「海泡」(樋口有介)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「樋口有介」の『海泡』です。

 

読者リーダーから

舞台は夏の小笠原。
東京から里帰りした主人公が中学時代の同級生に出会う話から始まって、
でも、事件は起きてしまう。
島ならではの複雑な人間関係と密室状態。
ラストの謎解きは。。。
樋口さんらしい、美少女が何人も出てくる一冊でした。
なかなか、面白かったですが・・・。
著者の作品って「美少女が何人も出てくる」んですかね。
知らなかった著者ですが、
だったら、もう少し読み込んでいこうと思います。

「ダニ取り掃除機」、やってみました。

「むぎ」が、夜、ベッドで痒がるので、

ダニ取り効果のある(という)掃除機をかけてみました。

 

 

ハウスダストを98%取れるということですが・・・。

 

また、ダニ由来のダストがあると、

緑に光っている部分が=黄→赤(濃さによって)変わります。

(実際にベッドの何か所かで、黄→赤でした)

 

本当に効くなら、”お安い御用”ですね。

 

効いたのか、たまたまなのか、

昨夜は、「むぎ」は、痒がりませんでした。

 

 


毎日、暑いですね・・・。

連日、暑い日が続いています。

32度とか、33度とか、以前にはなかった高温です。

 

やっぱり、地球がおかしくなっているんでしょう(温暖化)。

極端な話=地球は破滅に向かっている・・・ですか。

 

うちの犬たちもまいっています。

(犬の平均体温=37度〜39度とか・・・)

 

「もも」ちゃんは、ほとんど”行き倒れ”状態。

 

 

暑がりの「むぎ」は、一日中「ハアハア」言ってます。

 

 

マットやベッドではなくて、床に”じか寝”です。

あまり暑がるようだったら、水でかけてやろと思っていますが・・・。

 

 


「カレー」作ってみましたが・・・。

「カレー」作ってみましたが・・・。

 

 

昨夜の夕食は、

「豆腐とツナとレタスのサラダ」

「カレー」「納豆」でした。

 

奥さんが、ちょっと留守なので、

カレーを作ってみましたが・・・。

 

これじゃあ、「人参と芋のゴロゴロ煮(カレー味)」

って感じになってしまいました。

 

まあ”食べられました”から(おいしかったですよ)、

合格としておきましょう。

 

 


そろそろ、庭の手入れを・・・。

振り返ってみると、

今年の梅雨は、しっかりと雨が降り続いていたように思えます。

 

なので、面倒さもありましたが、

庭はジャングル状態になってしまいました。

 

 

ここのところ、夏の暑さになってきて、

湿気もそれほどでなくて、暑さを我慢すれば、それなりに過ごしやすい。

 

てことで、そろそろ庭の手入れもしなくっちゃと思っています。

 

多分、朝のまだそんなに暑くない時間に、

ちょっとづつだと思いますが、やろうと思っています。

 

まあ、”乞うご期待”ってところです。

 

 


DR.ストレッチに、行ってきました。

昨日は、茅ヶ崎の「Dr.ストレッチ」に行ってきました。

 

 

先週末に、腰を痛めて、「またヘルニアかな」とも思いましたが、

それほどの症状でもないので、ちょっと触ってもらいました。

 

押したり、引いたり、しながら伸ばしてもらっていましたが、

特に痛みを感じるところもなかったので、ちょっと、安心です。

 

現在60分でお願いしていますが全体をやってもらうには時間が足りないので、

キリのいいところから、90分に変更してもらうことにしました。

 

なんとか、身体だけでも、現状維持していきたいですね。

 

 


Dr.ストレッチに行ってきます。墓参り、行ってきました。

茅ヶ崎にある「Dr.ストレッチ」に行ってきます。

(湯河原・熱海・小田原にはないので・・・)

 

毎週・金曜日に行っていて、もう10回以上になります。

マッサージが苦手(っていうか、イマイチ分からない)で、

 

ここで初めてやってもらった時には、”感動もの”でした。

「限界寸前まで伸ばす!」って感じが、痛いですが、いいんですね。

 

先週末に、ちょっと腰を痛めたようで、痛みが残ってはいますが、

それなりに・・・他の部分を中心にやってもらおうと思っています。

 

本来、肩甲骨・股関節を動きやすくして、

ゴルフのパフォーマンスの”向上”を目指そうとしていましたが、

今はとにかく、現在の体の”現状維持”だけでも・・・と思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

墓参りに行ってきました。

清水の一乗寺、新東名を利用して=1.5時間ですね。

 

6時に出発して、10時前には帰ってきました。

 

 

 


お墓参りに行ってきます。

一乗寺は、清水市(今は、静岡市清水区)にあります。

 

朝早くは、雨が強かったので心配しましたが、

だいぶ落ち着いてきたので、予定通りに行ってきます。

 

新東名を利用すれば”楽”に行けるので、

雨の具合を見ながら、安全運転で行ってみようと思っています。

 

 


「淳子のてっぺん」(唯川 恵)

最近読んだ本を紹介するコーナーです。

 

今回は、「唯川 恵」の『淳子のてっぺん』です。

 

まずは、読書メーターから・・・。

登山家の田部井淳子さんをモデルにした小説。
山に対する情熱を持ち続け「女なんか」と言われながらも、挑み続けた淳子。
いや、本人には挑むなんて意識はなく、ただ山が好きで登っていたかっただけなのかもしれない。
苦しくても内輪揉めで悩んでいる時もただ登りたいその一心で前に進む強さに心を打たれた。
つい「でも」とできない理由を探してしまうけど、
やる前に諦めるなんて勿体ないことだと教えて貰った気がします。
彼女が登山に打ち込むことができたのは、ご主人の尽力も大きく、彼女には山頂とは別のてっぺんがあった。
熱い想いに感動した。
山岳小説は、なぜか好きで(自分自身はそれほど歩かないのですが・・・)、
結構読んでいたので、今回も、しっかりとのめり込めました。
そうですね、海外遠征となると、”山登り”の実力だけじゃなくて、
いろんなことが、試されることになるようです。
特に、人間関係ですかね。
そんなのが嫌で山に向かっている人には、難しい問題ですね。

「89ビジョン」(木村和久)

第3章 ショットテクニック編

 

Lesson 18 ドローボールを打ってみよう!

       ただし余裕があればですが・・・。 〜(4)

 

最後は、ややクローズドスタンスで、

しかもフックフェースのクラブでドローが打てるようになりました。

 

今でも10回打ったら、1〜2球はドローが出ます、

って確率の問題かよ〜。

 

そして散々ドローボールを教わってから、

ドローは難しい、だから実践はフェードでもいいって、ありゃありゃ。

 

そこからはパワーフェード。

 

自分では未だチンプンカンプンなんですが、

リー・トレビノが打っていた力強いフェード、あれを目指しなさいって。

 

個人的見解ですが、最近はフェードでもがんがん飛ぶプロが多いので、

飛距離アップのドローというより、戦略球筋としてのドローが求められているのではないか。

 

いずれにせよ、めったに使わないゴールドカードみたいなもので、

たまに打てて安心のドローボールじゃないでしょうかね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

まあ、こうすれば”ドローっぽい”球が打てますよ、

って感じを覚えておけばいいんじゃないかと思います。

 

実際には、怖くて打てませんね。

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM