

とすると、グリップ=380円、
工賃=500円
送料=500円
合計=1380円で済みます。

もちろん、”バランス”は変わってしまいますが、
アイアンだったら、しょせんアマチュアレベルだったら、特に気にするほどではありません。

さあ、あなたは、どうしますか?

これを、”腕”でカバーするには、”すっごい”努力が必要なのですが・・・・・。
「お金で買えることは、買ったいた方が・・・・・」と思います。

夫婦でゴルフ>いつでも80台の、ゴルフ術・第2章




「いつでも80台」の、ゴルフ術

昨日に続いて、
「体格に合ったクラブ」のことです。

私の場合は、
5番アイアン=36.25インチ。
という数字がでましたが、あなたはどうでしたか?

まだ、やってみてない。・・・という人は、すぐにやってみて下さい。
スケール(巻き尺)が1個必要なだけですから。

「クラブをどうするか?」は別の問題として、
現状がどうなっているかを確認しておくのは悪くないと思います。

私の場合は、身長=170cm。
特別に手が長いとか、短いとかではないと思いますので、
標準より4.4cmも短いクラブが良いということなら、
この当時(もう10年以上前ですが)の平均身長(メーカーの考えている)は、
174.4cm≒175cmくらいを想定していたのではないかと思います。

では、現在はどうかと考えた時には、
今の若者たちの発育の良さを思えば、もっともっと高い身長を想定しているはずです。
ってことは、量産品のクラブの長さも、ずっと長くなっている。ことになりますね。

まあ、それはともかくとして、私の場合の、
計測の結果から、アイアンの「自分にあったシャフト長さ」を決定しました。

5番アイアン=36.26インチ
6番アイアン=35.75インチ
7番アイアン=35.25インチ
8番アイアン=34.75インチ
9番アイアン=34.25インチ
PW     =34.25インチ

番手ごとの差は、0.5インチとしました。

私の場合は、今まで使っていたのが、簡単なキャビティだったので、
この際、ちゃんとした「ポケット・キャビティ」にしたいと思ってもいたので、
頑張って”新調”しました。

あなたは、どうでしたか?
どうしましょうか?



「いつでも80台」の、ゴルフ術

体格・体力にあったクラブをみつける

あなたは、自分に合ったクラブを使っていますか?
体格に、体力に合った、クラブですか?

まずは「アイアン編」ということで考えてみましょう。
私が採用しているのは「オメーラ・レッスン」での、ハンク・ヘイニーの考え方です。

ここでは、クラブ選びの基準として、

.轡礇侫箸猟垢
▲薀こ
グリップのサイズ
ぅ轡礇侫箸旅電
ゥ疋薀ぅ弌爾離蹈侫

が、考えられるとしています。

最初に出てくるのが「シャフトの長さ」で、
「いつでも80台のゴルフ」を考える時には、これを満足することが、
最低条件であり、十分条件であると、私は思っています。

「体格に合ったシャフト長」を自分の自分の体格で見てみると、
拳から地面までの距離=68cm(26.8インチ)。
そして、この場合の、5番アイアンの長さ=36・25インチ(92.1cm)でした。

今まで使っていた、
普通に購入した「初心者〜中級者用」のアイアンセットの5番は=96.5cmでした。
なんと、4.4cmも長かったのです。

一般に市販されているクラブが、
どういう基準でシャフトの長さが決められているのかは分かりませんが、
まあ、平均身長を参考にしているだろうことは、想像できます。

そして、短くては仕方ないので、
ちょっと長めで作ってしまうだろうことも考えられますね。

さて、あなたのクラブはどうですか?
一度、この基準で見直してみて下さい。

私の場合は、1本づつですが、新しいクラブを作る(購入する)ことにしました。

「いつでも80台」の、ゴルフ術





calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM